コラボレーションスキルとは?

著者Indeed キャリアガイド編集部

更新:2021年11月30日

投稿:2021年4月15日

Indeed キャリアガイド編集部は、さまざまな分野の知識を持つ才能豊かなライター、研究者、専門家のメンバーで構成されています。Indeed のデータと知見を駆使して、あなたのキャリア形成に役立つ情報をお届けします。

コラボレーションスキルは、ほぼすべての職種や業界で必要不可欠なものです。他者とうまく協力する方法を理解することで、職場の効率化を実現し、キャリアアップや、従業員とチームがより良い成果をあげるのに役立ちます。

この記事では、コラボレーションスキルを高め、仕事での効果を高めるのに役立つ予備知識や例、役立つヒントをご紹介します。

コラボレーションとは?

コラボレーションとは、プロジェクトやタスクを完了させたり、アイデアやプロセスを生み出すために、他者と協力して作業することを意味します。職場では、チームや会社に利益をもたらす共通の目標に向かって複数の人が協力して働く際に、コラボレーションが発生します。職場でのコラボレーションには対人スキル、コミュニケーションスキル、知識の共有と戦略が必要で、オフィス内でも、バーチャルチームのメンバー間でもコラボレーションが必要です。

チームで働くことは生産性を高めるだけでなく、従業員同士の健全な関係を育むことにもつながります。多くの場合、プロジェクトを1人で管理するよりも、従業員が協力して仕事をする方が効率的で、成果も大きくなります。同僚とのコラボレーションを成功させることは、モチベーションの向上にもつながります。さらに、アイデアを共有したり、ブレインストーミングをすることで、複雑な課題に対するユニークな解決策を生み出すことができます。職場で効果的に協力する方法は数多くあり、コラボレーションに役立つスキルやテクニックを使うことで、より高い効率性と成果につながります。

コラボレーションのメリット

協力して働くことは、チームや採用企業だけでなく、従業員自身にとっても利点があります。

  • 問題を解決し、全体像を見ることができる
    コラボレーションでは、幅広いスキルや知識を持つ多くの人材が集まります。その結果、多様な視点から物事を見られるようになります。また、複数の人の専門知識を活かすことができれば、より早い問題解決につながり、長期的により良い結果が得られる可能性が高くなります。

  • 自己分析が促される
    協力して仕事をすると、自分の強みと弱みが見えてきます。これにより、自分の強みであるスキルを活かしつつも、異なる専門知識を持つ人からのサポートが必要な分野を特定することが可能になります。その結果、不足している能力を他のチームメイトと補い合い、より良い協力関係を築くことができます。

  • 教え、学ぶことができる
    コラボレーションのために集まるたびに、他のチームメンバーから学ぶことがあるはずです。コラボレーションを大切にしている組織では、互いに教え、学ぶことが常に奨励されています。成長の機会を大切にしている職場では、従業員は安心して現在の業務以外のスキルアップに意欲的に取り組むことができるのです。

  • 効率の向上
    コラボレーションではチームのサポートがあるので、プロジェクトを完了したり期限を守ることが容易になります。複数の人が一緒に仕事をすることで、それぞれの強みを活かした方法でタスクを分担し、苦手な作業に苦戦する代わりに、自分の得意分野にエネルギーを集中させられます。また、他のチームメンバーからその場でアイデアのフィードバックをもらうこともできます。

コラボレーションスキルの例

コラボレーションの2つの例を見てみましょう。

例1:グループでのブレインストーミング
意思決定の際にチームでアイデアを出し合ったり質問することは、コラボレーションの絶好の機会です。複数の人からアイデアを得ることにより、異なる分野の専門知識を役立てられます。

関連記事:問題解決に役立つ25のブレインストーミングのテクニック

例2:協力的なコミュニケーションとオープンなディスカッション
オープンなディスカッションの場では、すべてのアイデアが評価、尊重され、全員が貢献できます。協力的なディスカッションでは、1人が他の参加者に講義をするのではなく、すべてのチームメンバーが参加し、考えや意見を共有することが求められます。このようなミーティングは、職場でよく見られる上下関係の壁を取り払い、全員の参加を促します。全員が会話に参加することで、より生産的なミーティングになるのです。

コラボレーションスキルを向上させる方法

職場でのコラボレーション能力を高める方法をご紹介します。

1. 明確な目標と目的を定める

プロジェクトを主導する際には、測定可能な目標と明確な目的を設定するところから始めましょう。プロジェクトの背景となる目的とビジョン、そしてどのように成功を判断するのかを、全員が理解する必要があります。

透明性を確立することで信頼関係が構築され、さらなるコラボレーションが促されます。同様に、プロジェクトの開始前に目標を明確にしておくことで、全員が成功にコミットし、共通の目的に向かって行動できるようになります。

2. 意図を伝える

他の人と一緒に仕事をする際には、作業や課題に取り組む前に、必ず自分の意図を伝えるようにします。チームメイトに自分が何をしているのかを説明し、スケジュールについて現実的な期待値を設定します。そして、約束したことは必ず実行しましょう。予期せぬことが起こり、期待通りの結果が得られない場合は、その変更点も伝えることが重要です。

3. 耳を傾け、歩み寄ることを学ぶ

他の人と密に協力して仕事をする際には、各チームメンバーのアイデアやフィードバック、アドバイスをよく聞き、思いやりと敬意を持って受け止めます。プロジェクトの方向性やチームがどのようにタスクを実行すべきかについて自分なりの考えがあるかもしれませんが、同僚の意見も考慮に入れることが重要です。多くの場合、折衷案を見つけることが、異なる視点からアプローチする最善の方法となります。

4. 誰かを責めることなく課題を克服し、問題を解決する

他者と一緒に仕事をしていれば、問題が発生したり、誰かがミスをすることもあります。このような場合、チームメンバーを責めずに、グループとして冷静に問題を分析することが大切です。全員で協力して解決策を見つけることにエネルギーを集中させましょう。

コラボレーションを強化するためには、他の人がミスをしたときには許し、自分がミスをしたときには責任を取るという姿勢が重要です。その結果、チームメンバー間の信頼関係が構築され、たとえ何か間違いがあったとしても、全員が気持ちよくコミュニケーションをとることができます。

5. 広い心を持つ

コラボレーションを成功させるには、新しいアイデアに対してオープンな姿勢が必要です。同僚が自分とは異なる結論を出したり、プロジェクトに対して異なるアプローチをとる可能性は高いので、他者の貢献を認め、批判せずに彼らのアイデアを検討するようにしましょう。

6. コラボレーションとその成果を称える

効果的なコラボレーションを行うには、グループとして成果を認め、祝う時間を取ることが不可欠です。チームをまとめる立場にいる人は、個人の成果と同じくらいチームワークが大切であることを従業員に示すために、協力的な姿勢に対する報酬を設けましょう。リーダーの立場でなくても、同僚と一緒に成果を祝う時間を取ることは非常に重要です。

コラボレーションの定義や、なぜコラボレーションが重要なのか、そしてより効果的にコラボレーションを行うためのベストプラクティスを理解することで、チーム環境で成功する可能性が高まります。これらのヒントや情報を活用することで、前向きな結果を生み出し、より刺激的な職場環境を作るために必要なコミュニケーションスキルを身につけることができます。

関連記事:優れたチームプレーヤーに必要な6つの要素

こちらの記事もおすすめです