株式会社ケアスイッチ

"我々の発信をサポートしてくれるIndeedは、「想い」が届けられる 求人サービスだと思います。"

山本 信一 氏, 代表取締役 介護福祉士・介護支援専門員・准看護師 株式会社ケアスイッチ
すべてのケーススタディを表示

Click here for English version video

背景

株式会社ケアスイッチは、群馬県、新潟県で住宅型有料老人ホームと訪問看護ステーションを運営しています。当施設では「ずっと長くその人らしさ」という一文を掲げ、利用者一人ひとりのライフスタイルを最大限に尊重しながら、日々充実した満足な生活が送れるようにトータルな支援を行っています。
「ご利用者様はもちろんですが、ご家族の方にも安心して頂けて、ケアスイッチに関わる全ての方が幸せになれるような施設作りを目指しています。」と、代表取締役 山本信一さんは話します。

当社が募集しているのは介護スタッフ。介護業界全体では深刻な人手不足の問題に直面していますが、当社は比較的離職率が低く、一定の人員が確保できている状態です。
しかし他の業種と異なり、24時間365日で入居者に寄り添い、緊急の事態にも的確に対応できる高いサービスを維持しなければならないため、家庭の事情などでスタッフが離職せざるえないケースでは欠員の補充が必要不可欠となります。しかも単なる人員の穴埋めではなく、当社の経営理念や考え方に共感し、目標に向かって一緒に働いてもらえるような人材を求めています。

 

アプローチ

「実は我々のサービスの内容について、世の中にきちんと伝わっていない、という危機感を持っています。」山本さんによると、従来の求人は主にハローワークや紙媒体などをメインで利用していましたが、給与などの条件や簡単な説明を列挙するだけで、当施設の取り組みや求めている人物像など、本当に伝えたい中身が求職者に十分届いていなかったそうです。「また、我々自身もそうした意識が足りなかった面があり、もっと自らで積極的に発信すべきだったと反省しています。」と、山本さんは振り返ります。

こうした課題のなか、IndeedのCMを観て導入を検討します。いまや幅広い人に認知されているメディアであり、他の広告媒体もIndeedを間接的に利用していることを知り、ならば自社で直接依頼してみようと導入に踏み切ります。特にIndeedでは、求人欄で情報を多く取り扱えるため、当社が求めていた発信に最適だと考え、Indeedの担当者のサポートのもと、当社の理念 や内容などを具体的にわかりやすく書き込むことにしました。

"我々の発信をサポートしてくれるIndeedは、「想い」が届けられる 求人サービスだと思います。"

山本 信一 氏, 代表取締役 介護福祉士・介護支援専門員・准看護師
株式会社ケアスイッチ

結果

「Indeedを利用して一番大きかったのは、やはり我々のサービスの内容を十分に理解してくれた上で応募してくれる方が多くなったことです。」と、山本さんは話します。かつては当社に関する理解不足などもあり、どうしてもミスマッチが生じていましたが、経営理念や働く環境について、応募者にきめ細かく伝えることが出来るようになったため、結果として同じような想いを持った良い人材が集まってくれたそうです。
また、当社としても若い人材を求めているので、手軽にスマホで検索できるIndeedの強みはとても効果的だと感じたそうです。

当社では昨年(2018年)5月、自社のサイトで採用ページを作成しましたが、こうしたオウンドメディアやSNSなどを最大限に利用して、今後はもっと前向きに情報を発信してゆきたいと考えています。「私自身、介護の現場を経験してきたので、決して単純作業ではない仕事の中身や想いについて伝えたいことがたくさんあります。」と、山本さん。「Indeedは、様々なメディアとリンクでき、我々の発信をサポートしてくれるため、これからもなくてはならない存在ですし、我々の想いが届けられる求人サービスだと思っています。」

PDFファイル