今押さえておきたい中途採用の手法はコレ!

中途採用は順調に進んでいますか?
 
採用手法は多種多様ですが、時代と共に有効な採用手法は変化しています。どれを選べばよいかわからない、という点でお悩みの採用担当者も多いようです。また、新しい手法を取り入れたものの、中途採用に関わる人や予算などのリソース不足で満足に運用できていないという声もあります。
 
そこで、中途採用市場の現状と主な採用手法、多くの採用担当者が抱えているお悩みをまとめました。

 
 

求人を掲載

お仕事をお探しの方は こちらから検索

中途採用市場が拡大している背景

まずは、中途採用市場が拡大した背景を見ていきましょう。
 
 

◆採用・転職活動のオンライン化

インターネットの普及にともない、紙媒体からネット媒体への情報源のシフトがさまざまなところで見られていますが、求職活動もそのひとつ。求人サイト、ビジネスSNSなどインターネットを介して求職活動が行われることが多くなっています。また、特定の業種や職種、年齢層、ハイクラス・エグゼクティブ、グローバル人材に特化した求人サイトも登場しています。いつでもどこからでも求人情報にアクセスできるようになり、インターネットを通じて応募できる企業が増えたことで、応募までのハードルが下がりました。

 
 

◆働き方が多様化している

育児や介護との両立、副業を解禁する企業の増加などの理由により、働き方が多様化しています。そのため、自身にあった働き方ができる場所を探す求職者が増え、採用市場の活性化を生んでいます。企業側も多様な働き方を認めるためにフレックスタイム制やテレワークを導入するなど、制度を変更する動きが見られます。
 
もちろん、中途採用市場の活性化は、上記二点のみによるものではなく、様々な要因が関係しています。それに呼応するかのように、新しい採用手法に注目が集まっています。

 
 

採用手法の多様化

採用市場の拡大に伴って、サービスも細分化・多様化しています。主な手法をご紹介します。
 
 

◆求人・転職サイト

企業が求人情報を掲載し、求職者が希望する求人に応募するサイトです。求人・転職サイトには大別すると「掲載課金型」と「成果報酬型」の2タイプがあります。「掲載課金型」は期間と掲載枠の大きさに応じて料金が媒体ごとに決まっていることが多く、採用が難しい職種などは追加料金が加算されるケースもあります。期間内であれば複数の応募を得られる可能性があるため、一度の掲載で複数名の応募を得られれば採用にかかるコストが抑えられる可能性が高まります。一方で「成果報酬型」は、掲載期間に関わらず、応募や採用決定時に報酬を支払うタイプになります。
 
 

◆人材紹介サービス

企業が求める人材を、人材紹介会社に委託して紹介してもらうサービスです。すでに人材紹介会社に登録されている人の中から紹介を受けるため、必要なスキルを持った人材が見つかればスピーディーに採用にいたることが可能です。
 
人材紹介サービスの多くは成功報酬の形態で、1人採用するごとに手数料が発生します。その費用は、採用した人材の想定年収の25〜30%(※1)程度が平均となっています。

 
 

◆オウンドメディアリクルーティング

自社の運営するメディア(採用サイト、SNSなど)において、自社の欲する人材に向けてメッセージを発進し、人材獲得につなげる能動的リクルーティング手法です。伝えるメッセージは企業としての価値観や魅力など求職者の共感を喚起する内容がよいでしょう。

 
 

◆リファラル採用

先述のような採用活動だけでなく、自社の社員を通じて、友人や知り合いをリクルーティングする方法を、リファラル採用と言います。求職者としても、自身がよく知る人からの誘いであり、実際に働いている人から実務の話を聞けるため、信頼感や安心感を抱きやすくなります。企業にとっても、自社をよく知る社員からの推薦で候補者と出会えるため、自社が欲しいと思っている人材に近い人物が来る可能性も高まると考えられます。

 
 

採用担当者によくあるお悩み

人材の獲得競争が激しくなり、中途採用の難易度が高まっている昨今、企業の採用担当者はどのような悩みに直面しているのでしょうか。
 
 

◆必要な人員数を獲得できていない

リクルートワークス研究所の調査(※2)によると、2018年度下半期の中途採用において、「必要な人数を確保できなかった」と回答した企業が49.9%となっています。また、2013年以降の同時期と比べて最も高く、人材確保が困難になっていることがうかがえます。
 
 

◆採用手法の増加で生まれる新たな課題

時代に合った採用手法を取り入れることは、採用の成功要因の一つです。しかし、新しい手段や方法を増やすと、今度は企業側の人員やリソース不足が発生することもあります。
 
 

Indeedをおすすめする3つの理由

上述のように、人材確保に関わる悩みごとは多々存在するでしょう。そんな中で解決のための1つの選択肢として、Indeed(インディード)を活用する、ということも検討してみてはいかがでしょうか?
 
以下がおすすめする理由です。

 

◆理由1 . 無料で求人情報を掲載ができる

Indeedでは、無料*で求人情報を掲載することができます。必要なことは「アカウント登録」と「求人情報の投稿」のみ。掲載料を一切かけずに求人情報をインターネット上に公開できます。投稿完了後、最長72時間以内に表示されるため、スピーディーに採用活動を開始できます。

 
 

◆理由2 . 企業ページを作成できる

求人情報を無料で掲載できることに加え、企業ページも無料で作成できます。企業情報や求める人材などの詳細、職場の雰囲気を写真や動画で伝えることができます。求職者に入社後に働くイメージをしてもらいやすくなるでしょう。

 
 

◆理由3 .多くの求職者に利用されている

できるだけ多くの求職者に自社の求人情報を見つけてもらうことは、採用成功を目指す企業の課題です。
 
この点、Indeedは日本国内だけで、月間2,800万の訪問数(※3) を誇り、多くの求職者に利用されています。テレビCMなどによる高い認知度や、あらゆるサイトをまたいで求人情報を一括検索できる効率性も、求職者を集めている要因となっています。

 
中途採用をうまく進めるには、「自社の状況」と「現在の採用市場」に合わせた採用手法を取り入れることが大切です。予算や人員に不安があれば、まずはIndeedの無料掲載を試してはいかがでしょうか?

 
 
 
(※1) 厚生労働省「民間人材ビジネス実態把握調査(職業紹介事業者)」平成28年3月31日より
https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11651500-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu-Minkanjinzaiservicesuishinshitsu/0000134924.pdf
 
(※2)リクルートワークス研究所「中途採用実態調査(2018年度実績、正規社員)」より
https://www.works-i.com/research/works-report/item/midcareer2019.pdf
 
(※3)SimilarWeb 総訪問数 2019年9月
*利用規約、弊社が定める掲載基準、及び使用制限が適用されます。

https://jp.indeed.com/legal?hl=ja#tos

 

 
Indeedが人材募集をサポート スタートガイドのダウンロードはこちら 
 

準備はできましたか? 求人を掲載

*ここに掲載されている内容は、情報提供のみを目的としています。Indeed は就職斡旋業者でも法的アドバイスを提供する企業でもありません。Indeed は、求人内容に関する一切の責任を負わず、また、ここに掲載されている情報は求人広告のパフォーマンスを保証するものでもありません。