キャリア開発

仕事の集中力を高める方法:戦略とヒント

Indeed 履歴書があると素早く簡単に求人応募できます。

目の前のタスクに集中できるかどうかは、職場での仕事全体の成功を左右する重要な要素です。集中力を高めることで、より多くの仕事を効率的かつ正確にこなすことができるでしょう。

この記事では、メンタルテクニックを使うことの重要性を探り、仕事の集中力を高めるためのヒントをいくつかご紹介します。

Indeed 履歴書があると素早く簡単に求人応募できます。

何故メンタルテクニックを使うことが重要なのか?

メンタルテクニックを使うことは、より長い時間タスクに集中できるようになるため重要です。結果として、タイムリーにタスクを完了させられる可能性が高くなります。最終的には、職場での全体的な生産性向上にも繋がるでしょう。

様々な集中法を利用することも、日常の誘惑をはねのけるために有効です。職場内外問わず、メールやテキストチャット、その他ツールの通知は生産性を低下させ、長時間の集中を困難にします。1つまたは複数のメンタルテクニックをマスターすることで、気が散りにくくなり、タスクが完了するまで集中力を維持できるようになります。

どのように集中しどのようにその状態を維持するかを学ぶことは、人生のほぼすべての局面で有益となるでしょう。新しいことを学ぶことから目標を達成することまで、様々な状況で成功するためには、集中力が鍵を握っています。

関連記事: 仕事で目標志向を持つための10のヒント

Indeed 履歴書があると素早く簡単に求人応募できます。

仕事の集中力を高めるステップ

集中力を高めることは、最初は難しいと感じるかもしれませんが、継続的な練習をすることで、容易になり習慣となり得ます。 職場でできる、集中力を高め、生産性を向上させるステップを以下にご紹介します。

  1. 自分の集中力の現状を把握する
  2. 気が散るものを制限または除去する
  3. 快適で清潔な環境を作る
  4. ゆっくりと集中力を高める
  5. 一度に1つの作業に集中する
  6. 予定した休憩を取る
  7. 刺激レベルを把握し調整する

1. 自分の集中力の現状を把握する

集中力の向上に取り組む前に、自分の集中力の現状を把握しておくと良いでしょう。そうすることで、改善余地を知ることができます。自分の集中力を見極める一つの方法は、現在の集中力に関連した習慣を見つけることです。気が散って仕事から遠ざかってしまうことや、進捗状況を見失ってしまうことが多い場合は、集中力が低い可能性があります。タイマーを設定して、特定のタスクに取り組むことも一つの方法です。気が散ってしまったタイミングですぐにタイマーを確認し、何分集中できたかをチェックしましょう。例えば、5分間タスクに集中できた場合は、そのことをメモします。数日間、集中力を高めるテクニックを実践した後、再度テストをし、進展を確認しましょう。

2. 気が散るものを制限または除去する

気が散るものを制限したり、完全に除去することは、仕事に集中するために非常に有益です。テレビや携帯電話の電源を切り(または通知を消し)、メールの通知を「サイレントモード」に設定しましょう。ソーシャルメディアサイトのような特定のウェブサイトを一定期間使用しないようにするアプリケーションを利用することも可能です。また、同僚があなたにコンタクトできる時間を明確に設定しておきましょう。そうすることで、仕事の最中に何気ない雑談に気を取られてしまうことを防ぐことができます。

3. 快適で清潔な環境を作る

ワークスペースの乱雑さによって気が散ることが多い場合は、仕事をする前の毎朝 5 分を、片付けの時間としましょう。書類を整理し、ゴミを捨て、可能な限り清潔で快適な仕事場作りを心がけてください。普段からワークスペースをきれいに保てていれば、仕事に集中すべき時に片付けをする必要がなくなります。

4. ゆっくりと集中力を高める

集中力を高めることは困難なことであり、一朝一夕に大きな変化をもたらすことはできないでしょう。集中力向上のための現実的な目標を設定し、小さなことから始めましょう。例えば、現状5分間しか集中できない場合は、7分間集中できるように取り組むことを目標にしましょう。タイマーをセットして、アラームが鳴るまで作業を止めないようにします。7分集中できるようになったら、10分に増やしていきましょう。ゆっくりと作業を進めていくことで、イライラを防ぎ、小さな目標をクリアするたびに、達成感を感じることができるようになります。

