キャリア開発

これで解決!朝礼ネタ“7選”&聞いてもらえる朝礼スピーチの作り方

「朝礼のネタ探しにいつも時間がかかる」「スピーチでうまく話せない」など、朝礼に頭を悩ませる人も多いかもしれません。ですが、王道のネタと話の組み立て方さえ知っておけば、朝礼に対する苦手意識も克服しやすくなるでしょう。今回は、すぐに試せる「朝礼ネタ“7選”&スピーチの作り方」を紹介します。

すぐ使える!朝礼ネタ“7選”

まずは、朝礼のスピーチで重宝する話題を7つ紹介します。

(1)時事・ニュース

オーソドックスな話題のひとつが、「時事ネタ」です。たとえば、政治上の出来事や経済の状況、最近のヒット商品、スポーツの試合結果などが挙げられます。最新のニュースは誰もが気になるネタなので、興味も引きやすいでしょう。また、TVニュースやネット記事ですぐに情報収集できるので、準備しやすいのもメリットです。

(2)業界の動向

自社の属する業界の話題も、興味を持って聞いてもらいやすいでしょう。たとえば、競合他社の動向や市場についての予測、業界における最新トレンドなどを紹介します。普段の仕事に直結している情報なので、聞いている人の学びにもつながりやすく、「役に立った」と思ってもらいやすいのが特徴です。

(3)名言・本

歴史上の偉人や各界の著名人が残した「名言」も、朝礼で使いやすいネタです。有名人の発した言葉には説得力があるため、聞く人の印象にも残りやすいでしょう。また、最近読んだ本から知識やノウハウを共有するのも、ひとつの方���です。特に仕事に生かせる内容であれば、聞く人の学びにもつながります。

(4)雑学・豆知識

雑学や豆知識も、使い方によっては朝礼ネタに適しています。たとえば、「今日は何の日」か解説したり、オフィスで快適に過ごすための健康法を紹介したりするのもよいでしょう。多くの人が知らないような豆知識であれば、聞いている人に驚きを与えることができ、集中して聞いてもらいやすくなります。

(5)季節

季節や天気にまつわるネタは、日常生活に関わることなので共感してもらいやすい話題です。たとえば、今後の気象情報、季節ごとの快適な過ごし方などを紹介します。また、シーズン商品を扱っている企業や部署であれば、季節による販売状況の変化や売り方の工夫などを共有すると喜ばれるでしょう。

(6)自分の体験

わざわざ情報を探さなくても、自分の体験をネタにするのもひとつの手です。たとえば、仕事における成功、または失敗体験や休日の出来事、消費者として他社のサービスを受けてみた感想などを紹介します。実体験をもとに語れるので、話を組み立てやすく、説得力も持たせやすいでしょう。

(7)家族や知人のこと

家族や知人にまつわる出来事も、朝礼ネタの宝庫です。たとえば、家族が言った何気ない一言や友人の面白いエピソード、知人から聞いた他業界の話など、さまざまな話題が使えます。家族や知人の話をすることで、家族構成や交友関係が自然と伝わるので、周囲に自分を知ってもらう機会にもなるでしょう。

朝礼スピーチの組み立て方とは?

朝礼スピーチは漠然と話すのではなく、構成を意識すると相手に伝わりやすくなります。以下のような【つかむ】→【広げる】→【主張する】という3段構成は、伝えたいことを整理しやすいのでぜひ参考にしてみてください。

(1)【つかむ】話題について簡単に触れる

まず話の方向性を伝え、聞き手の興味を引くためのパートです。たとえば、「新聞で読んだ“駅の手すり”についての話が業務に生かせると感じたため、お話しします」というようにスピーチの方向性を伝えます。また、「皆さん、駅で“波状の手すり”を見かけたことはありませんか?」と質問を投げかけ、興味を引きつけるのもよいでしょう。

(2)【広げる】話を深掘りする

ここは、具体的なニュースや出来事を伝えるパートです。たとえば、「波状の手すりは、水平部分と垂直部分を交互に配置することで、滑りにくくする効果があります。高齢者の方も多く利用するインフラ施設だからこそ、利用者への配慮が行き届いているのですね」という風に伝えます。言いたいことを簡潔に伝えるのがポイントです。

(3)【主張する】自分の学びを伝える

最後は「テーマから学んだことや業務に生かせること」を話すパートです。たとえば、「利用者への配慮が必要なのは、普段の業務でも同じだと思います」「企画書や営業資料ひとつでも、読む人の視点に立って工夫したいですね」というように自分の主張を伝えます。聞く人にとっての学びも意識することで、より有意義な話になるでしょう。

まとめ

「王道ネタ」と「話の組み立て方」を知る者は、朝礼スピーチを制します。ぜひ日々の朝礼で実践しながら、苦手意識を克服してみてください。

関連情報

すべて表示 

もう困らない!アイスブレイクのネタや方法を商談・会議・研修に分けて紹介!

アイスブレイクは、商談や会議、研修などで参加者同士の距離を縮める効果があります。「アイスブレイクのネタがなくて困っている」という人も多いかもしれません。そこで今回は、場面に分けてアイスブレイクのネタや方法を紹介します。

「仕事を辞めたい」と思ったとき、とるべき“5つ”の行動とは?

人間関係のストレスや給与への不満などを理由に、仕事を辞めたくなるときもあると思います。勢い任せに転職や退職を選んで、あとから後悔するケースも珍しくありません。そこで今回は、「仕事を辞めたい」と思ったときに考えるべきことやとるべき行動を紹介します。