従業員エンゲージメントを高める方法

従業員エンゲージメントは組織の成功に不可欠です。会社や仕事に対する従業員エンゲージメントが高いと、彼らのパフォーマンスも向上します。従業員のパフォーマンスが向上すれば、企業はより早く目標を達成し、さらに高品質の製品とサービスを定常できるようになります。

 

従業員間のエンゲージメントを高めるには、まず人々の仕事に対する取り組み方に影響を与える要因を理解し、組織で改善の機会があるエリアを特定する必要があります。

 

ここからは、従業員エンゲージメントの定義と、組織内でエンゲージメントを高めるための情報やヒントをご紹介しますので、ぜひお役立てください。

 

 

求人を掲載

お仕事をお探しの方は こちらから検索

従業員エンゲージメントとは

 

従業員エンゲージメントとは、従業員が自分の働いている会社に対してどれだけ貢献したいと思っているか、自分の仕事にどれだけ情熱を傾けているか、そして、個人の目標が会社のミッションや目的とどれだけうまく合致しているかを測る概念です。

 

従業員エンゲージメントと従業員満足度を混同しないことが重要です。これらは似ているように聞こえますが、異なる2つの概念です。満足している従業員とは、仕事が好きで雇用主が自分のニーズを満たしていると感じる人のことです。一方でエンゲージしている従業員とは、仕事に専念し、会社に対して献身的で、常に高いレベルで働く人です。

 

エンゲージしている従業員は満足していると言えますが、満足している従業員が必ずしもエンゲージしているとは言えません。例えば、ある従業員は報酬と仕事内容に満足していたとしても、感情面では自分の仕事にそれほど思い入れがなかったり、会社への忠誠心も薄いかもしれません。

 

エンゲージメントの高い従業員の一般的な特徴をいくつか紹介して、この概念を簡単に整理してみます。

 

 

  • 自分の仕事を責任を持って受け入れ、最後までやり遂げる
  • 常に時間厳守で期限までに課題を完了するよう努める
  • 監督されていなくても質の高い仕事を完成させる
  • イノベーションに取り組み、組織のゴール達成のために貢献する
  • 自身の職務とそれが組織内でどのように機能するかを理解している
  • 専門能力の向上とスキルの構築に時間を割り当てる
  • チームや会社と感情的なつながりを感じる

 

従業員エンゲージメントが会社にもたらす利益

 

 

従業員エンゲージメントの改善は複雑なプロセスであり、時間やその他の貴重なリソースを多く費やす必要があります。しかし、多くの場合、その投資をはるかに上回る利点があります。

 

従業員エンゲージメントが向上することで生まれるメリットのほんの一部を以下で示します。

 

 

  • 生産性の向上
    仕事にエンゲージしている従業員は、その仕事をうまくこなし、最初から正しく成し遂げようと努力しています。仕事に集中しているのでミスも少なく、予定通りに仕事を完了する可能性が高くなります。
  • 従業員の離職率の減少
    仕事に思い入れを持っている従業員と比べて、エンゲージしていない従業員は転職の機会を探す可能性が高くなります。組織としては、従業員が自分はサポートされ感謝されていると感じられる職場環境を作り、コミュニケーションと透明性に注力することが、ロイヤリティ(忠誠心)を育てることに役立ちます。
  • 仕事の質の向上
    エンゲージしている従業員は自分の仕事に対して感情的なつながりを持っているので、多くの場合、自分たちが提供している製品やサービスに誇りを感じています。従業員が常にベストを尽くすことにコミットしていると、その仕事の質も向上します。
  • 欠勤率の低下
    従業員エンゲージメントが高いほど、燃え尽き症候群は少なくなり、仕事への関心が高まります。これは欠勤率の低下につながることがよく見受けられます。従業員が仕事に思い入れを持ち、燃え尽き症候群の心配がないとき、彼らはより健康で職場に行きたいと心から思うからです。
  • 収益性の向上
    従業員エンゲージメントが向上すれば、収益性も向上します。生産性の向上、離職率の低下、高い品質の仕事、欠勤の減少などはすべて健全な収益に貢献します。

ご覧いただいたように、従業員エンゲージメントの向上が組織に利益をもたらすのには多くの理由があるのです。

 

 

 

従業員エンゲージメントを高めるための9つのヒント

 

組織が従業員エンゲージメントの向上を最優先課題と決定したら、絶対に外せないステップがいくつかあります。職場環境を改善し、従業員と彼らの仕事に対する気持ちの繋がりを強めるためにできることがいくつかあります。

 

 

1. 従業員エンゲージメントを測定して、改善の機会のある領域を特定する

最初のステップは、従業員サーベイ(調査)を行って、基準を定義することです。従業員エンゲージメントを測るのには様々な方法があり、従業員サーベイを専門とする会社も多くあります。また、独自で匿名調査を準備し、いくつかの質問に基づいて、従業員に自分のエンゲージメントをランク付けするよう依頼することも可能です。回答を集計したら、どこに最も注力するべきなのかを特定できます。

