【4コマ漫画でわかる】リモート?出社?どちらも許可が降りている場合の選択基準

著者Indeed キャリアガイド編集部

投稿:2021年12月6日

Indeed キャリアガイド編集部は、さまざまな分野の知識を持つ才能豊かなライター、研究者、専門家のメンバーで構成されています。Indeed のデータと知見を駆使して、あなたのキャリア形成に役立つ情報をお届けします。

リモート?出社?迷ったらどちらにするべき

リモートワークと出社勤務のどちらにすべきか迷った際は、仕事の生産性が維持される働き方を選択しましょう。自分で判断できない場合は、上司やチームメンバーと相談して決めることもおすすめです。

【4コマ漫画でわかる】リモート?出社?どちらも許可が降りている場合の選択基準
画像の説明

4コマ漫画
漫画1コマ目:自宅でPCをみながら、役員からのメール通知に気づく
若手社員「うわ、怖い役員からメールだ・・・」
漫画2コマ目:若手社員PCをみてあせる
会社の役員からのメール
(タイトル:全社員対象の重要会議
時間:10時〜、出社かオンラインかは任せます、私は会社で話します。)
若手社員「重要な会議って書いてあるな・・・出社かオンライン選べるのか」
漫画3コマ目:若手社員空気を読んで出社を検討する
若手社員「役員も出社するみたいだし、空気読んでここは出社だな 他の人たちも出社するだろ」
漫画4コマ目:次の日、会社での重要会議の様子
怖い役員(怖そうに)「重要会議をはじめます、司会進行を頼んだぞ」
若手社員「(僕以外全員オンライン・・・・)」

いかがでしょうか?

最近では、多様な働き方に対応するために、リモートワークと出社勤務どちらも併用している企業が増えてきました。しかし、慣れない働き方にどちらを選択することが最善なのか、わからない方も多いでしょう。そこで、リモートワークか出社勤務を選択する際の基準を解説します。

リモートか出社を決める選択基準

どちらのほうが効率がよいか

自分が置かれている立場や環境を把握し、どちらの方が効率がよいか考えましょう。一人で完結する作業や、オンラインでもチームと連携が可能であれば、自分の働きやすい環境で働けるリモートワークがおすすめです。

また、新チームが発足したばかりや、新入社員の教育期間など他社員と対面で業務に取り組んだほうが効率がよいのであれば、出社勤務がおすすめです。

モチベーションが保たれるか

仕事のモチベーションが保たれるかどうかで判断しましょう。在宅でリモートワークを行う場合、仕事のオンとオフの切り替えがしづらいこと、周囲に一緒に頑張れる同僚や上司がいないことから、モチベーションが保たれない可能性があります。

関連記事:在宅勤務で仕事に集中する方法

雑談しやすい環境や喜怒哀楽を他人と近くで共有できる環境は、作業を進める上でのメリハリ、モチベーションにもつながるため、人と直接触れ合いながら仕事をしたい方は出社勤務を選択しましょう。

セキュリティリスク

機密情報を取り扱う仕事は、会社で行いましょう。
ときには、顧客の個人情報などが入った書類を閲覧したり、取引先の情報の入った資料を印刷する場合もあるでしょう。これらを紛失してしまうと、第三者の手に渡り、情報漏えいの恐れがあります。

会社であれば、万が一紛失をしたとしても、見知らぬ人に情報を持ち出されるリスクも下がります。
また、即座に上司に報告をしつつ、周りの関係者にも協力を仰ぐことで、紛失物が見つかることもあるでしょう。
このように、セキュリティーリスクの観点から出社した方が良い場合もあるでしょう。

関連記事:在宅勤務でやる気を継続するためには

こちらの記事もおすすめです