キャリア開発

成功を測るために押さえておくべきこと

職場での成功をどのように評価するかは、キャリア目標が何であるかによって大きく異なります。会社や上司は、定期的なパフォーマンス・レビューや評価基準を使用しますが、自分自身で測るためには、成功とは何か、どのように達成するのか考える必要があります。

この記事では、成功を測定するための方法やヒントについて説明していきます。

関連記事: キャリアアップのための目標設定

仕事での成功指標とは?

成功とは、思い描いていたビジョンとそれまでの短期的な目標を達成することを意味します。

仕事を始めたばかりの頃は、ポジションの役割や、部署・会社のパフォーマンスを向上させるために何を達成しなければならないのか明確にしておく必要があります。パフォーマンスを定義するには、キャリアプランの達成に何が不可欠なのか考えてみてください。例えば、マーケティングから経理への転職を希望している場合は、面接でのギャップを埋めるため、達成可能なマイルストーンを設定し、必要とされるであろうスキルを磨いておきましょう。

ここでは、職場で個人的な成功を測定し追跡する方法についていくつか紹介します。

  • 自分自身のコア・バリューを見つける: コア・バリューとは、自分の人生をどのように行動するかを認知する基本的な信念、理想、実践がセットになった価値観です。
    プライベートや仕事上でも応用でき、キャリアを通じて成功を左右するための最善の方法を見つけ出したり、その他の重要な決断をするのにも役立ちます。自分のコア・バリューがわかれば、面接の質疑応答、履歴書への記載、また昇進にも活用することができます。成功=コア・バリューと考えられますが、他にも、幸福、ワークライフバランス、チームマネジメント、受容など、成功を目指すために考慮すべき価値観があります。
  • 自問自答する: 自分自身のコア・バリューを見つけることが難しい場合は、次のような質問で、価値観に優先順位をつけてみましょう。

    どのような企業文化のある会社で働きたいか?
    ベストな仕事をするために必要なもの、リソースは何か?
    自分のモチベーションを高めるものは何か?
    職場で人間関係を築くためには、どのような資質が役立つか?

  • 戦略的な計画を立てる: 自分の成長に不可欠なものに優先順位をつけたら、目標と戦略的な計画を立て、いつどのようにして目標を達成するかタイムラインを作成しましょう。プロジェクトに適切な時間とリソースを割り当てることが出来れば、集中力を高め、優先順位をつけ、必要に応じて協力を得ることができます。計画には、それぞれのステップごとの詳細を盛り込みましょう。

関連記事: コア・バリュー:概要と活用のヒント

職場での成功を測るためのヒント

どのように成果を上げているのかを定義することで、職場での成功を測ることができます。数年後、どうなっていたいのかなどの高い意識を持ちましょう。キャリア全体の成功と同様に重要なのは、将来の機会に備えて現在のポジションで成功することでしょう。現在の仕事のパフォーマンスを測定する場合は、導入したシステムによって、効率的にスキルやパフォーマンスが向上されているか総合的に評価することです。

ここからは、パフォーマンスを評価する際に念頭に置いておくべきことを紹介します。

  • カレンダー管理
  • タスクの優先順位付け、デジタルトレイル追跡
  • ピアレビュー(査読)の活用
  • 定期的な上司とのパフォーマンス・レビュー
  • クライアントからフィードバックを取得

カレンダー管理

定期的にカレンダーを使って、目標に関連したタスクに取り組むための時間をブロックしておきましょう。任意参加の会議がある場合は、会議に出席する代わりにできることは何かを考え参加・不参加を決めましょう。欠席する場合は、事前にメールなどで上司に欠席理由を明確に伝えておくことをお勧めします。

タスクの優先順位付け、デジタルトレイル追跡

プロジェクト管理システムやスケジューリングシステム内でTo Doリストを作ることで、現在取り組んでいる業務とその重要性を再確認することができます。デジタルシステムを使えば、色分けしたり、自分のスケジュールに合わせて容易に優先順位付けすることができ、各タスクがどの程度影響するのか理解することができます。他にも、部下の仕事の進捗や所要時間などを管理できるソフトウェアもあります。デジタルトレイルを使用すれば、常に仕事の進捗を把握することが可能です。

ピアレビュー(査読)の活用

チームの他のメンバーから、どのように成功を測っているのかフィードバックを集めましょう。フィードバックは、有益な情報を得るツールです。自分の測定結果と他のメンバーの結果を比べることで、何らかの一貫性を見つけることができるかもしれません。

関連記事: What Are the Different Types of Workplace Training?