 

以下は従業員エンゲージメント調査のサンプルです。

 

従業員エンゲージメント調査のサンプルを次に示します。

 

次の各項目をそれぞれ1〜5にランク付けしてください。1は「強く同意する」、5は「強く同意しない」です。

 

  1. この組織で働くことを誇りに思います。
  2. スキルを向上させ、専門職として成長する機会がたくさんあります。
  3. 毎日高いモチベーションがあり、ベストを尽くしたいと思っています。
  4. この組織のリーダーシップチームを信頼しています。
  5. 組織の価値が明確に伝えられています。
  6. 組織内の変更が明確に伝達されます。
  7. 私の努力と貢献が認められます。
  8. 組織は、健康的なワークライフバランスをサポートしています。
  9. 私の職場環境は快適で、仕事をするのに必要なものがすべて揃っています。
  10. 私の上司は彼らの役割に適格であり、必要なサポートを提供します。

 

2. 企業カルチャーの中の障害を特定する

従業員サーベイの結果を確認したら、組織内で最も改善が必要な領域を特定します。多くの領域には重複があることに注意してください。例えば、組織のコミュニケーションのスコアが低い場合、従業員がリーダーシップチームを信頼しているかどうかにも影響する可能性があります。従業員が直属の上司にサポートされていないと感じる場合、自分のベストを尽くそうというモチベーションも持てないかもしれません。多くの場合、エンゲージメントを最高のレベルまで上げるには、組織の複数の領域に対処する必要があります。

 

 

3. すべてのレベルでコミュニケーションを改善する

リーダーシップチームが組織全体で情報をどの程度うまく伝えているか、各マネージャーが自分のチームメンバーとどの程度明瞭にコミュニケーションを取っているかを見極めてください。リーダーがコミュニケーションに優れていると、従業員は自分が何を期待されているのかしっかり理解できる可能性が高くなります。リーダーは従業員同士がコミュニケーションを取るときのお手本にもなります。

 

 

4. 従業員にスキル構築とキャリア開発の機会を提供する

職務における成長は継続的なエンゲージメントに不可欠です。従業員に新しいスキルを身につけ、才能を高められるように時間や場所を提供することで、従業員は自分の能力に自信を持ち、彼らの仕事の質を向上させることができます。

 

 

5. 従業員表彰プログラムを開発する

従業員に適正な給与を支給することは、彼らの努力を評価する方法のひとつですが、多くの人は高いレベルの成果を達成した時にそれをみんなに認めてもらえることを望みます。従業員表彰プログラムを開発し、毎月もしくは四半期ごとに、トップパフォーマーを表彰することを検討してみてください。従業員の勤勉さを認めることで、他の従業員が自分ももっと努力しようという動機づけにもなります。

 

 

6. ワークライフバランスを改善する

仕事の後に従業員が十分に休む時間がないと、燃え尽き症候群や体調を崩すリスクが高くなり、仕事への関心やチームの生産性に影響を与える可能性があります。健康的なバランスを保つために、従業員には毎日適宜に休憩をとり、就業時間外は仕事から離れ、年間を通してきちんと休暇を予定して取るよう促します。

 

 

7. 会社の価値を明確に伝える

従業員が組織のミッションや信念に共感を持てるように、必ず会社の価値を定期的に伝えてください。自社の企業理念を職場内で掲示したり、印刷して各従業員に配布する企業もあります。このような情報を共有することで、従業員は方向性を理解し、意思決定の際に常に企業理念が頭の中にある状態になります。それは、組織の顔としての行動、あるいは顧客とのやり取りの際に役立ちます。

 

 

8. 機能的で快適な職場環境を提供する

従業員が自分の職場環境を気に入っていると、彼らは職場での時間を楽しみにします。職場には従業員が生産的で効率的に仕事ができるように、必要なツールやテクノロジー、利便性がすべて整っていることが大切です。

 

 

9. 管理職に適した人材を雇用または昇進

リーダーは従業員エンゲージメントについて最も大きな影響を与える可能性があります。この役割には最も適した人材を選択することが重要です。マネージャーは企業価値と従業員エンゲージメントの取り組みをしっかりと理解し、これらを日々サポートしていく必要があります。

 

従業員エンゲージメント戦略を成功させるには、関係者全員がコミットし、自分の役割を果たせるようにしなければなりません。マネージャーに対してだけでなく、すべての従業員を対象にプランを共有し、定期的にフィードバックを求めてください。時間をかけて会社と従業員のよいつながりを育てることで、エンゲージメントは高まり、より意欲と生産性のある職場環境を作り出すことができるでしょう。

 

 

準備はできましたか? 求人を掲載

*ここに掲載されている内容は、情報提供のみを目的としています。Indeed は就職斡旋業者でも法的アドバイスを提供する企業でもありません。Indeed は、求人内容に関する一切の責任を負わず、また、ここに掲載されている情報は求人広告のパフォーマンスを保証するものでもありません。