第二新卒を面接するときに聞くべき「3つの質問」

「社会人経験のある人を採用したい」「新卒採用で人材を獲得できなかった」などの理由から、第二新卒の採用に力を入れる企業は少なくありません。将来有望な第二新卒を採用するために、企業は面接で何を確認すればよいのでしょうか。人事・採用コンサルティングなどを行う株式会社シンクエー代表取締役の井上則男さんに、第二新卒ならではのポイントを伺いました。
 
 

求人を掲載

お仕事をお探しの方は こちらから検索

理想的な第二新卒と面接するには、求人段階で採用目的を明確に

一般的に、新卒で入社した会社から3年以内に転職する人を「第二新卒」と呼びます。一時は第二新卒の転職市場が活況でしたが、企業側が若手社員の定着に向けた働き方改革などを進めた影響もあり、5年前に比べると第二新卒の数は減少傾向にあるように感じます。
 
そんな状況下で、将来有望な第二新卒を採用したいなら、まずはその求人において「採用目的」を明確に伝えましょう。自社の求める適性を持つ第二新卒の中には、「前職とは職種を変えたいが、経験したことのない業務内容や環境に馴染めるだろうか」と不安を感じ、応募をためらう人もいます。「事業拡大に伴い人員が必要なので、未経験者でも丁寧にフォローします」など、採用の目的と待遇を詳しく伝えることで、応募者の企業理解や安心度が高まるでしょう。
 
また、採用目的にネガティブな要素があっても、ポジティブな事実と合わせて正直に求職者に伝えます。たとえば、「ブランド力が低い会社なので、新卒採用では欲しい人材が集まらなかった。それでも事業は堅調で、今後ますます成長していく可能性がある。ぜひとも会社の未来を担う第二新卒を募集したい」と求人サイトで伝えます。これを見た上で「知名度が低くても御社で働きたい」と応募してくる第二新卒は、志望の本気度が高いはず。面接で、エントリーの理由を掘り下げて聞いてみましょう。

 
 

「新卒」と「第二新卒」の面接の違い

第二新卒の面接内容は、新卒とは明確な違いがあります。そもそも、採用面接を行うのは、応募者のキャリアや理想とする働き方を会社側が知るためです。当然ながら、これまで学生だった新卒と、前職での就業経験を持つ第二新卒とでは経験値に大きな違いがあるため、質問内容を変える必要があります。
 
基本的に、社会人経験のない新卒には「学生時代のアルバイトやサークルの経験」を、社会人経験のある第二新卒には「前職での経験」を質問し、その人が自社で働く姿をイメージしましょう。ただし、第二新卒は前職での就業期間が数カ月間と短いケースもあります。その場合はスキルが十分に身についていない可能性があるので、学生時代の話にも触れてみましょう。

 
 

第二新卒の面接で聞くべき3つの質問

自社にマッチする第二新卒の採用面接では、次の3つの質問を軸にします。
 
(1)前職の退職理由
前職を退職した理由を聞けば、応募者が「働く上で大切にしたいこと」がわかります。これによって、自社の社風や求める人物像に合うかチェックし、入社後のミスマッチを防ぎましょう。また、退職理由を自分の言葉で整理できているか、志望理由と整合性がとれているかをチェックすることで、仕事に対する責任感や思考力、就業意欲を判断できます。

 
(2)前職における不満
入社後のミスマッチを防ぐために、求職者の「本音」を確認します。そのためには、前職での不満を聞くことも一つの手です。一般的に、面接では「前職の不満は厳禁」とされ、不満に基づく退職理由を積極的に発言する応募者はほとんどいません。しかし、「残業が多くて苦痛だった」といった本音を確認しないと、入社後のミスマッチが起こってしまう可能性があります。
 
面接で本音を引き出すには、「ここだけの話」「ぶっちゃけ」「逆に」「本音で」といった “キーワード”を使ってみます。たとえば、「ここだけの話、前職で気になったことはありましたか?」と質問すれば、求職者は「正直なところ……」と話しやすくなるでしょう。

 
(3)学生時代と変化したスキルや価値観
社会人になってから身につけたスキルや価値観を知るために、「学生時代から変化したこと」を求職者に聞いてみましょう。たとえば、仕事で大事にしていることを質問したとき、「学生時代から、そう考えていましたか?」と深堀りしてみます。
 
果たしてどんな回答が出てくるでしょうか。たとえば、「いいえ、前職での□□な失敗から、○○を大事にするようになりました」と、具体的なエピソードを引き出せることもあるでしょう。このように、経験から学んだことを次に生かそうとする人であれば、転職先で活躍できる可能性は高いと判断できます。

 
 

自社ならではの質問で「本音」を引き出す

どんな第二新卒を採用したいかは、企業ごとに異なります。そのため、面接では「求める第二新卒の人物像」を明確にして、それに沿った自社ならではの質問を用意しておきましょう。
 
何より大事なのは、第二新卒の「上辺の言葉」を聞くことではなく「本音の部分」を知ることです。それを引き出す質問を心がけると、採用担当者と応募者双方の理解が深まる面接になるでしょう。

 
 
 

<取材先>
株式会社シンクエー 代表取締役 井上則男さん

 

TEXT:流石香織
EDITING:Indeed Japan + ノオト


 
Indeedが人材募集をサポート スタートガイドのダウンロードはこちら 

準備はできましたか? 求人を掲載

*ここに掲載されている内容は、情報提供のみを目的としています。Indeed は就職斡旋業者でも法的アドバイスを提供する企業でもありません。Indeed は、求人内容に関する一切の責任を負わず、また、ここに掲載されている情報は求人広告のパフォーマンスを保証するものでもありません。