キャリア開発

面接でいい雰囲気になれば合格?面接の合格、不合格フラグについて

面接 雰囲気 合格



採用面接が終わり合否結果を待つ間は期待と不安から、そわそわして落ち着かないものです。面接時の雰囲気や面接官の態度などを思い出し、結果を予測しては一喜一憂してしまう人も多いのではないでしょうか?
実際、面接官の多くは面接中、それも早い段階で応募者の合否を決めているといわれています。

そこで本記事では、面接時に感じる合格や不合格のサイン、いわゆる「合格、不合格フラグ」を解説したいと思います。

合格を期待できるフラグ

まず、一般的に「合格フラグ」と言われているサインを5つご紹介します。

面接時間が長い

面接官は合格(通過)させようと考えている候補者に対しては、自分の判断の後押しをするために、多くの質問をして情報を得ようと試みます。

よって面接時間が予定より長ければ、「合格フラグ」だと推測できます。

厳しい質問が多い

面接官は候補者の対応力やストレス耐性を評価するために、わざと厳しい質問をすることがあります。「圧迫面接」は良い例といえます。
一方で、早々に「不合格」と決めている候補者に対しては、自社の評価の低下につながるリスクを回避するため厳しい質問は控える場合があります。

よって面接中厳しい質問が多ければ、少なくとも「不合格フラグではない」と考えることもできるでしょう。

他社の選考状況を詳しく質問される

企業は内定を出した候補者が「入社しない」ことを恐れており、入社の可能性を探るためにも、合格させようと考えている候補者に対しては他社の選考状況をより詳しく質問する場合があります。
面接終盤で「他にはどんな企業を受けているのか?」「次の選考スケジュールは?」「複数社から内定を得たらどうするか?」など、他社の選考状況や入社意志を詳しく聞かれた場合、「合格フラグ」である可能性は高いでしょう。

入社日を確認される

現職の退職日、入社可能日を確認された場合も興味を持たれているサインといえます。
ただし、企業や面接官によっては誰にでも聞く定型の質問として入社日を確認することもあるので、これだけで「合格フラグ」だと断定するのは難しいかもしれません。

入社後について詳しく話される

入社後のポストや条件面、業務内容について詳しい話があれば、これも興味を持たれているサインといえます。
しかし、この質問も「自社のことを深く理解してもらうため」「入社後のミスマッチを防ぐため」にすべての候補者に対して説明を実施している場合もあるので、合格フラグではない可能性があることを理解しておきましょう。

不合格となる可能性があるフラグ

続いて、「不合格となる可能性があるフラグ」を4つご紹介します。

面接時間が短い

面接官にとって、合格させるつもりがない候補者に対して長い時間をかけて面接することは、時間の無駄ですし、それは候補者にとっても同じことです。

よって、面接時間が予定より大幅に短い場合、「不合格フラグ」である可能性が高い、ということもできるでしょう。

回答を深堀りされることがない

面接中に「不合格」と決めた候補者に対しても、事前に用意していた定型質問はすべて実施されることは多いでしょう。
しかし、不合格と決めた人に対する判断材料は多くを必要とはしないため、質問の回答に対して深堀りして聞かれない場合があります。

よって、質問に対する回答を深堀りされなかったら、「不合格フラグ」かもしれません。

終始、和やかな雰囲気

不合格とした候補者は「自社の社員」となることはないですが、企業の業態によっては、将来的に自社の顧客や取引先になる可能性も少なからずあります。
つまり不合格者と決めている候補者に対しては、自社のイメージを損ねることがないよう、厳しい質問や態度をとることなく、終始和やかな雰囲気で面接が実施されることもあります。

そっけない態度を取られる

面接官も人間なので、中には「不合格」と決めて興味のなくなった候補者に対して「そっけない態度」を取ってしまう人もいます。
また、不合格にする負い目からか、候補者と目を合わせようとしなくなる面接官もいるので、面接中にこのような態度を取られた場合「不合格フラグ」かもしれません。

合否連絡が遅い=不合格ではない

合否連絡が遅いと不安になりますが、「合否連絡が遅い=不合格」というわけではありません。ここでは合否連絡の時期や連絡が遅くなる理由、合否連絡が来ないときの対処方法をご紹介します。

合否連絡は1週間以内に来ることが多い

合否連絡は、面接後1週間以内に来ることが一般的です。
しかし、募集人数に対して応募者数が多いときは、候補者を比較検討することに時間がかかるため合否連絡は遅くなります。
また、合否はほぼ決まっていても、決定権をもつ方が多忙のため正式決定が遅れるケースもあります。

面接時に合否連絡までの日数を確認しておく

面接時に企業側から「合否結果は1週間以内に電話でご連絡します」など、連絡期日を明示されていれば、「いつ合否結果の連絡があるのか」と不安を募らせることもありません。

しかし実際は、選考に時間がかかる可能性も考慮して期日を明示されないことも少なくありません。
期日を明示されない場合は「合否結果はいつ頃ご連絡いただけますか?」と、こちらから確認しておくと安心です。こちらから期日を確認することで、はっきりした期日を聞けない場合でも、連絡時期の目安を知ることができるでしょう。

いつまでも合否連絡がない場合の対処法

連絡期日をすぎても合否連絡がない、または期日の設定がなく連絡が遅い場合は以下のケースが考えられます。

  1. 業務過多などの理由で合否連絡が滞っている
  2. まだ合否が決定していない
  3. 不採用が決定しているが連絡をしない

連絡期日を過ぎても合否連絡がない場合は、応募企業へ問い合わせるのも1つの方法です。以下の点に気を付けながら問い合わせましょう。

  • 回答期日を過ぎてから、最低でも1日以上空けてから問い合わせる
  • 回答期日が明示されていない場合、最低でも面接から1週間以上は待ってから連絡する
  • 問い合わせる前に、メールの見落としがないかもう一度確認する(迷惑メールフォルダなども確認する)

合格や不合格のフラグは確実ではない

面接には決まったルールが存在しないので、企業によってさまざまなやり方が存在します。
それと同時に、面接官もさまざまな「癖」や「特徴」を持っているため、一般的に「合格フラグ」と言われているサインが面接中に出ていても「不合格」になってしまうこともあります。もちろん逆のケースもあります。

また、決定権者によって結果が覆ることもあるので、合格や不合格のフラグは確実なものではありません。

まとめ

面接官は面接中、早い段階で合否を決めていることが多いため、「合格フラグ」「不合格フラグ」と呼ばれるサインを出すこともあります。
しかし、採用選考は他の候補者と比較して相対評価で行われる場合も多く、また決定権者により合否が覆るケースもあるので、面接中の「フラグ」があてにならないケースが数多く存在します。

たとえ面接中に「不合格フラグ」と思われるサインが出ていても、あまり気にせず目の前の面接に集中し、最善を尽くすことを心がけるようにしましょう。

関連記事:【面接対策】転職活動で最終面接までいけばほぼ採用って本当?聞かれる内容は?

関連情報

すべて表示 

家でできる仕事のおすすめは何?在宅ワークのはじめ方

多様な働き方が推奨されるなか、在宅でできる仕事が増え、子育て中の人や副業を持ちたいという人も仕事を探しやすくなっています。本記事では在宅ワークのメリットデメリット、必要なスキルを紹介します。

定年退職後の仕事の選び方とは?退職前から準備しておくべきスキルやデメリットも解説!

定年後の仕事の選択肢は主に再雇用と再就職の2つがあります。本記事では再雇用と再就職の概要、そして退職前に準備しておきたいことや再就職を成功させるためのポイントを紹介します。