自分の弱みを見極めて克服するには?

著者Indeed キャリアガイド編集部

投稿:2022年8月19日

Indeed キャリアガイド編集部は、さまざまな分野の知識を持つ才能豊かなライター、研究者、専門家のメンバーで構成されています。Indeed のデータと知見を駆使して、あなたのキャリア形成に役立つ情報をお届けします。

自分の弱みを見極めて克服するのは簡単なことではありませんが、キャリアで成功するためには欠かせないでしょう。

個人的な弱み、または仕事上の苦手意識を克服し、能力を伸ばしたい場合は、何から始めれば良いかを理解しておくことが大切です。

この記事では、弱みを克服する方法について説明し、参考になる6つのステップをご紹介します。

関連記事:キャリアアップを目指す人のための5つの改善ポイント

弱みを克服することが重要な理由

社会人として自分の弱みを克服することは、キャリアにおいて多くの成功を達成するためには必要不可欠だと言えるでしょう。

なぜなら、自分の弱みや苦手意識について理解し、足りない部分を戦略的に補い、着実に成長することで、より高い目標を達成し、仕事にやりがいを見出すことができるからです。

また、自分と向き合い、弱みを強化して苦手意識をなくすことで、次に挙げるような大きなメリットが得られる可能性があります。

  • 生産性の向上:苦手意識を克服することで、仕事の生産性を高めることができるでしょう。たとえば、時間管理が苦手な人は、時間を効率よく使うように意識して取り組むことで、仕事の達成感をより高めることができる場合があります。

  • スキルの多様化:経験豊富な社会人でも、特定のスキルに弱みがあることは珍しくありません。自分の弱みを明らかにすることで、スキル全体の多様化につながる可能性があります。たとえば、人前で話すことが苦手な人は、それを克服することで、仕事でより高いレベルの能力を発揮できるようになるでしょう。

  • キャリアアップの可能性:リーダーシップの欠如や時間管理の不徹底など、特定の弱みがあると、他の分野に強みがあってもキャリアアップが遅れることがあるかもしれません。自分の弱みを克服することで、昇進や昇給の可能性が高まります。

  • 自信の向上:多くの分野で、プロフェッショナルとしての自信を持つことが成功の鍵となる場合があります。弱みを克服し、生産性を向上させ、特定の能力分野で強みを発揮することで、自己肯定感を高め、自分のパフォーマンスに自信を持つことができるでしょう。

関連記事:職場での自分の強みとは:見極める方法

弱みを克服する方法

弱みを克服するのは難しいことですが、自己開発に着手する前に取るべき行動がいくつかあります。次に、弱みや苦手意識をうまく克服するためのステップをご紹介します。

1. 自分の弱みを見極める

弱みを克服する第一歩は、弱みが何であるかを見極めることでしょう。どうすれば改善できるのか、どの部分に取り組めば良いのかを把握することが大切です。自分の弱みを効果的に見極めるためには、次のような方法があります。

  • 自己評価する:自分の能力を自己評価するには、過去の仕事を検証し、職務においてどのように成果を挙げてきたかを考えることが大切です。期待に応えられなかったと感じた経験をリストアップし、そこに共通するパターンがないか分析してみましょう。

  • フィードバックを求める:社会人としての自分の弱みを確認する最も効果的な方法の1つは、同僚や上司からフィードバックをもらうことでしょう。同僚は、あなたのワークスタイルを誰よりもよく理解しており、仕事で成長するために役立つ意見を提供してくれる可能性があります。

  • 業績指標を見直す:自分の業績に関する指標にアクセスできる分野で働いている場合、定性的なデータを確認することで、自分の弱みについてより深く理解することができるでしょう。また指標は、自己評価や受けたフィードバックに新たな背景情報も提供してくれるかもしれません。

2. 専門能力開発計画の概要を作る

自分の弱みをよく理解した上で、仕事で成長するための計画を立て、戦略的に成長するための機会を作るようにしましょう。

たとえば、新しいスキルを身に付けるためのワークショップやトレーニングに参加すると良いかもしれません。

さらに、自分の職務で習得したスキルを応用する機会を設けることで、実践してみることができるでしょう。

関連記事:専門能力開発計画の書き方(例文付)

3. 目標のタイムラインを厳守する

専門能力開発計画を作ったら、時間の経過とともに自分の成長を可視化して管理し、弱みを克服するためのステップを策定するのに役立つ、タイムラインを作成しましょう。

長期的な成長を継続して測るためには、具体的な指標が設定されたタイムラインを厳守するよう心がけることが大切です。またタイムラインを作成する際には、一定の期間内に達成できることを現実的に考えることをおすすめします。

4. 自分に責任を持つためのサポートネットワーク(支援者のグループ)を構築する

自分の弱みを克服するための専門能力開発計画を実行するにあたり、自分の進歩に責任を持つことができるように、友人や同僚などのサポートネットワークを構築するのは良いアイデアです。

ネットワークの人々は、あなたが目標やスケジュールに沿って行動するのをサポートする、重要な役割を果たす可能性があります。定期的に会合を開き、自分の成長を報告しても良いかもしれません。

同僚や友人は、成長過程で困難に直面したとき、サポートやアドバイスを提供してくれるでしょう。

5. 苦手意識を克服するために自分に挑戦する

弱みや苦手意識を克服しようとする場合、不安を感じたり、途方に暮れたりすることがあるかもしれません。

しかし、これは仕事で成長する過程では自然なことであり、そうした感情を受け入れ、そのような気持ちになる理由に意識を向けることが大切です。

そして、不安やとまどいを乗り越えて、より高いレベルで成長できるよう自分自身に挑戦してみましょう。

6. 変化を長期的な取り組みとして認識する

弱みや苦手意識を克服するには、変化を起きるまでに長期的な取り組みが必要になることを理解しておくと良いでしょう。仕事で成長するためには、相当な努力や時間を費やすことが求められる場合があります。

したがって、今よりも成功するために弱みを克服することは、キャリアをかけた挑戦かもしれませんが、成長の実現は努力に見合う価値があると受け止めるようにしましょう。


関連記事

キャリアアップに欠かせないスキル20選

こちらの記事もおすすめです