勤め続けたくなる職場のポイントは? 転職者の本音を聞いてみた


選考を重ねて入社した従業員も、時が経てば転職することもあるでしょう。企業はなぜ従業員に転職されてしまうのか。本人のキャリアプランだけでなく、会社としてどのような点が退職事由に関わってくるのでしょうか。
 
4〜6社の転職を経験した男女3名に集まっていただき、これまで様々な職場で働いてきた立場から「働き続けたくなる会社」と「辞めたくなる会社」についてオンラインでお話を伺いました。様々な企業の社風を肌で感じてきた求職者の本音から、長く会社に勤めてもらうためのヒントを探ります。
 

求人を掲載

お仕事をお探しの方は こちらから検索

【参加者プロフィール】

山口さん…30代半ば、女性。数カ月前に転職し、現在4社目。映像制作からキャリアをスタートし、広告制作、旅行系サイトの企画マーケティングを経験。現在はアプリのコンテンツ企画を行う。
 
佐々木さん…40代半ば、女性。数カ月前に転職し、現在5社目。メーカー営業、ウェブディレクター、新規事業企画などを経験し、現在は経営企画マネージャーとして新規事業開発を行う。
 
中村さん…40代前半、男性。半年前に転職し、現在6社目。システムエンジニアとして、インターネット系企業を渡り歩く。出戻り経験あり。
 
※全て仮名

 
 

転職のきっかけは「キャリアアップ」……だけではない?


――それぞれ転職を重ねてきた理由をお伺いしたいです。山口さんからお願いします。
 
山口 4社の共通点は、業種は違いますが、すべて企画やマーケティングのお仕事をしてきました。最初の会社は「好き」だけを考えて映像制作会社へ。その後は、「好き」に加えて「出来ること」「得意なこと」を掛け合わせていくうちに、インターネット関連の会社へと流れついた感じですね。
 
佐々木 わかります、私も「好き」じゃないと働けないです。あと社風は緩い雰囲気が良くて、お堅いところは無理だと思っていましたね。
 
――佐々木さんは今5社目で、最近転職されたんですよね。
 
佐々木 はい。建築系の大学だったので、最初の会社では内装などの設計をしながら企画営業をしていたのですが、全然向いていなくて……。当時、就職氷河期だったので、新卒で入社できるだけでラッキーだったとは思うのですが、毎朝ちゃんと電車に乗って9時に出社という習慣が向いていない! と思ったときに、ちょうどITバブルが来て、そちらの方面に転職を重ねていきました。
 
前職ではウェブディレクターから新規事業企画、各部門のサポートなど何でもやっていたのですが、どれだけ忙しくても、ゼロから新しいものを作り出していくのは楽しかったので苦にはなりませんでしたね。ある程度自分で作業ができる環境の方が向いているんです。
 
――楽しかったのに、転職したのは何故ですか?
 
佐々木 最初、転職する気はなかったのですが、「新たに経営企画を立ち上げたい」「自由にやっていいよ」と言われたのが大きなポイントでした。
 
――自分がどこまで関われるかを大切にしているのですね。あとは今回、唯一エンジニア職の中村さん。山口さんや佐々木さんの企画職とはまた、キャリアの重ね方が異なる気がしています。
 
中村 そうですね。キャリアアップが目的で転職していますが、その動機は「新しくやりたいことが見つかると転職」というパターンが多かったと思います。BtoB(企業向けのサービス)の開発から始めて、BtoC(コンシューマー向けのサービス)の開発へ異動し、今は仕事の効率を高めるような、デジタルとオフラインをつなぐサービスを開発しています。
 
――みなさん、それぞれ目的があって転職されているのですね。逆に長くいる会社の場合は、どんなところが魅力になっていましたか?
 
佐々木 私は1社、かなり長く勤めた会社があるのですが、そこは案件や仕事内容が次々と変わっていくことが魅力でした。転職せずとも、新しい領域にチャレンジできていたから、辞めずに続けられたのだと思います。あとは、人間関係ですね。
 
山口 ああ、人間関係は大事ですよね。
 
佐々木 本音で腹を割って話し合える人間がどれくらい社内にいるか。その割合が減ってくると、転職しようと考え始めちゃいますね。

 
 

勤務地と生活圏は近い方がいい?


中村 話を聞きながら考えていたのですが、僕の場合は、会社の立地が長く働けるかどうかを決める大きな要素だと気づきました。前職で会社が山手線西側エリアから、山手線中心部エリアへ移転して通勤時間が1.5倍になったんです。それが転職の大きなきっかけの1つになりました。
 
――今のご時世だとリモートも多いと思いますが、それでも勤務地は重要視されますか?
 
