職場で透明性を確保するには?

著者Indeed キャリアガイド編集部

投稿:2022年8月24日

Indeed キャリアガイド編集部は、さまざまな分野の知識を持つ才能豊かなライター、研究者、専門家のメンバーで構成されています。Indeed のデータと知見を駆使して、あなたのキャリア形成に役立つ情報をお届けします。

透明性があることは、正直で素直な従業員であることを要求されるスキルであり、職場で自分の役割と責任について他者とコミュニケーションを取る際に役立ちます。

透明性は、仕事上の信頼関係を構築し、他者に対してオープンな姿勢を示すため、特に重要な特性だと言えるでしょう。

この記事では、透明性の意味と、職場で透明性を確保する方法について説明します。

透明性があるとは

透明性があるということは、自分の考えや意見を、正直かつ敬意を持って共有することを意味します。

透明性とは、職場の人と率直に接することを重視した、コミュニケーションと関係構築におけるアプローチのことを指し、職場の透明性が高ければ高いほど、従業員と会社の経営陣の間で率直な会話が交わされるようになるでしょう。

透明性は、混乱を避け、誠実な対話を促進し、生産性を高め、会社全体の業績を向上させるのに特に役立つ可能性があります。

職場で透明性を確保するメリット

管理職か一般従業員かを問わず、職場で透明性を確保することには多くのメリットがあります。職場で透明性を確保することが重要な理由と、次に挙げる利点について検討してみましょう。

本物の人間関係

本物の人間関係は、透明性と信頼性から生まれる場合があります。透明性があれば、互いに助け合い、情報を共有することで、同僚との間に本物のつながりを築ける可能性があります。

本物の人間関係は、最初からオープンに互いを知り合うことから育成され、信頼性が高いオープンな関係は、職場では特に価値があると言えるでしょう。

明確なコミュニケーション

従業員とのコミュニケーションが明確であれば、誤解が生じることはありません。その結果、会話は透明性が高く、理解されやすくなる場合があります。

明確なコミュニケーションを図ることで、質問を歓迎し、必要に応じて相手にも分かりやすく説明する機会を与えると良いでしょう。

生産性の向上

職場で透明性を確保することのメリットの1つとして、生産性の向上も挙げられます。従業員が常に透明性を保つ職場であれば、質問しやすくなり、ためらわずに助けを求め、理由を説明するようになることがよくあります。

従業員の間に透明性がある場合は、情報の混乱がすぐに解消されるため、プロジェクトが早く終了する傾向があります。

信頼関係の確立

長期にわたって透明性を保つと、常に正直かつオープンであることを知った従業員が、あなたを信頼するようになる可能性があります。結果を出せる職場の中心にあるのは、従業員間の敬意をもった対話や前向きなやり取りを促す、信頼関係の確立だと言えるでしょう。

適切なチームビルディング

職場の強力なチーム作りは、会社が必要とするチームを理解することから始まる場合があります。また、各グループに所属すべき従業員を把握することも必要かもしれません。

透明性があれば、自分に最も適したチームはどこか、どのようなサポートが必要なのかを経営陣に伝えることができるでしょう。

たとえば、透明性が高い場合、プロジェクトの財務管理で助けが必要だと正直に言うことで、財務の専門家がチームにいると有益であり、結果としてプロジェクトの成功につながると、上司に知らせることが可能になります。

従業員の心構えができる

会社でリーダー職に就いている場合、透明性の確保は従業員の心構えを高めることにもつながる可能性があります。たとえば、特に重要な顧客の獲得が事前に分かっている場合、それを従業員に知らせることで、従業員は準備をする十分な時間を得ることができるでしょう。

同様に、管理職でない場合でも、透明性はチームメンバーが状況に備えるのに役立つことがあります。たとえば、あるプログラムに不慣れであることを同僚に伝えた場合、同僚は事前に準備をし、必要なサポートを見つけることができるかもしれません。

職場で透明性を確保する方法

職場で透明性を確保することは、従業員と真の意味で誠実な関係を築くための優れた方法であり、透明性の高いリーダーは強固な基盤を提供し、従業員に会社を信頼するよう促すでしょう。

職場の透明性を高めるためには、次のステップを実施してみてください。

1. 正直に話す

正直に話すとは、自分の本当の感情や、考えていることを、他の人が理解できるように本音で説明することを指します。

正直であることが職場において非常に価値がある理由は、特に助けが必要である場合に正直に話すことで、周りの人が解決策を提供してくれるからです。そうでなければ、同僚は問題が起きていることに気付かず、どう支援すれば良いか分からないでしょう。

2. 情報を開示する

情報を開示することは、本音で話すことと似ていますが、相手と話す際に具体的な詳細を省略しないことを指します。また、従業員に対し、自分の言いたいことを最大限に伝えるということでもあるでしょう。

より簡単に情報を開示する方法としては、従業員と面談する時間を決めたり、プライバシーが確保できる場所で話し合ったりすることが挙げられます。

3. 質問をする

質問をすることが謙虚さと透明性を示す理由は、改善と学習の必要性を認識していることを意味するからです。

また、質問をすることは、自分の知らないことを説明するよう相手に促す良い方法であり、質問しやすい環境は全員が自分の知識を他者と共有する学習体験を生み出すでしょう。

質問をすることで、従業員が必要とする追加のトレーニングや、従業員間に存在する知識の差が明らかになる可能性もあります。

4. フィードバックを提供する

正式な評価にせよ非公式な会話にせよ、フィードバックを行うことは透明性を確保するための実践的なアプローチと言えるでしょう。フィードバックとは、仕事の成果やプロジェクトについて、肯定的および否定的なコメントを提供することを指します。

あなたの透明性が高い場合、または透明性が高いと定評がある場合、相手はフィードバックに慣れ、受け入れやすくなる可能性があります。

フィードバックは、従業員が取り組むべきことを伝え、うまくいったときにはその努力を認めるものですが、透明性が高い場合には建設的なフィードバックが頻繁に行われるでしょう。

5. ビジネスパーソンとして高い意識を保つ

ビジネスパーソンとして高い意識を保つことは透明性の一部ですが、真実の情報を共有することが透明性であっても、自分のすべてを完全に開示したり、プライベートについて詳細に説明したりする必要はありません。

また、従業員のプライバシーを尊重し、心構えができていない相手に透明性を期待したり、強制したりしないことが大切です。その代わり、従業員がオープンになるモチベーションや意欲を高めるような、透明性の見本となる行動を取りましょう。

6. 現実的である

現実的であることは、職場で透明性を確保するための良い方法であり、自社のビジネスを現実的に分析することで、プラスとマイナスの特性を認識することができる可能性があります。

透明性とは、自社のビジネスがうまくいっている点と改善点を意識することでもあり、従業員と話すときは、会社として達成可能かつ現実的な目標を設定することに重点を置きましょう。

現実的であればあるほど、自分や会社が具体的に何を提供できるかの認識につながり、考えを直接従業員と共有することが可能になります。

7. 会社の業績を共有する

管理職に就いている場合、従業員と会社の業績を共有しましょう。数字の良し悪しに関係なく、会社がどのような状態にあるのか、統計や分析結果を示すことで業績を共有することが大切です。

業績がマイナスである場合、このアプローチは難しいと思うかもしれませんが、透明性を高め、共有すべき貴重なデータを積極的に提供することで、従業員は自分も会社の運営に参加し、情報はすべて知らされていると感じるでしょう。

関連記事

【例文付】仕事でポジティブになれるアファメーションとは?

こちらの記事もおすすめです