生産性を高めるワークスペース作りのヒント|自宅で集中するには?

著者Indeed キャリアガイド編集部

更新:2022年9月2日

投稿:2020年5月31日

Indeed キャリアガイド編集部は、さまざまな分野の知識を持つ才能豊かなライター、研究者、専門家のメンバーで構成されています。Indeed のデータと知見を駆使して、あなたのキャリア形成に役立つ情報をお届けします。

新型コロナウイルスが各国に影響を与え続けており、多くの人々は家族や同居人たちと限られた空間で仕事や普段の生活など長い時間を一緒に過ごしています。場合によっては、この課題を解決する新しい方法を見つけなくてはならないでしょう。この期間、あなたと同居人との間には、異なるニーズと優先順位があるかもしれません。生産性を維持し、良好な関係を保つために同居人と空間を共有する際のヒントをいくつかご紹介します。

関連記事: 子どもを持つ保護者のためのテレワークガイド 

ソーシャルディスタンスを保ちながら自宅でワークスペースを共有するためのヒント

以下の点に留意することで、より快適にご自宅のワークスペースを同居人と共有することができます。

1. ニーズについて話し合う時間を設けましょう

この期間、あなたと同居人にはおそらく異なるニーズと優先順位があります。 リモートワーク、オンライン教育、個人および専門能力開発、突然の失業、セルフケアなどは、すべて特定のスケジュールと環境を必要とします。 あなたが必要とすること、同居人が必要とすることについて、話し合う時間を見つけましょう。話し合うことは、それぞれの目標に向かって生産性を保ち、誤解を避けるのに役立ちます。

新型コロナウイルスを考慮した共有スペースについて、いつ話し合うか同居人に尋ねましょう。 あなたと同居人は一緒に部屋で長時間過ごしているかもしれませんが、互いに話し合う準備がまだできておらず、感情的になってしまうかもしれません。 コミュニケーションは家庭や環境によって異なりますが、ある家庭では夕食を取りながら話したり、またあえてグループチャットを使用することもあります。それぞれにとって最良の方法でコミュニケーションを取りましょう。

同居人と話し合うときは、お互いに敬意を払い、家の中でも生産的になるために必要なことなどを具体性を持って共有してください。 あなたに求められていることを必ず聞いて、可能な限りその要求に応えるために最善を尽くしてください。 誰もがこの新しい生活様式に適応するため、妥協点を見つけて交渉することが必要になるでしょう。

たとえば、朝からオンライン会議を行う場合、同居人に午前9時から午前11時の間に静かにしてもらうようお願いし、その他の時間はノイズキャンセリングヘッドホンを着用して、音楽を楽しんだり、 自由に会話をして過ごしてくださいと提案します。 相手の行動ではなく自分のニーズに焦点を合わせると、会話が簡単になります。

2. 可能であればワークスペースとリソースを共有する

家の中のすべての人が同時に作業するのに十分なワークスペースがない可能性があります。望ましい仕事環境について同居人とコミュニケーションをとりましょう。大きな窓の前や最高のラウンジチェアなど、より人気のあるエリアがある場合は、誰にとっても公平で平等なスケジュールを作成してください。適切なワークスペースをローテーションで使用できるようにスケジュール調整をしましょう。

また、あなたや同居人は家の中で快適に仕事をするために必要なものをすべては持っていない可能性もあります。もし気にならなければ、家の中での仕事が楽になるアイテムをお互いに共有すると、より快適なワークスペースになります。貸し借りしするものは、必ず衛生ガイドラインに従って、使用する前後にすべて消毒してください。

同居世帯のワークスペースを改善できる一般的なアイテム:

  • 予備のキーボードまたはマウス

  • ノイズキャンセリング機能搭載のヘッドフォン

  • 使っていない、または追加のモニター

  • 枕、ラップトップスタンド、フットレストなどの便利で体の負担を軽減するアイテム

  • 充電ケーブルと延長コード

3. 集中力を維持するために、 仕事の段取りをつけて同居人に共有する

事前にあなたの勤務時間を同居人に共有しましょう。対応できない時間帯を同居人に伝えることで、気を散らすことを最小限に抑えて集中力を維持できます。また個別の部屋がある場合は、勤務スケジュールをドアの外に張り出したり、共有のカレンダーに書き出すことをおすすめします。

仕事の段取りをつけることは、仕事に集中でき、生産性が向上します。リモートワークには利点がありますが、同じ空間で仕事と生活を両立させることは難しい課題もあります。家庭や個人的な計画は、家庭内でプロフェッショナルとパーソナルの間に隔てるものがない時に魅力的な気晴らしになることがあります。
時間をブロックし、特定のプロジェクトに集中するように予定を立てると、集中力を維持できます。ストレッチや短いポッドキャストを聴くなど、定期的に休憩を取ることも忘れないでください。そうすることで、燃え尽き症候群を防ぎ、生産性を維持するのに役立ちます。

関連記事: ポモドーロ・テクニックを活用して時間を味方につける

4. 物理的な距離を作る

ワークスペースを同居人と共有することは、どんな状況であっても難しいことがあります。あなたと同居人との間に物理的な距離を作ることは、同居人との平和な暮らし、働き、付き合いに役立つことがわかると思います。この物理的な距離により、同居人が配偶者、家族、または親しいルームメイトであっても、お互いが幸福で関係もより良くなるでしょう。

狭い家の中でも、あなた自身や他の人に対して感情的、物理的、または精神的にスペースを作る方法はたくさんあります。新型コロナウイルス感染症対策の中、同居人からの距離を意図的に作る方法に関するいくつかのアイデアを次に示します。

  • 自分用に静かな時間を設けましょう。英気を養うため同居人に一人になれる時間を作ってもらえるようお願いしてください。本を読んだり、エクササイズをしたり、映画を観たりするなど、楽しい時間を数時間過ごします。そのような一人の時間が必要な場合は、合図をおくることを検討してください。

  • 一人でいるような感覚を生み出すために同居人に背を向け、ヘッドフォンを着用してください。

  • 同居人と一緒に過ごす時間と一人で過ごす時間をそれぞれ確立します。夜の映画やコーヒーブレークなど一緒に過ごす予定も立てましょう、一緒に過ごす予定を立てると、交流時間以外は専門性を必要とした仕事に集中しやすくなります。

  • 一緒に住んでいる人に敬意を持って適度な距離感と時間を求める練習をし、またあなたも同居者が必要とする適度な距離を保ち時間を与えましょう。

5. あなた自身も同居者も忍耐力が肝心

この期間であなたと同居者は互いへの忍耐力と共感力を身につける練習をしましょう。不確かなことに対する人々の反応はさまざまです。仕事や生活に関するお互いのニーズを尊重した空間を作るためには、多少の努力とコミュニケーションが必要になります。それはお互いを支え合い、生産的で良好な関係を保つのにとても役立ちます。

関連記事

子どもを持つ保護者のためのテレワークガイド|対策とコツを一挙紹介!

こちらの記事もおすすめです