プロフェッショナルになるための15のステップ

著者Indeed キャリアガイド編集部

投稿:2022年8月25日

Indeed キャリアガイド編集部は、さまざまな分野の知識を持つ才能豊かなライター、研究者、専門家のメンバーで構成されています。Indeed のデータと知見を駆使して、あなたのキャリア形成に役立つ情報をお届けします。

職場で成功するために備えておくべき資質である、ビジネスパーソンとしての意識の高さを保ち、周囲に良い印象を与える特性や資質を身に付け、実践する方法を知っておくと、キャリアアップに役立つでしょう。

この記事では、プロフェッショナルになるための実践的なヒントをご紹介します。

プロフェッショナルになるとは

プロフェッショナルになるということは、仕事に対する倫理観を示し、他者に好印象を与えるような行動を取ることを指します。

プロフェッショナルな人は信頼や尊敬といった資質や特性を備えており、自分に与えられた仕事で成功し、周囲にも良い影響をもたらすでしょう。

他にも、職場にふさわしい服装をする、同僚の仕事を手伝う、勤務時間中は前向きな姿勢を維持する、などの特徴が挙げられます。

職場でプロフェッショナルになることが重要な理由

プロフェッショナルとは、責任感、信頼性、忠誠心の表れです。ビジネスパーソンとしての意識が高ければ、同僚と良好な関係を築き、質の高い成果を挙げるのに役立つ可能性があります。

プロフェッショナルな態度とは、日頃から上司や同僚に対してエンパシー(共感力)をもって接することであり、サポートを必要とする同僚を察知するのに役立つでしょう。

ビジネスパーソンとしての意識の高さを実践することは、積極的に行動することにもつながります。潜在的な課題を事前に察知し、克服または回避する方法を見つけることができるような一定の習慣を保つようになるでしょう。

上司は、仕事に対する強い倫理観や、新しい責務を引き受ける意欲に気付く可能性が高く、昇進や昇給の機会を頻繁に与えてくれるかもしれません。

プロフェッショナルになるための15のステップ

次に挙げる15のステップを参考にして、プロフェッショナルを目指しましょう。

1. 時間を守る

自分の仕事を期限までに終わらせるために時間を管理し、上司や同僚のスケジュールを尊重しましょう。早めに出勤し、時間通りに会議に出席し、時間的制約のある仕事は同僚や上司が必要とする前に完了させることが大切です。

カレンダーを常に更新し、会議や締め切りの通知を追加しておくと便利かもしれません。

2. 服装規定に従う

第一印象は重要であり、顧客や同僚があなたについてどう考えるかに大きな影響を与えることがあります。会社の服装規定に基づき、社会人らしい身だしなみを心がけましょう

現場に出る場合は、推奨される安全装具を着用し、服装はいつもきちんと清潔にしておくことが大切です。プロフェッショナルとして身だしなみを整えることは、同僚や顧客に良い影響を与えるでしょう。

3. 集中力を維持する

職場に到着したら、すぐに1日をスタートさせましょう。メールをチェックし、やるべきことのリストを作成し、前日にできなかった仕事を終わらせることが大切です。

集中力を持続させるために、携帯電話はマナーモードにして見えないところに置き、パソコンで作業している間は、仕事に関係のない画面はすべて閉じておきましょう。

4. 前向きな姿勢を示す

職場における言動は、どれだけプロフェッショナルに見えるかを決定づけると言えるでしょう。前向きな環境で人は成長することが多いため、親しみやすく元気な態度を保つことが大切です。仕事に集中し、休憩中は明るい話題で会話を楽しみましょう。

5. 周囲に気を配る

厳しい納期や困難な仕事に直面したときは、自分の行動が同僚に与える影響を意識して行動しましょう。複数のチームメンバーと一緒にプロジェクトを進めている場合、同僚が作業を行う前にあなたが自分の仕事を完了させる必要があれば、必ず先に終えることが大切です。

また、自分の仕事場や共有スペースを清潔に保ち、整理整頓を心がけると良いでしょう。

6. 自信を持つ

仕事で自信を持つということは、自分の長所と短所を知ることであり、自信に満ちたプロフェッショナルは、チームワークの持つ力を理解し、自分の専門知識と能力を相手に伝えるように行動するでしょう。

ビジネスパーソンとしての意識の高さを維持して働くには、仕事におけるチームワークの必要性を認めつつ、全員の個人的な貢献を尊重することが大切です。

7. コミュニケーションが得意である

効果的なコミュニケーションは、プロフェッショナルになるための重要な方法の1つであり、相手の話に注意深く耳を傾け、その意見から学び、自分の意見を加えるようにしましょう。

関連記事:キャリアアップにつながるコミュニケーション能力10選

8. 情報整理力を発揮する

仕事場をきちんと整理しておくことは、タスク管理能力や時間管理能力、集中力を示す可能性があります。余計な物や情報をなくせば、整った環境で仕事をする余裕が生まれ、生産性が向上するでしょう。

情報が整理された状態では、仕事の優先順位をつけたり、同僚に仕事を割り振ることなどが容易になる場合があります。

9. 職場にふさわしい会話をする

会話を始めたり、話に参加したりするときは、職場にふさわしい発言をすることで、ビジネスパーソンとしての意識の高さとマナーを示しましょう。噂話やネガティブな会話は避ける、または前向きな方向に話を変えることが大切です。

同僚にも適切な会話をするよう促すことで、職場が明るく居心地の良い場所になるでしょう。

10. エンパシー(共感力)を活用する

同僚が困難に直面し、厳しい状況にあるときにエンパシーをもって接すると、相手への気遣いや支援する意思が伝わるでしょう。困難を克服しようとしている同僚が少しでも仕事をしやすくなるように、自分にできることを考えてみると良いかもしれません。

11. 自己認識を深める

何が自分の原動力になっているのか、どうすれば仕事の質を改善できるのかを理解するよう努めましょう。自分の資質について視覚的に読んで理解し、仕事で成長すべき点を確認できるように、長所と短所の書き出したリストを作ってみるのも一案です。

12. ロールモデル(手本)として行動する

職場でプロフェッショナルになるために、同僚が見習うべき手本を示す方法を学びましょう。勤勉を心がけ、問題に対処する際には思慮深さを示し、同僚のやる気を高め、サポートするような存在になるよう心がけることが大切です。

13. 誠実で信頼できる人になる

プロフェッショナルな人は、日々の仕事において約束を守り、職場の倫理を遵守することで、誠実さを体現することがよくあります。

同僚から信頼され、より強い人間関係を築くことは貴重であり、ビジネスパーソンとしての意識の高さを保つためには、自分の言動に責任を持ち、間違いがあればすぐに謝罪するよう心がけましょう。

14. 能力を示す

職場でプロフェッショナルになるためには、仕事における自分の専門知識と信頼性を示すことが大切です。ミスをせずに仕事を終わらせることで、同僚はあなたと協力して働きやすくなるでしょう。

能力があれば生産性が上がり、チームワークも向上し、キャリアアップにもつながる可能性があります。

15. 可能な限り手助けを申し出る

あなたの助けを必要としている同僚を察知し、支援を申し出ましょう。期限までにプロジェクトを完了させるといった大きなことから、ファイルを探すといった小さなことまで、自分にできる範囲で手助けすることが大切です。

あなたが同僚を気遣い、成功を後押ししたいと思っていることを周囲に示しましょう。

関連記事

職場で透明性を確保するには?

こちらの記事もおすすめです