仕事に疲れた、辞めたいと感じた時に!心と体のための対処法

著者Indeed キャリアガイド編集部

2021年9月28日

毎日元気に働いているつもりでも、実は疲れがたまっていることがあります。気づいたら「あまり笑っていない」「仕事に身が入らない」ということはないでしょうか。

心の疲れをチェックする方法や、疲れたときの対処法について見ていきましょう。

仕事に疲れたと感じたら…心や体が出すサインをチェック

心や体は疲れてくると、サインを出してくれます。心身の「お疲れサイン」のチェックポイントを紹介します。

心の疲れをチェック

「人と話すのがおっくう」「なんとなくイライラしてしまう」などと思ったことはないでしょうか。

ついつい食べ過ぎてしまったり、逆に食べられなくなったりしたら、それは心が疲れている信号かもしれません。ほかにも以下のようなサインがあると心が疲れているようです。

  • 食事やお風呂をめんどうに思う

  • お酒や甘いものを欲しいと感じる

  • テンションの上がり下がりが激しい

  • 人の名前が思い出せないときがある

  • 充実感が持てない

  • 仕事の判断がにぶい

体の疲れをチェック

心と体はつながっています。心が疲れていると体も一緒に疲れ、体が疲れていると心も疲れる可能性があります。

  • 眠りが浅く、起きているときに眠く感じる

  • 体が痛む

  • 体の調子が悪い

  • なんとなくだるいと感じる

  • 朝起きたときに体力が回復していない

以上のようなことがあると体が疲れている可能性があります。

「仕事に疲れた」と感じる原因3つ

仕事に疲れたと感じる理由はさまざまです。
適切に対処するためにも、まずは自分が疲れる理由を探ってみましょう。

(1)仕事の量が多い

適度な仕事量であればやりがいにつながりますが自分のキャパシティを超えると、疲れていると感じるようになります。

たとえば、残業が多いようであれば、自分のキャパシティを超えているということになります。キャパシティを超えているときはついつい気持ちがあせり、心の疲れにつながります。

(2)職場の人間関係が好ましくない

職場の人間関係がうまくいっていないと、心を疲弊させてしまいます。
人間関係が原因で仕事がスムーズにいかなかったり、上司から必要以上の重圧をかけられたりすると、仕事が楽しくなくなり大きなストレスになります。

関連記事:職場の人間関係がつらい……うまく解決するコツは?

(3)休息や睡眠が不足している

心身の調子を整えるのに大切なのが休息や睡眠です。
夜の睡眠は十分に取れていますか?休日の気分転換や、仕事の合間のリフレッシュはできていますか?
仕事とプライベートとの境が曖昧だと気力や体力が回復しません。

仕事に疲れたときの対処法

もし、仕事で疲れていると感じたら、無理して走り続けるのではなく、ちょっと立ち止まって心身が軽くなる工夫をしてみませんか?
ネガティブな気持ちもポジティブにしてくれるアイデアについてご紹介します。

(1)仕事内容を見直す

仕事で疲れているのですから、もっとも見直したいのが仕事の内容や業務の進め方、オフィス環境です。
もし仕事量が多くて休みをしっかりと取れていないのであれば、上司に相談したほうがいいでしょう。配置換えを願い出る手もあります。解決ができないようでしたら転職も視野に入れるのをおすすめします。

(2)食生活を整える

生活の正しいリズムを取り戻すことが大切です。とくに食については、暴飲暴食を控え、栄養バランスを考えた食事を、3食決まった時間に食べるようにします。
とはいえストイックになり過ぎず、たまには自分の好きなスイーツを食べてリフレッシュするのもおすすめです。

(3)心が癒やされる本や名言を読む

休日や寝る前のリラックスしているときに、自分が共感できる本や、きれいな絵本、写真集などを読んだり眺めたりするのもおすすめです。
偉人の言葉を集めた本にも、励まされるメッセージが多くあります。

(4)睡眠時間と休憩はしっかりとる

人は休まないと効率がどんどん下がり、仕事にかかる時間ものびるし判断力も落ちてしまいます。しっかりとした休息をとり、ベストパフォーマンスを出せる状態をキープしたいものです。

関連記事:眠気の原因と影響:睡眠時間を修正する方法

(5)適度に体を動かす

仕事の合間や休日の適度な運動で、心身をリフレッシュするのも手です。体を動かすと刺激が脳に伝わり、頭が回転しやすくなります。
頭がよく動くことでポジティブな考えが浮かぶようになるかもしれません。

(6)好きな香りに癒やされる

好きな香りをかぐことは、心を休めるのに最適です。ハーブティーをいれたり、アロマオイルをお風呂に数滴たらしたりするのもおすすめです。

寝るときに枕元にサシェを置くと、ぐっすりと眠れるかもしれません。
また、休日や仕事の帰りにアロママッサージで心身をリフレッシュさせるのも手です。

まとめ

仕事に疲れると心も体もさまざまな信号を出してきます。
「疲れた!」と感じたら無理をせず、睡眠をしっかりとったり、食生活を見直したりするなどし、疲れている自分をケアして前向きな気持ちを取り戻しましょう。
どうしても仕事疲れが取れない場合は転職も一つの手段です。