キャリア開発

キャリアアップに今すぐ役立つ14の短期目標

仕事の短期目標を設定することで、特定の期間の目的が定まり、キャリアアップの道を着実に進むことができます。職種や役職を問わず、キャリアパスの過程に達成できそうな中間目標を設定すると、仕事の効率が上がることがあります。仕事の短期目標を設定することは大切ですが、目標を達成するためには絶えず懸命に努力することが必要です。この記事では、短期目標がキャリア開発に欠かせない理由を説明し、仕事の短期目標について種類別に見ていきます。

仕事の短期目標が重要な理由

通常、仕事の短期目標とは、キャリアにおける長期目標を最終的に達成するために設定する小さな目標のことです。短期目標は、複雑な目標をいくつかの小さな目標に分けて達成しやすくする以外に、成功に至る長い過程でモチベーションを保つ役割も果たします。小さな中間目標を設定することにより、絶えず次の目標に向かって努力することができます。

関連記事:キャリアアップのための目標設定

仕事の短期目標の種類

仕事の短期目標には、次のようなさまざまな種類があります。直接キャリアアップに結びつくものもあれば、間接的に作用するものもあります。

  • キャリアに関する短期目標
  • お金に関する短期目標
  • 学習に関する短期目標
  • 健康に関する短期目標

キャリアに関する短期目標

キャリアに関する短期目標は、仕事の生産性を高めるための小さな変更や調整が一般的で、仕事に直接プラスの影響を及ぼします。この目標には、毎日10分早く出勤する、デスクを整理整頓しておく、といった基本的な内容が当てはまります。他にも、同僚や顧客とのコミュニケーションを改善する方法を学ぶことや人脈を広げること、専門知識や技術を身に付けることなどを目標として設定します。

関連記事:SMARTゴールとは:目標設定に役立つ活用方法と事例

お金に関する短期目標

仕事の目標とは必ずしも直結し��せんが、お金に関する短期目標を設定すると、自分の収入を管理しようという意思が強まるため、仕事に対する長期的な姿勢が改善されます。クレジットカードの利用残高を支払ってなくす、毎月の収入の一部を貯金する、予算を決めて管理する、投資の方法を学ぶ、といった目標は長期的な成果にも結びついていきます。

学習に関する短期目標

教育や資格のレベルを向上していくことで、プライベートな面でも仕事の面でも多くの改善が期待できます。キャリアという観点から見ると、学習面で成果を上げることにより、仕事の長期目標の達成につながる新しいチャンスが生まれます。仕事に関係する研修コースに参加し、学習の進捗がわかるように小さな中間目標を設定することで、長期的なキャリアアップの見通しが良くなります。

健康に関する短期目標

健康で活気に満ちていることは、仕事での成功に不可欠な要素です。そのため、健康状態を改善することは、個人としても社会人としても重要な目標になります。定期的にジムに通う、睡眠時間を増やす、健康的な食事をとる、といったことを心がけると、長期的な目標の達成に必要な活力と自信がみなぎるようになるはずです。

仕事の短期目標の14の例

仕事の短期目標として適切な14の例をご紹介します。

  1. 新しい資格または学位を取得する。
  2. 仕事の評価指標を改善する。
  3. 人脈構築力とコミュニケーション能力を高める。
  4. 転職する。
  5. ワークライフバランスを改善する。
  6. 勤務時間を有効に使う。
  7. 自分のWebサイトを立ち上げる。
  8. 同僚とのコミュニケーションを増やす。
  9. 早めに出勤する。
  10. デスクを整理整頓する。
  11. 読書量を増やす。
  12. 新しいテクノロジーに精通する。
  13. 趣味を始める。
  14. 同僚をよく観察する。

1. 新しい資格または学位を取得する

継続的な学習が短期目標として重要な理由は、新しいテクノロジーや手法の登場により、ほぼすべての専門分野が日々変化しているためです。大学院課程などで適切な教育を受けることによって、キャリアアップの道を確実なものにして、他者との競争で優位に立つことができるようになります。

2. 仕事の評価指標を改善する

仕事の質や量、効率などを評価する指標を改善するという目標は、働き方の改善に直接影響を与えるため、非常にわかりやすい短期目標であるといえます。仕事の評価指標は専門性や所属する企業によって変わりますが、一般的には顧客満足度の向上、指定期日内での全プロジェクトの完了、企業のコスト削減に関連する指標が使用されます。毎日こうした指標の改善に取り組むことで、昇進などの長期目標を達成することにつながるステップを踏んでいくことができます。

