キャリア開発

マイヤーズ・ブリッグスタイプ指標(MBTI)の16パーソナリティを知ろう

どのキャリアパスに進むかについては、さまざまな要素が決断に影響を与えます。スキルや興味、希望給与、職責、ワークライフバランスに加え、性格タイプも考慮すべき要素の1つです。これには、職場での他者との関わり方や情報処理の仕方、意思決定の方法なども含まれます。

キャリア機会に関連するものとしてよく使われている性格診断テストの一つが、マイヤーズ・ブリッグスタイプ指標(MBTI)です。MBTI は、物の見方や意思決定の方法など、自分の性格についてより理解を深めるためのフレームワークを提供する診断テストです。

マイヤーズ・ブリッグスタイプ指標(MBTI)の16パーソナリティとは

マイヤーズ・ブリッグス性格診断テストでは、4つの分類に基づいて16の性格タイプを特定しています。物の見方や他者との関わり方の違いについて、各カテゴリーを二分法で分類しています。マイヤーズ・ブリッグスの4つの分類は、次の通りです。

  • 外向型 VS 内向型:努力や思考の方向性と関連しています。他者とのやりとりや物事との関わり、物の見方などについて、自分の外側に向かって働きかける傾向がある場合は E (外向型) である可能性が高く、逆に、発想や信条、情報の読み解きや分析など、内側に向かってエネルギーを使うのが好きな場合は、I (内向型) です。

  • 感覚型 VS 直観型:情報処理のやり方を示します。直接見たり経験したことに基づいて情報を処理する傾向がある場合は S (感覚型) で、実体験よりも、問題を熟考することから学ぶ場合は、N (直観型) である可能性が高いです。

  • 思考型 VS 感情型:人生でどのように意思決定を行うかに関係しています。T (思考型) の人は、論理に基づいた意思決定を行います。F (感情型) は、意思決定の流れに感情を重視し、状況に応じた意思決定をします。

  • 判断型 VS 知覚型:日常生活でどの程度の秩序を必要とするかで判断されます。組織や長期的な計画を優先する場合は、J (判断型) であるということを示しています。どちらかというと状況に適応して対応する人は P (知覚型) です。

関連記事:16 Personalities ガイド: 16性格タイプ

マイヤーズ・ブリッグス性格タイプ一覧

各タイプの特徴を見ることで、自分に最適なキャリアパス、理想的な職場環境、働き方、周囲の人との関わり方などをより深く知ることができます。16性格タイプは以下の通りです。

1. 管理者型(ISTJ)

性格タイプ
おすすめの職業

2. 巨匠型(ISTP)

性格タイプ
おすすめの職業

3. 擁護者型(ISFJ)

性格タイプ
おすすめの職業

4. 冒険家型(ISFP)

性格タイプ
おすすめの職業

5. 建築家型(INTJ)

性格タイプ
おすすめの職業

6. 論理学者型(INTP)

性格タイプ
おすすめの職業

7. 提唱者型(INFJ)

性格タイプ
おすすめの職業

8. 仲介者型(INFP)

性格タイプ
おすすめの職業

9. 幹部型(ESTJ)

性格タイプ
おすすめの職業

10. 起業家型(ESTP)

性格タイプ
おすすめの職業

11. 領事官型(ESFJ)

性格タイプ
おすすめの職業

12. エンターテイナー型(ESFP)

性格タイプ
おすすめの職業

13. 指揮官型(ENTJ)

性格タイプ
おすすめの職業

14. 討論者型(ENTP)

性格タイプ
おすすめの職業

15. 主人公型(ENFJ)

性格タイプ
おすすめの職業

16. 広報運動家型(ENFP)

性格タイプ
おすすめの職業

関連情報

すべて表示 

映画「WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜」に学ぶ 仕事選びに悩んだ時にモチベーションを上げる考え方

どんな進路が自分には合うのか、どんな仕事を選べばいいか、悩んだ時にモチベーションを上げる考え方を映画「WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜」から紹介します。

目標達成のコツや方法について解説!達成できる目標設定の考え方、フレームワークも紹介。

ビジネスをしていく中で、会社から目標設定をするよう求められる場合があります。本記事では、目標設定の方法がわからない人や、目標設定をしても毎回達成できない人へ向けてコツや具体的な方法を解説します。