中途採用のコストを見直すポイント。採用1人あたり、いくらかかる?

できるだけ優秀な人材を確保しようと、企業が新卒学生や転職希望者を奪い合う「売り手市場」が続いています。即戦力となる人材を求めてもなかなか希望する人材が見つからない、運良く出会えても採用コストが以前よりかなり上がってしまった……といった悩みを持つ採用担当者や経営者もいるでしょう。
 
中小企業は、いったいどれほどのコストをかければ人材を確保できるのか。中途採用1人あたりの平均採用費はいくらなのか。転職・中途採用の現場で意識したい費用について考察してみましょう。

 
 

求人を掲載

お仕事をお探しの方は こちらから検索

採用コストとは

採用コストは、人材採用にかかる経費の総称です。大きく分けて「内部コスト」「外部コスト」の2つがあります。
 
 

◆内部コスト

人件費や交通費など、会社の内部に支払うコストのこと。
 
例)採用担当者の人件費、求人広告に関する打ち合わせ参加者の人件費、面接を受ける応募者の交通費
 
 

◆外部コスト

広告出稿費や採用ツールの制作費など、会社の外部に支払うコストのこと。
 
例)求人広告費、人材紹介手数料、自社の採用サイトの制作費
 
採用コストの総額は、内部コスト+外部コストで割り出すことができます。また採用コストの総額を採用人数で割ると、1人あたりの採用費を算出できます。
 
 

中途1人あたりの平均採用コストは?

『就職白書2019』(調査:就職みらい研究所)によると、2018年度の中途採用における1人あたりの平均採用コストは84.8万円。業種ごとに比較をすると、中途1人あたりの平均採用コストが最も高い業界は製造業の102.3万円、その後に建設業(97.8万円)、サービス・情報業(86.8万円)が続きます。
 
1人あたり数十万円から100万円以上もかかる採用コスト。中途採用のどのプロセスで、どのような採用コストがかかっているのでしょうか。

 
 

コストがかかる主な中途採用活動

 
中途採用で発生する、主な採用コストを4つ紹介します。
 

◆主な採用コスト4つ

 

1.求人サイトに広告出稿をする費用

広告出稿費、広告クリエイティブの制作費、求人広告に関する打ち合わせの人件費など
 

2.自社の採用サイトを制作する費用

サイト制作技術者の人件費、サイト制作の外注費、サイト制作に関する打ち合わせの人件費など
 

3.人材紹介会社を利用する費用

人材紹介手数料、窓口になる採用担当者の人件費、人材紹介に関する打ち合わせの人件費など
 

4.書類選考・面接を実施する費用

採用担当者の人件費、応募資料に目を通し、書類選考する人件費面接に参加する社員の人件費、応募者の交通費など
 
他にも、中途採用のアプローチの仕方によって、様々な採用コストがかかります。自社にどんなアクションが必要かを明確にし、どれくらいの内部コスト・外部コストをかけるべきか、採用活動を行う前にしっかりと決めておくことをおすすめします。
 
予算が決定したら、有効な使い方を模索しましょう。求人掲載先の選定や無償で利用できる求人サービスの活用など、ターゲットに合わせた施策を考えることで採用コストを無駄なく使うことができるでしょう。
 
 

採用コストと成果のバランスを考えて、中途採用に取り組もう

売り手市場で中途採用を成功させるのはなかなか難しいでしょう。しかし中途採用には、即戦力となる人材の確保やノウハウの蓄積、新たな人脈の獲得など、会社の成長につながる多くのメリットが挙げられます。採用コストの各項目をきちんとチェックし、成果とのバランスを考えながら、自社に合った中途の採用活動に取り組んでみてください。
 
 
 
参考文献:
リクルートキャリア 就職みらい研究所『就職白書2019―調査リリース―』:
https://data.recruitcareer.co.jp/wp-content/uploads/2019/02/hakusho2019_r.pdf
 

 
Indeedが人材募集をサポート スタートガイドのダウンロードはこちら 

準備はできましたか? 求人を掲載

*ここに掲載されている内容は、情報提供のみを目的としています。Indeed は就職斡旋業者でも法的アドバイスを提供する企業でもありません。Indeed は、求人内容に関する一切の責任を負わず、また、ここに掲載されている情報は求人広告のパフォーマンスを保証するものでもありません。