東京大学の社員レビュー

10 件のレビューを表示
ワーク・ライフ・バランス
待遇/福利厚生
雇用保障 / 昇進
マネジメント
社風
最高レベルの教育研究
教員 (現在は退職) –  東京都 文京区2017年4月22日
日本の最高学府として、最高レベルの教育と研究を行っています。教育では担当教官自身の研究をはじめとして世界の最先端研究について高度かつ専門的な授業を行っています。また、日本を代表する各界の先生方によって、世界の学術雑誌に掲載される最高レベルの基礎研究が最先端機器を用いて行われています。大学院に進学した学生たちは先生から各自の研究テーマを与えられ、修士課程ならびに博士課程の教育の一環としてその研究を行うことができます。我々教師も常に先生間でお互いに教育と研究のディスカッションを行い、互いの専門分野の最新情報を交換をすることによって学術レベルを高め合うことができます。
このレビューは役に立ちましたか?はい 1いいえ 9報告する
ワーク・ライフ・バランス
待遇/福利厚生
雇用保障 / 昇進
マネジメント
社風
感じ悪
事務補佐 (現在は退職) –  弥生台2017年4月10日
朝鮮人と中国人ばっかり、国あたりで働いて戻ると事務補佐だけど天下り扱い、いちいち面接で嫌がらせ、最後はたらい回し大学事務ポイ捨て
長所
?
短所
?
このレビューは役に立ちましたか?はい 16いいえ 5報告する
ワーク・ライフ・バランス
待遇/福利厚生
雇用保障 / 昇進
マネジメント
社風
自分のペースで働くことはできる。
事務職員 (現在は退職) –  東京都文京区2017年2月20日
私の場合はパワハラ被害にあったので、教授や組織によると思う。比較的働きやすい組織もあればそうでもない組織もあるのでなんとも言えない。
このレビューは役に立ちましたか?はい 22いいえ 2報告する
ワーク・ライフ・バランス
待遇/福利厚生
雇用保障 / 昇進
マネジメント
社風
参考できる資料の利用が容易
特任研究員 (在職中) –  東京都 文京区2017年2月08日
全般的に満足している。
学内ネットワークから様々な資料の収集が可能
学生に指導法を学べる
新たな課題の企画が大変
このレビューは役に立ちましたか?はい 7いいえ 4報告する
ワーク・ライフ・バランス
待遇/福利厚生
雇用保障 / 昇進
マネジメント
社風
研究の仕事で一番楽しいこと
研究職 (在職中) –  東京都2016年8月01日
たくさんの才能あふれる人々と仕事し、問題を予測し、解決策を見つける。
たくさんの才能あふれる人々と仕事し、問題を予測し、解決策を見つける。
たくさんの才能あふれる人々と仕事し、問題を予測し、解決策を見つける。
このレビューは役に立ちましたか?はい 5いいえ 21報告する
ワーク・ライフ・バランス
待遇/福利厚生
雇用保障 / 昇進
マネジメント
社風
部署によってかなりの差があるか
事務補佐員 (現在は退職) –  本郷2016年7月08日
求人票に掲載されていたことと、かなり異なることを出勤日初日に要求されるが、ついた上司にもよると考えられる。たまたま運が悪いと、このようなことが起こる。事務補佐員といえばパートだが、かなりのスキルを要求され、おまけに1年更新、3年まで更新可能と、職業としてはまったく安定しないどころか保障もされない。
長所
アットホームかもしれない
短所
几帳面な人は頑張りすぎてしまう職場だが、身分の保障はない
このレビューは役に立ちましたか?はい 65いいえ 2報告する
ワーク・ライフ・バランス
待遇/福利厚生
雇用保障 / 昇進
マネジメント
社風
書類に記入する勤務時間等と実態が一致していない。
研究員 (在職中) –  JPC2015年11月13日
書類に記入する勤務時間等と実態が一致していない。
仕事が激務で、研究が満足にできない。
楽しいことは考えられない。
このレビューは役に立ちましたか?はい 44いいえ 6報告する
ワーク・ライフ・バランス
待遇/福利厚生
雇用保障 / 昇進
マネジメント
社風
研究のレベルは高いが学生がわがまま
助手、助教授、教授 (現在は退職) –  JPC2015年11月07日
研究のレベルは高く学生も優秀なので総じて高級である。しかし、派閥があったり、教官の仲が悪かったり、人間関係に問題はあった。学生もうぬぼれが強くわがままであった。総じて、人間関係に問題があるがレベルは高い。
長所
研究のレベルは高い
短所
人間関係に問題がある
このレビューは役に立ちましたか?はい 60いいえ 2報告する
ワーク・ライフ・バランス
待遇/福利厚生
雇用保障 / 昇進
マネジメント
社風
自分で一から考え,検討内容を吟味し,システムを構築してゆける所
学術支援専門職員 (現在は退職) –  東京都文京区2015年1月28日
研究のための実験装置を作るにあたり要素技術の検討,システムの設計,ファームウエアの開発,筐体設計,実験プランの立案等を行いました。
基本的に大学では業務をしておらず,協力していただいている企業で
場所を借り開発や実験を進めていました。
また,外注や協力していただいている企業との折衝等の為に外出する
ことも少なくなかったです。
長所
全てを自分で考え進めてゆけるところ
短所
アプリケーションの製品化を目指してはいるが,目算があまい
このレビューは役に立ちましたか?はい 29いいえ 9報告する

総合評価

3.7
10 件のレビューに基づく
星 5 つ
星 4 つ
星 3 つ
星 2 つ
星 1 つ

カテゴリー別評価

ワーク・ライフ・バランス
3.5
待遇/福利厚生
2.9
雇用保障 / 昇進
2.7
マネジメント
3.3
企業文化
3.6

勤務地別の東京大学のレビュー