3. 人脈構築力とコミュニケーション能力を高める

コミュニケーションをうまく取る方法を学び、自分が関係する分野の専門家と情報交換することは、長期的なキャリア目標の達成に思いがけず役立つことがあります。人脈作りによって業界のさまざまな人とのつながりが生まれ、新しいチャンスが舞い込んでくるかもしれません。人脈作りのチャンスを最大限に活かすには、関係を構築したい相手とうまく交流できるように、コミュニケーション能力を高める必要があります。コミュニケーション能力を磨くと、人脈作りが効率よくできるようになる以外にも、同僚との協力がスムーズになり、優れたチームプレーヤーになることができます。

4. 転職する

新しい職場を見つけることも、仕事の短期目標になります。現在の仕事や企業が自分のキャリアアップに結びつかないようであれば、仕事を変えることでモチベーションと向上心を維持でき、最終的にはあなたが描くキャリアプランに良い影響を与えます。

5. ワークライフバランスを改善する

労働と休息のバランスをうまくとることは、質の良い生活を営む上で欠かせません。上手にバランスをとることで、健康で充実した生活を送りながら、職場で仕事の成果を挙げることができます。このため、自分のワークライフバランスを見極め、心身の健康に影響を与えることなく、仕事における目標を追求するための十分な時間が確保することは、仕事の短期目標にふさわしいといえます。

6. 勤務時間を有効に使う

仕事に費やした時間と生み出した結果は、長い時間をかけて蓄積されていき、長期目標を達成するための指針となります。オンラインで暇をつぶす、友人や家族と電話で話すなど、仕事中に時間を無駄にしてしまう癖を直すことで、生産性を高め、仕事の時間内により多くの成果を挙げられるようになります。

7. 自分のWebサイトを立ち上げる

自分のWebサイトを作ることで、職務経験やスキルをわかりやすく効果的にアピールできます。新しい仕事に応募するときや、仕事での認知度を高めたいときなど、さまざまな場面でメリットがあるはずです。

8. 同僚とのコミュニケーションを増やす

業務や役割の多くは、自分だけでなくチームとしての大きな取り組みの一部です。このため、同僚と円滑にコミュニケーションを取ることで、キャリアで成功する確率が高まります。ランチ休憩や会社のイベントなどで、同僚との交流を深める努力を惜しまないようにしましょう。

9. 早めに出勤する

職場や仕事関連のイベントには必ず15分前に到着する、という短期目標により、長期的なキャリアアップの見通しが良くなるかもしれません。周りに人が少ないときは自分の業務に集中して取り組みやすい上、勤勉で仕事熱心な人というイメージを構築することもできます。

10. デスクを整理整頓する

デスクなどの作業場所をきれいに整頓すると、生産性とやる気が目に見えて高まります。また、このような行動により、几帳面な性格であると周囲の人に示すことができます。

11. 読書量を増やす

業種や職種を問わず、物事は常に進歩していくものです。そのため、新しく学ぶべきことは必ず存在します。仕事に関連する書籍を1か月に最低1冊は読むように心がけてください。新たに得た知識は、長い時間をかけて積み重ねられ、将来どこかの時点で仕事に役立つ資産となるはずです。

12. 新しいテクノロジーに精通する

テクノロジーはほぼすべての分野で絶えず進歩しているため、自分の仕事に関わりのあるテクノロジーに精通することで、将来的に良い成果を挙げる可能性につながります。関連する業界の技術的な進歩に関するオンラインの情報を定期的に検索し,目を通しておくことで、常に最新の動向を把握できます。

13. 趣味を始める

余暇を使って夢中になれることに取り組むと、仕事にも良い影響があります。趣味に打ち込むことで、創造力が刺激され、前向きな気持ちを持つことができるようになり、職場で困難に直面しても対処しやすくなります。

14. 同僚をよく観察する

職場で遭遇するさまざまな状況で、同僚がどのような対応をしているのかを注意深く観察するように努めましょう。特に、自分よりも経験豊かな同僚には意識を向けてください。そうすることで、業務をこなす新しいやり方がわかるかもしれませんし、勤勉で効率よく働いている人が誰なのかを知ることもできます。

関連情報

すべて表示 

モチベーションアップにつながる前向きな仕事の進め方

この記事では、キャリアアップの目標を達成できるよう、仕事に対する前向きな姿勢や意欲を維持する方法を説明します。

インセンティブ制度を導入するための4つの手順

従業員の満足度を維持する方法として、従業員にとって魅力的なインセンティブを支給する制度を作ることが挙げられます。