キャリア開発

子育て中の仕事探しで感じる、モヤモヤとの向き合い方

「小さな子どもがいても働きたい」と希望する一方で、働き方や家事との両立、子どもへの影響などモヤモヤとした不安を抱えながら仕事を探している人も多いかと思います。

小さい子どもを育てながら、ブランクがある中での仕事探し。
不安やモヤモヤはつきものとはいえ、少しでも解消して、せっかくなら前向きな気持ちで仕事を探したいですよね。

今回の記事では子育て中の仕事探しで感じる、モヤモヤとの向き合い方をお伝えします。
「働きたい気持ちがあっても、なかなか踏み出せない」という方もぜひ参考にしてください。

仕事探しで感じるモヤモヤの正体とは

「何にモヤモヤとしているのかわからない」という人も、なかにはいるのではないでしょうか。モヤモヤの正体をまずは探っていきましょう。

学歴やキャリアを活かせる仕事ができない

「退職前にキャリアを積んできたから再就職も大丈夫」と思っていざ仕事探しをはじめたら、描いていた理想と現実のギャップにぶつかったなんてことも。

ブランクが長いことからアシスタント的な仕事しかなかったり、即戦力を求められる仕事に応募できなかったり。パートやアルバイトという働き方に、物足りなさを感じる人もいるかもしれません。
時間的な制約から、希望する職種で求人が見つからない場合もあるでしょう。

制約があるため働き方を選べない

制約があることで自分の希望を優先できないという点では、上記の「やりたい仕事ができない」に近しいかもしれません。ただ、働きたい理由は人によって千差万別、やりたい仕事よりもお金や時間を優先する人もいます。

園からの急な呼び出しや子どものお迎え対応のため、稼げるフルタイム勤務や正社員は諦めて、自宅から近い職場で短時間勤務のパートやアルバイトの働き方しか、選択肢がなかったという人も少なくないでしょう。

家事との両立、家族の協力体制に不安

家事育児と仕事の両立は、子どもがいる多くの共働き夫婦が直面する問題です。しかし、家事育児を普段ひとりで担っている人や真面目な人ほど、自分だけの問題として捉えがちです。

子どもが生まれてからも、以前と同じように働くパートナーにモヤモヤすることも。パートナーの職場環境や勤務形態への不満から、「なぜ自分だけが」という思考に陥ってしまうのかもしれません。

子どもへの影響を心配

育児環境が変わることによる子どもへの影響は、どうしても気になりますよね。例えば手づくりおやつなど、今までやってあげられたことができなくなることに、罪悪感を持ってしまう人も。

「子どもが小さいうちは、仕事はセーブするもの」という風潮にとらわれ、もしかしたら働くことに対して、自分自身が前向きなイメージを持てていないのかもしれません。

モヤモヤへの対処法

育児中の仕事探しはどうしても制約が多いため、できないことに目が向きがちです。視点を変えてできないことより、できることにフォーカスしましょう。

条件に優先順位をつける

求人情報の条件に自分をマッチングさせる探し方だと、できない、やりたくないというネガティブな視点になりがちです。希望の求人にたどり着くのにも、時間がかかってしまいます。
まずは譲れない条件を書き出して、仕事探しにおける優先順位を決めましょう。条件が絞られることで探しやすくなります。

仕事探しが長期化すると、焦りや不安から迷いが生じるときもあるかもしれません。仕事探しにおける自分の軸はぶらさずに、絶対に見つかると信じましょう!

将来のビジョンを見据え、キャリアプランを描く

今は希望する働き方ができなくても、子どもが小さい今のうちに仕事の基盤をつくっておくという考え方もあります。
パートやアルバイトでキャリアを積み、子どもが小学生になったタイミングで正社員を目指す、資格を取ってスキルアップするなどもいいでしょう。
将来的にやりたい仕事やなりたい姿を家族に発信し続け、理解や応援を得ていきましょう。

小さな子どもがいても、働くことに罪悪感を持つ必要はありません。親が将来の夢を語り、悩みながらも一生懸命に仕事に向き合う姿を見せることは、子どものキャリア教育にきっとプラスに働くはずです。

家族の協力や外部サービスの活用

就業時間に関係なく、就労すると今までと同じペースで家事をこなすのは困難です。自分だけで悩まずに、パートナーに相談して家事や育児に積極的に関わってもらいましょう。

本格的に仕事を始める前に、パートナーへ家事の分担を働きかけましょう。洗濯物をたたむ、お箸を並べるなど、日頃から子どもにお手伝いをさせるのもおすすめです。
費用はかかりますが、時間や労力を削減するために、食材の宅配や掃除の外注などに頼るのも一案です。

関連情報

すべて表示 

売り手市場とは?買い手市場との違いやメリットとデメリットを解説

就職や転職のハードルが下がるといわれているのが売り手市場です。少しでも有利に就職や転職活動を進めたい場合は、自分の目指す業界が売り手市場か調べることも有効です。ここでは、売り手市場と買い手市場の違い、売り手市場のメリットとデメリットなどをご紹介します。

新しい生活様式が求められる今、これまでの習慣を変えるチャンス

「習慣を変えて毎日を充実させたい」「今までの生活を見直したい」という人に向けて、新しい習慣を定着させるポイントを紹介します。