マイヤーズ・ブリッグスタイプ指標(MBTI)の16パーソナリティを知ろう

著者Indeed キャリアガイド編集部

更新:2022年8月30日 | 投稿:2020年10月13日

更新:2022年8月30日

投稿:2020年10月13日

Indeed キャリアガイド編集部は、さまざまな分野の知識を持つ才能豊かなライター、研究者、専門家のメンバーで構成されています。Indeed のデータと知見を駆使して、あなたのキャリア形成に役立つ情報をお届けします。

キャリアの選択肢を検討する際によく使われている性格診断テストの1つが、マイヤーズ・ブリッグスタイプ指標®(MBTI®)です日本MBTI協会公認のオンライン体験セッション(有料) はこちらから受検できます。

この評価指標は、自分の物の見方や意思決定の方法など、自分の性格への理解を深めるための枠組みとなるものです。16のマイヤーズ・ブリッグスの性格タイプを活用することで、職場の同僚への理解を深め、うまくコミュニケーションを取る上で役立ちます。

この記事では、自分のマイヤーズ・ブリッグスの性格タイプや、それぞれの性格タイプに向いている職場での役割をご紹介します。

16のマイヤーズ・ブリッグスの性格タイプとは

16のマイヤーズ・ブリッグスの性格タイプは、次の4つのカテゴリーに分類されます。

外向型(E)または内向型(I)

最初のカテゴリーは、努力や思考の方向性と関連しています。

他者とのやり取りや物の見方などについて、自分の外側に向かって働きかける傾向がある場合は外向型である可能性が高く、発想や信条、情報の読み解きや分析など、内側に向かってエネルギーを使うのが好きな場合は、内向型です。

感覚型(S)または直観型(N)

マイヤーズ・ブリッグスの性格タイプの2つ目のカテゴリーは、情報を処理する方法によって決まります。

目に見えるものや直接的な経験、または事実に基づいて情報を処理する傾向がある場合は感覚型で、評価や直感から学ぶ場合は、直観型である可能性が高いです。

思考型(T)または感情型(F)

その次のカテゴリーは、意思決定を行う方法に関連しています。思考型の人は、論理に基づいた意思決定を行います。感情型の人は、状況に対して感情的に反応する傾向があり、感情に基づいた意思決定を行います。

判断型(J)または知覚型(P)

最後のカテゴリーは、日常生活でどの程度の秩序を必要とするかで判断されます。

組織や長期的な計画を優先する場合は、判断型であるということを示しています。どちらかというと状況に適応して対応する人は知覚型です。

関連記事:マイヤーズ・ブリッグスタイプ指標(MBTI)を仕事で活かすには?

仕事選びのヒントが見つからる!エニアグラム適職診断へのバナー
無料診断はこちら

マイヤーズ・ブリッグスの性格タイプ

マイヤーズ・ブリッグスの性格タイプは、職場の同僚への理解を深め、うまくコミュニケーションを取る上で役立ちます。

次に、16の性格タイプをご紹介します。

管理者型(ISTJ)

内省的な思考と、論理と秩序へのこだわりを合わせ持つ管理者型(ISTJ)は、職場で高いスキルを発揮します。

管理者型は、職場では事務職や経理職など、情報整理力が必要とされる職種で優れた能力を発揮し、頻繁に監視したり管理しなくても高い成果を挙げられます。

また、管理者型は学びを重視しているため、さまざまなスキルの習得を目指し、キャリアアップして新たな責務を引き受けることができます。

関連記事:管理者型 (ISTJ) におすすめの職業

巨匠型(ISTP)

巨匠型(ISTP)は管理者型(ISTJ)と似たタイプですが、日常では秩序にさほど縛られることはありません。巨匠型は、職場では職人や建築、デザインなどの実務的な分野に適性があります。

学びや内省的研究への興味が、高い成果を生むためのスキルの向上に役立つ一方、時折見せる瞬発力や常識にとらわれない行動力により、独自の様式を生み出すのに必要な、クリエイティブな発想を得ることができます。

巨匠型は、単独作業が中心となる仕事を好む傾向があるため、積極的に解決策を講じる必要がある職務において、優れた業績を挙げることができます。

関連記事:巨匠型(ISTP)におすすめの職業

擁護者型(ISFJ)

擁護者型(ISFJ)は、自分の直接の経験に基づいて情報を処理し、厳格なガイドラインに従って働くことを得意とする傾向があるため、サービス業や医療関連の職種に適性があります。

擁護者型は、自分の感情を敏感に察知し、周囲の人にエンパシー(共感力)をもって接することができます。職場では、分析力やサポート力を活かせる職務に向いています。

関連記事:擁護者型(ISFJ)におすすめの職業

冒険家型(ISFP)

冒険家型(ISFP)は、クリエイティブな仕事との親和性が高く、単独で行う作業で高い能力を発揮する傾向があります。

冒険家型は個人的な経験に基づいて判断することを好みますが、論理的な思考に縛られるよりも、最初に自分がどういう反応をしたかや、どう感じたかを大切にしながら意思決定を行えるタイプと言えるでしょう。

職場では、周囲の人と良好な関係を築くことができ、コミュニケーション能力に優れ、上司の監督がほとんどない状態でも仕事をこなします。

関連記事:冒険家型(ISFP)におすすめの職業

建築家型(INTJ)

建築家型(INTJ)はクリエイティブかつ論理的な考え方を持ち、戦略的な計画の立案などに優れた能力を発揮します。

内省や評価など、自分と向き合う時間を楽しみ、詳細に練られた計画に基づいて働くことを好むため、そのような職種への高い適性を持っています。

職場では、チームを統率してプロジェクトを完了する才能を活用し、プロジェクトマネジメントなどの分野で高い能力を発揮します。

関連記事:建築家型(INTJ)におすすめの職業

論理学者型(INTP)