定期的な上司とのパフォーマンス・レビュー

パフォーマンス・レビューの頻度を把握し、上司がどのようにあなたの成功を測っているかフィードバックをもらいましょう。あなたがタスクを確実にこなせるようなテクニックを教えてくれるかもしれません。成功を測る方法を明確にしたいのであれば、できるだけ早く上司に確認しましょう。

クライアントからフィードバックを取得

クライアントと直接やり取りをしている場合は、クライアントにフィードバックを依頼し、クライアントとの関係性・やりとりの成功度合いを測りましょう。役に立つ新しい視点を得ることができるかもしれません。

職場での成果測定方法の一例

上司は通常あなたの成功を測るために、重要業績評価指標(KPI)を設定します。特定のタスクの時間管理をするために、以下のKPIを見直して、職場での成功を測る方法を確認しましょう。

  • 昨日の自分と比較: 職場での成功は見過ごされてしまうこともありますが、毎日時間をかけて、昨日の自分と今日の自分を比べてどう変化したか振り返ってみましょう。自分が仕事をどのように捉えているのか、他人からはどのように見えているのか考えてみると、全く違う自分が見えてくることもあるでしょう。このようなチェックインは、自分の視点を見直すのに有効です。

  • 日々のタスクに費やした時間の割合: もし1つのクライアントに時間をかけすぎているように思うのであれば、最も重要なタスクを特定し、完了までにかかる時間を再確認しましょう。リストを作成し、それを2つの列に分けます。1つ目は、最も重要なタスク、2つ目は完了した時にパフォーマンスに影響を与える度合いです。クライアントの獲得、キャンペーンのアップセルなどがこれにあたるでしょう。このアプローチをすることで、成功を測定する上での現実的な目標を設定し、プロセスを再認識することができます。

  • 年間で重要なタスクに費やした時間の割合: 長期的な目標を測るために、パフォーマンスに影響を与える優先事項をリスト化しましょう。まだ明確に伝えられていない場合は、上司に相談してみてください。仕事がタイムリーに行われていることを確認するために、測定可能な毎日の目標を年間目標の成功に結びつけることができるはずです。

  • 聞き手に向けたコミュニケーションの割合: 同僚や上司との会話の中での、あなたの伝え方を振り返ってみましょう。会話の成功は、あなたが何を伝えるかだけでなく、どれだけよく聞いているかにかかっています。発言内容に加えて、会話の受け止め方や雰囲気に注意を払い、会話の成功を測定してください。相手があなたの発言をしっかりと受け止めているかどうか、あなたが得たい回答に関連したポイントを述べているかどうかを確認することも大切です。

  • 職場の良い人間関係を構築し保つための行動: チームと一貫した会話ができるようになったら、話す内容にパターンがあるかどうか、それが職場での成果や個人的な関係性にどのようにつながっているか確認します。同僚との関係が健全であれば、自分がどの立場にいるのか把握しやすくなります。安定した関係を築くことができるというのは、職場の問題解決ができる適性によるものでしょう。人間関係や周りとの会話を見直すことは、職場での成功を測定するために不可欠です。

関連情報

すべて表示 

バイトで身元保証人は必要?身元保証書を求められた際の対処法を解説!

アルバイト先から身元保証書を求められ、提出する必要があるか悩んでいませんか。今回はアルバイト先に身元保証書を提出する目的や必要性、実際に身元保証書を提出する際のポイントを解説します。

理想の上司とは“○○”な人!部下から見た「理想の上司」の条件とは?

「理想の上司になりたい」「部下から尊敬されたい」と、日ごろから思っている人も多いのではないでしょうか。人望の厚い上司になることで、チームの結束力が高まるだけでなく、自身の評価アップにもつながるでしょう。そこで今回は、「理想の上司になるメリット」や「部下から見た理想の上司の条件」を紹介します。