中村 ディレクターさんの要望に対してシステムでどう実現するかといった説明などは、直接顔を合わせて板書をしながら話し合いたい。基本的には在宅勤務ができる環境ですが、週2~3日は出勤しています。そうなると、なるべく近いほうがいいんです。
 
山口 私は逆に、勤め先にあわせて住む場所を変えてしまいます。コロナ禍前は毎日会社に行く生活だったので、職住近接が基本でした。会社の近くで飲んだときに、すぐ帰れますし(笑)。

 
 

長く続けるためには最初は人事の助けが必要


山口 今回いろいろお話しする中で、どれだけ「長く居て欲しい」と思われても、実際に「長く勤められるかどうか」は、別問題だと感じましたね。人事の方や会社が、人を「コマ」として見ないで、大切に扱っているかどうかがポイントなのかな、と。
 
――人を「コマ」として見ないとは、具体的にどういうことですか?
 
山口 どれだけ面接を重ねても、入ってみないとポジションにフィットするかどうかなんてわからない。さらに、入社後に合わないことが判明しても、ほかの部署に異動すれば輝ける可能性もあります。最初のうちは、人事が一番、採用した人の人柄や経験について知っていますよね。だからこそ、本人に実際入社してどう思っているか聞いたり、上長にも状況確認したりするなど、人事が入社後にも細かな気を配れるかどうかが長く働いてもらうためのポイントになると思います。最初の2カ月が肝心ですね。
 
佐々木 特に我々IT系の人材は、すぐ転職できますしね……。
 
山口 フィットしなければ辞めるのも一つの手ですが、どちらにせよ「良い会社」だと感じるには結局「人」だと思います。人事の人は、採用して終わりではなく、こんなチームもあれば、こんなチームもある、と会社のことを語れるようになって欲しいです。
 
――山口さんの言う「語れる」は、どのようなレベルを想定されているのでしょうか。
 
山口 細かい業務まで知らなくていいので、何のためにどんなことをやっているチームなのかは語れた方がいい気がします。人事は採用を通した会社の広報役だと思っているので。
 
佐々木 その部分を語れるからこそ、「こういう人材が欲しい」となるはずですよね、きっと。
 
――中村さんはどうですか?
 
中村 実は、今まで経験してきた転職は人事よりも、現場のエンジニアが動いて採用されてきたケースばかりなんですよ。
 
山口 え! 人事が窓口になる採用じゃないんですか? 意外です。
 
中村 もちろん、会社によっては人事が動くこともあるかと思います。今までの経験では、最後の面接だけ同席して、それまでの選考過程で関わることが少ない、というケースが多いですね。だからこそ、人事に対しては「定型的になりすぎないで欲しい」と思っているんです。
 
――中村さんの言う「定型的」とはどういった意味でしょうか?
 
中村 たとえば直接のやりとりが少ないからこそ、お礼メールを全部コピペ文面で済ませない、などですね。エンジニアのような専門職の採用の場合、候補者は実際に働いているエンジニアの話を聞きたいですし、企業側も現場のエンジニアの意見が必要な状況だと思います。人事の人がエンジニアの現場をきちんと把握できていないことも多々あるので。だからこそ、現場と人事が一緒に採用していく姿勢が大切なのかなと。
 
佐々木 ある程度現場に任せつつも、会社に居続けてもらうためにも熱量を持って活動して欲しい、ということでしょうか?
 
中村 そうですね。

 
 

リモート時代だからこそ、人事の発信に期待


――山口さんはコロナ禍と転職活動が重なったそうですね。
 
山口 そうなんです。完全リモート転職でした。
 
――今後はそういったスタイルも増えていくことになると思いますが、リモート転職活動の中で新たに感じたことはありますか?
 
山口 オフィスへ行けないので、企業の社風を知りづらかったですね。そこで参考になったのが、会社案内や社員インタビューの動画です。文章だけでは伝わらない雰囲気をつかむことができたので、安心して面接に挑めました。求職者が気になるであろうことを先回りして紹介し、モヤモヤを解消するコンテンツを提供してもらえたのは良かったと感じています。
 
佐々木 会社の雰囲気がわかるものはいいですね。
 
山口 今はリモート勤務ですが、今後会社に行くようになったら、このエントランスを通って……というイマジネーションを刺激してもらえる内容だったんです。「ここに通うのはアリだな」と思えました。テキストだとどうしても情報量が少ないですからね。
 
佐々木 今、若い人はテキストを読まない人も多いと聞きますしね。
 
山口 そうなってくると写真や動画などの視覚情報が重要になってくると思います。転職先選びは、人生の中でも大きな決断の1つなので、ぜひワクワクする情報を発信してほしいです。

 
 
 

TEXT:ミノシマタカコ
EDITING:Indeed Japan + ノオト

準備はできましたか? 求人を掲載

*ここに掲載されている内容は、情報提供のみを目的としています。Indeed は就職斡旋業者でも法的アドバイスを提供する企業でもありません。Indeed は、求人内容に関する一切の責任を負わず、また、ここに掲載されている情報は求人広告のパフォーマンスを保証するものでもありません。