5. 一度に1つの作業に集中する

マルチタスクは、しばしば職場での集中力欠如の主な原因となります。一度に複数のことをこなせば、より多くのことができるように思えるかもしれませんが、実際にはそうではありません。一度に一つのタスクに集中した方が生産性が高く、より高い精度と効率性でタスクを完了させることができます。

6. 予定した休憩を取る

一日中休憩を取らずに仕事に集中するのは非現実的で、心と体に負担をかけることになります。毎日小休憩時間を設けて、心の休息とリセットの機会を得てください。例えば、1時間に1回、足を伸ばしたり、水を飲んだりするために5分間の休憩を取ります。タイマーをセットして、一度に5分以上の休憩を取らないようにしましょう。そうすることで、必要以上の休憩を取ってしまうことを防ぐことができます。

7. 刺激レベルを把握し調整する

退屈だと感じるタスクを抱えていると、完了するために必要な集中力が発揮されにくくなります。ありふれたタスクの場合は、より面白く感じる方法を見つけ、タスクへの関心を高めてみましょう。例えば、タイマーを設定して、どれだけ早く完成させることができるか、ゲーム感覚で取り組みます。あるいは、落ち着いてリラックスできる音楽をかけ、タスクに対する緊張感や抵抗感を和らげるのも良いかもしれません。タスクへの関心が高まれば高まるほど、そのタスクに集中できる可能性が高くなります。

Indeed 履歴書があると素早く簡単に求人応募できます。

実践可能な5つのメンタルテクニック

上記のヒントに加え、下記5つのテクニックを実践することで、職場内外問わず、集中力を高めることができるでしょう。

  1. 瞑想する: 研究では、黙想を実践することが、一日を通して全体の集中力を高めると示しています。黙想を始める際に使用可能なアプリケーションやプログラムがいくつか提供されています。毎日5〜20分程度黙想することで、あなたの集中レベルが改善されることでしょう。
  2. 運動する: エクササイズをすることで、集中力を短期間高めることができます。また、やる気を高めたり、達成感を抱いたり、一日を通してエネルギーを増やすことにも役立ちます。週に数日、30分程度のエクササイズをするだけで、注意力を高めることができるでしょう。
  3. 気晴らしのToDoリストを作る: 多くの人は、天気をチェックしたり、映画の時間を調べたりと、重要でないことに気を取られていることに気がつきます。これらのタスクは単純に見えるかもしれませんが、仕事から遠ざかってしまい、集中力にマイナスの影響を与えてしまいます。近くにメモを置いておき、他のことをやりたくなったら、それを書き留めておきましょう。そして、今やっている仕事が終わった時に、リストにある項目がそれほど重要なものかどうかを判断します。
  4. 読書をする: 読書をする時間を取ることで、集中力を高めることができます。毎日読むものは短いものが多く、記事全体を読むことすらしない人も少なくありません。座って一定時間一冊の本に集中することで、一つのタスクに集中する方法を脳に教えることができます。
  5. 集中力を高めるエクササイズをする: 日常生活に取り入れられる集中力アップのエクササイズはいくつかあります。例えば、時計の秒針を5分間見ることは、集中力を高めるのに役立ちます。また、数分間呼吸に集中するのもいいでしょう。自分に最適な集中力アップのエクササイズを見つけ、毎日数分間練習してみましょう。

Indeed 履歴書があると素早く簡単に求人応募できます。

関連記事

すべて表示 
在宅勤務について知っておくべきこと preview image

突然の在宅勤務開始には課題や戸惑いも多いことでしょう。在宅勤務中も健康で生産性をキープするためのヒントをご紹介します。

もうやってみた?「オンライン飲み会」のメリット・デメリット preview image

「オンライン飲み会」が言葉をご存知でしょうか?すでにやってみた方もいらっしゃると思いますが、今回はあらためて、そのメリット・デメリットなどをご紹介します。

子どもを持つ保護者のためのテレワークガイド preview image

ストレスと混乱の多いこの時期に、バランスを取りながら子どもや家族の世話と仕事のスケジュールを維持するためのヒントをまとめています。