論理学者型(INTP)は、慣習に縛られない職場で高い能力を発揮する、クリエイティブな発想の持ち主です。

自分のやり方でタスクに取り組める、発想力の自由がある職場を好み、可能であれば、プロジェクトが完了するまで直接の監視がほとんどない職場を求める傾向があります。

論理学者型は論理的結論に基づいた意思決定を好みますが、これまでのやり方に挑戦し、タスクを効率化する方法を見極めることにやりがいを感じます。

そのため職場では、チームの一員として働くことが得意で、ブレインストーミングやディスカッションを主導する職務に向いています。

関連記事:論理学者型(INTP)におすすめの職業

提唱者型(INFJ)

提唱者型(INFJ)は、他者がより上手に組織などの枠組みに適応するのを支援するような、人事やカウンセリングなどの分野に惹かれます。

状況を読み、自身の経験に基づいて他者と関わる能力が高く、周囲の人との絆を深めることができます。

職場では、秩序や決まりを重視する傾向にあるため、周囲の人が研修を受けたり新しいアイデアを学んだりする際にサポートできます。

関連記事:提唱者型(INFJ)におすすめの職業

仲介者型(INFP)

仲介者型(INFP)は、創造性に富んだ内向型の人です。

日常では直観的で感情的なアプローチをとり、自分の気持ちを重視します。また、ガイドラインの制約がなくても、発想力を活用できるようなオープンな職場環境を好みます。

職場では、企業の長期戦略に取り組み、目標を細分化して周囲の目標達成を支援するような職種で能力を発揮できます。

関連記事:仲介者型(INFP)におすすめの職業

幹部型(ESTJ)

幹部型(ESTJ)の人は、企業内での管理や統括を行う職種に適性があります。

外向型のため、他者と協力するのが得意な一方で、命令を重視する傾向があり、企業のガイドラインに従ってチームを管理するのに長けています。

多くの場合、より創造性に優れた複数のスタッフメンバーとチームを組むことで、高い成果を生み出すことができます。

関連記事:幹部型(ESTJ)におすすめの職業

起業家型(ESTP)

起業家型(ESTP)は意欲に溢れた性格で、ガイドラインを解釈することを好みます。協調性があり、データや事実を分析することで意思決定を行います。

これまでのやり方に基づいたアプローチを取ることがほとんどである一方、収集した情報を応用し、新しい方法を追求する傾向があります。

多くの場合、起業家型は、その分野での革新者であり、創造性と革新性を発揮できるようなオフィス環境で成果を発揮することができます。

関連記事:起業家型(ESTP)におすすめの職業

領事官型(ESFJ)

領事官型(ESFJ)は、医療関連職やサービス業など他者の感情やニーズを理解することが必要となる仕事と体制の整った職場が向いています。

領事官型は几帳面で、定められた役割や手順に沿って働くことを好みます。

また、他者の心を読み、快適な職場環境を作ることに長けているほか、同僚の悩みに耳を傾け、問題解決を手助けする傾向にあります。

関連記事:領事官型(ESFJ)におすすめの職業

エンターテイナー型(ESFP)

エンターテイナー型(ESFP)は、パフォーマンスの分野で働く人に最も多く見られる性格タイプです。

エンターテイナー型は天性の外向性を持ち、人前で自分を表現することが苦になりません。臨機応変に対応し、自分や他者の感情にしっかりと注意を払うことで、大きな成果を挙げることができます。

柔軟な職場環境を好み、プレゼンテーションやディスカッションを主導することを好みます。

関連記事:エンターテイナー型(ESFP)におすすめの職業

指揮官型(ENTJ)

指揮官型(ENTJ)に分類される人は、マーケティングや製品開発など、クリエイティブな分野でのリーダーシップの役職で高い能力を発揮します。

チームを指揮する能力を持ち、論理的で体系化された手法でタスクを完了させることを好むため、プロジェクトのスケジュールを維持することにつながります。

職場では、改善の機会を見出すことに長けており、共通の課題に対する革新的な手法を生み出すことができます。

関連記事:指揮官型(ENTJ)におすすめの職業

討論者型(ENTP)

討論者型(ENTP)は外向的で、非常に分析的な性格です。

柔軟な発想で問題に対する解決策を考えることを好み、一般的ではない行動を取ることのできる環境で能力を発揮します。

こうした特徴に加え、感情よりも論理を重んじることに強い信念を持っているので、多数の情報を分析し、新しく、より効果的な手段を見つけることのできるタイプでしょう。

職場では、データを評価して新しいプロセスを導入する必要がある分析的な仕事や、目標を重視するプロジェクトに向いています。

関連記事:討論者型(ENTP)におすすめの職業

主人公型(ENFJ)

主人公型(ENFJ)は、魅力あふれる性格で、どんな職場でもすぐに馴染むことができます。

自分の感情を把握し、周囲の感情に深い共感を持てるタイプですが、きちんと定められた決まりに従って働くことを好みます。

こうした能力は、教育や管理など、組織的な仕事が重視される、さまざまな業界や役職に適用することができます。

主人公型は忠誠心が高く、エンパシー(共感力)に優れており、チームの一員として高い成果を挙げることができます。

関連記事:主人公型(ENFJ)におすすめの職業

広報運動家型(ENFP)

広報運動家型(ENFP)に分類される人は、多くの場合、魅力的で外向的です。職場では、大きなグループで働くことで能力を発揮し、独自の計画を立て、自分が提案した解決策の実用性を熱心に弁護します。提案の論理的な価値観を評価するよりも、その提案の感情的な魅力を評価することに興味を持ちます。

関連記事:広報運動家型(ENFP)におすすめの職業


こちらの記事もおすすめです