キャリア開発

正社員として働くメリットとは?これからの時代の働き方を考える

正社員として働くメリット イメージ画像



近年、働き方はますます多様になっています。
転職を検討している方のなかには、最近の時代の流れを見て「このまま正社員として働くべきか」「それとも別の道を選ぶか」、迷っているもいるのではないでしょうか。

変化の大きい時代を迎えた今こそ、改めて正社員として働くメリットを確認しておこうという方のために、本記事では正社員として働くメリットと、これからの時代の働き方をまとめてご紹介します。

正社員のメリット

まずは、正社員のメリットについて考えてみましょう。古くから正社員のメリットとして広く認知されてきた、3点をご紹介します。

安定した収入と雇用

安定した収入と雇用があるというのは、今もあまり変わらない正社員のメリットです。

もちろん、コロナ禍で勤務形態が変わって給与の変動があった、会社が倒産して仕事がなくなってしまったという声も、以前よりは増えてきました。しかし、正社員は非正規に比べれば安定的な収入と雇用がある点は明らかにメリットといえます。

福利厚生の充実

非正規雇用ではその範囲が限られがちな福利厚生も、正社員の場合は多く用意されています。一例を挙げると、住宅手当や施設利用、持株会などがあります。

会社の方針にもよるため、その内容や充実度合いは非正規とほぼ変わらないという場合もあるでしょう。しかし、非正規よりも充実した福利厚生を用意している会社も多く存在します。

社会的信用

正社員として雇われていることで、「正社員として働ける人」という他人からの信用や、ローン審査にとおりやすいなどの社会的な信用が得られます。最近では、非正規雇用であっても安定的に収入があればローン審査に通ることもありますが、比較すると正社員の方がよりとおりやすいです。

正社員にもデメリットはある?

正社員のデメリットとしては、下記4つのものが挙げられます。

1つ目は、異動や転勤があることです。無期雇用契約で長期的に働くことが前提の正社員は、異動や転勤の対象となることが多いです。人員の調整あるいは昇進するためという2つの意味がありますが、いずれにしても雇われている限り辞令が出れば断れません。

2つ目は、残業の多さです。正社員は他の雇用形態に比べて残業が多い傾向にあり、残業代が月給にあらかじめ含んで支給されているケースもあります。
仕組みを大きく変えるか、組織風土が変わらない限り断りにくいため、できるだけ定時内で働きたいという方にとってはデメリットといえるでしょう。

3つ目は、仕事の責任を負うことです。無期労働契約の正社員は長期的な勤務を前提としているため、非正規に比べて仕事の責任を負うことが多いです。管理職でなくても、正社員であれば非正規社員が起こしたミスの謝罪に行くことも多いです。
責任を持てることはメリットでもありますが、他の人の業務に対しても責任を負わなければならないポイントだけ見ると、デメリットといえるかもしれません。

4つ目は副業が禁止されていることです。これは規定がある会社のみ該当しますが、副業が禁止されている会社はいまだにあります。近年は副業解禁をしている会社も多くなってきているので、会社選びのときに副業が禁止されていない会社を選べば、このデメリットは回避できます。

これからの時代も正社員がいい?非正規雇用の方がいい?

これからの時代の働き方として非正規雇用を選び、プライベートと仕事のバランスを取りやすさを取るやり方、あるいは組織に所属せず、一人社長やフリーランスなどで働いていくという方法もあります。
非正規社員であっても最近は同一労働同一賃金の動きもあるため、「別に正社員でなくてもいい」と思う方も増えている可能性もあるでしょう。

具体的に比較しやすくするため、非正規の例として契約社員や派遣社員、その他の働き方として一人社長やフリーランスの特徴、メリットとデメリットをご紹介します。

契約社員や派遣社員

契約社員の特徴としては、有期の雇用契約であるものの正社員とあまり変わらない仕事を担当できるという点です。メリットとしては、異動や転勤などが基本的にはなく、正社員に比べて責任が重たくないということが挙げられます。

デメリットとしては、あまり仕事内容が変わらないのに給与が正社員に比べて低い傾向にあること。これも会社の方針によるため、あまり差が設けられていないこともあります。また、不景気になると有期雇用契約であるため、更新されずに新しい仕事を探さなければならないことが挙げられます。

ただ、平成24年の労働契約法改正*1によって、有期労働契約が繰り返し更新され、それが通算で5年を超えたときは労働者が申し込めば、無期労働契約に転換されることになりました。そのため、この不安は以前より少なくなっているはずです。

派遣社員の特徴としては、勤務先と自分の間に派遣会社が介入してくれる点が挙げられます。雇用契約は派遣会社と発生しているため、勤務先での悩みや不安の相談に乗ってもらえます。

メリットとしては、詳細な希望条件にフィットする仕事があり、多くの案件のなかから選べること。また、継続しなければ短期間で派遣期間が終わるため、さまざまな会社での勤務経験が積める点もメリットといえます。

逆にデメリットとしては、期間満了となればまた勤務先を探さなければならないこと、スキルや仕事によっては時給が低いことが挙げられます。

*1 出典:厚生労働省ホームページ「労働契約法の改正について~有期労働契約の新しいルールができました~」

一人社長やフリーランス

一人社長はその名のとおり、一人で法人を運営する人のこと。フリーランスは個人事業主として法人を持たず、個人で仕事をする人のことです。企業から仕事を受ける際は業務委託契約を結んで仕事を受けます。

一人社長は法人格を持っているので、フリーランスに比べて社会的信用が高く法人との取引がしやすい、赤字の繰越ができる、経費の範囲が広がるなどのメリットがあります。
一方でデメリットとして、うまくいかないと正社員よりも収入が安定しない、一人ですべてを行う必要がある、会社設立費用がかかる、赤字でも法人住民税を支払う必要があることがあげられます。

フリーランスのメリットとしては、売上から経費を差し引いた額すべてが収入になる、働く場所や時間が自由、仕事を選べる、通勤がないため時間を有効に使えるなどがあります。
デメリットは収入の不安定さ、社会的な信用の低さ、確定申告手続きの煩雑さに加えて、一人社長よりは事務処理が少ないものの、一人で対応すべきことが増えるなどがあります。

さまざまな働き方のメリットとデメリットをご紹介しましたが、自分が望む生活に応じて最適な働き方は異なります。まずは自分がどういう働き方を求めているのかを明確にし、それに合った働き方を考えてみることをおすすめします。

まとめ

正社員や非正規、その他の働き方など、最近は自分で働き方を選ぶ人も増え始めています。転職を考えたとき、正社員として働くのがいいのか、それとも他の道が良いのか。改めて考えてみると、メリットやデメリットが気になるという方も多いのではないでしょうか。

今回ご紹介したメリットとデメリットを頭に入れてから理想の生活を考えてみると、本当に選ぶべき働き方が見つかるはずです。自分が納得できる働き方を実現するために、ぜひ参考にしてみてください。

関連情報

すべて表示 

売り手市場とは?買い手市場との違いやメリットとデメリットを解説

就職や転職のハードルが下がるといわれているのが売り手市場です。少しでも有利に就職や転職活動を進めたい場合は、自分の目指す業界が売り手市場か調べることも有効です。ここでは、売り手市場と買い手市場の違い、売り手市場のメリットとデメリットなどをご紹介します。

新しい生活様式が求められる今、これまでの習慣を変えるチャンス

「習慣を変えて毎日を充実させたい」「今までの生活を見直したい」という人に向けて、新しい習慣を定着させるポイントを紹介します。