【おれたちの仕事メシ】Web制作会社社員が通う恵比寿の「ナナホシ」

著者Indeed キャリアガイド編集部

投稿:2022年10月20日

Indeed キャリアガイド編集部は、さまざまな分野の知識を持つ才能豊かなライター、研究者、専門家のメンバーで構成されています。Indeed のデータと知見を駆使して、あなたのキャリア形成に役立つ情報をお届けします。

気分を開放してくれる「仕事メシ」ポイント

Web制作会社に勤め、毎日オフィスでパソコンと向き合っているYさん。「仕事以外ではつい開放的な空間に行きたくなってしまう」というYさんのお気に入りが、恵比寿にある居酒屋「ナナホシ」です。

おしゃれな照明が照らす店内は開放的で、一見すると居酒屋には見えず、どんな人でも立ち寄りやすい雰囲気。

店内にはカウンター席や半個室のような空間もあり、1人でしっぽり飲みたいときや、友人と一緒に楽しく飲みたいときなど、シチュエーションを問わず利用しやすいのが人気の理由です。

また、お店の入り口脇にもカウンターが設置されているので、夜風に当たりながら飲みたい人にもおすすめです。

『ナナホシ』の「ラーズーチー」

居酒屋の王道メニューから、アジアン料理、「雲丹(うに)TKG」などの珍しい一品までそろう「ナナホシ」。盛り付けもきれいでアジアン料理も食べやすく、種類豊富なお酒との相性もぴったりです。

そんな「ナナホシ」でYさんがおすすめするメニューは、「ラーズーチー(鶏唐の唐辛子炒め)」(税込935円)。

「揚げたての鶏肉と甘いネギ、刺激満点の唐辛子が相性抜群です。唐揚げ自体にもしっかり味付けされていておいしいです!山椒(さんしょう)のゆっくりくる辛さと、唐辛子のガツンとくる辛さがクセになります」とYさん。

おなかがすいているときには最初に頼んで、ごはんと一緒に味わうこともあるのだそう。

ナナホシのラーズーチー

Yさん:居酒屋に行くと大体どこも同じメニューが多くて、選ぶ食事もお酒も偏りがちなのですが、「ナナホシ」のメニューには普段食べないような食事もあるので、ついチャレンジしてみたくなります。

定番の「はんぺんのいそべあげ」もおいしいし、アジアン料理の「シシグ」や、ドリンクでは「​​自家コーヒー酒」などユニークなメニューもそろっています。どれも作られる過程で試作を何度も繰り返しているそうです。

忙しい時間帯を除けば、店員さんも気さくで話しやすくて、食事やお酒のこだわりを聞くのも楽しいですよ!

お店情報

店名:ナナホシ
URL:https://www.instagram.com/nanahoshi_ebisu/


関連記事

【おれたちの「仕事メシ」】マーケターが通う恵比寿の「婁熊東京」

こちらの記事もおすすめです