仕事図鑑

バーテンダーになるには

「バーテンダー」は、「オシャレ」「かっこ良い」などと人気の高い職業です。バーやホテルなどのカウンターでカクテルを作り、会話や店内の雰囲気も交えてお客様を楽しませます。シェイカーを振る姿やカクテルをグラスに注ぐ姿のイメージが強いかと思いますが、バーテンダーには様々な技術が求められるうえに、ピークタイムが夜のため体力も必要になるでしょう。ただし、経験を積んでゆけば自分の店を持つことも可能な、夢のある仕事でもあります。この記事では、バーテンダーの仕事内容や就職方法、収入などを紹介します。

バーテンダーとは

バーテンダーとは、バーの経営や接客業務などを行う業種です。バーがより良い環境になるよう整え、お客様が店内での時間を楽しみ、満足できるように努めます。

バーでは、お客様の注文に応じて様々なカクテルを作るため、お酒に関する豊富な知識とカクテルづくりの高い技術が欠かせません。カクテルは世界中に数千種類あるともいわれており、その場でオリジナルのカクテルを作ることもあります。技術を磨いて様々なカクテルをスムーズに作れるだけでなく、要望に応じたカクテルをおいしく作れるようになれば、バーテンダーとして評価が上がりやすくなるでしょう。

お酒・カクテル・料理などの提供だけではなく、お客様との会話や交流もバーテンダーの大事な仕事です。一般教養や時事ネタ、人をもてなすことなども求められます。お酒だけでなく世の中への好奇心が強く、人と話すことが好きな人に適している職業です。お酒や会話、店の雰囲気などでお客様を楽しませたいと思える人は、バーテンダーの道を考えてみるのもよいでしょう。

バーテンダーの仕事

バーテンダーは、来店するお客様をお酒だけでなく料理や会話、店の雰囲気など様々な方面から楽しませることが仕事です。
メインの仕事は、お酒の提供やカクテルづくりと接客です。シェイカーやミキシンググラスを使い、材料を撹拌したり、空気を含ませてまろやかにしたり、冷却したりしてカクテルを作ります。定番のカクテルから、要望に応じておすすめのお酒の提案やオリジナルカクテルの作成なども行い、お酒を最も楽しめるようなグラスや注ぎ方で提供をします。
また、多くの店では、お酒にあうつまみとして簡単な料理も提供します。調理が不要なものから前日から仕込むようなものまで、料理の内容は様々です。

お酒や料理を提供するためには、事前の準備が重要です。足りないお酒や使う食材などを発注・補充し、予約状況から、ちょうど良い量の氷やカクテルに必要な果物などを予想して仕込んでおかなければなりません。必要に応じて、清掃やメンテナンス、備品チェックなども開店前に終わらせておきます。

営業開始後は、注文があったお酒やカクテルを提供しながら、料理や会話などでお客様を楽しませます。お客様からの話に乗ることも自分から話しかけることもありますが、静かに楽しみたい方のために、喋らないことで心地よい雰囲気を提供するのもひとつの方法です。また、BGMも居心地よく感じられるように、店の雰囲気にあったものを選びます。

バーテンダーになるには

バーテンダーとして働くには、バーやホテルなどに勤めるか、自分で店を開くという方法があります。どちらの場合も、バーテンダーとして必要な知識や技術の習得は欠かせません。知識や技術は、養成スクールや現場などで訓練を行うとよいでしょう。自分のスキルや将来像などを考えて、適切な方法で習得していきましょう。

バーテンダー養成学校で学ぶパターン

全国各地にあるバーテンダー養成学校で学習する方法です。バーテンダーという職種で働くために必要な基本知識や技術を効率的に学び、実力を磨きます。
お酒の知識や道具の使い方、カクテルの作り方などを学べるため、効率的にバーテンダーに必要な技術を習得できます。卒業後は即戦力として様々なバー・ホテルに就職しやすくなり、学校によっては独立開業のサポートもあるようです。

バーテンダーと名乗るのに必須の資格はありませんが、持っていると実力を評価されやすくなる資格はいくつかあります。日本バーテンダー協会が実施・認定している資格では、「バーテンダー呼称技能認定試験」と「インターナショナルバーテンダー呼称技能認定試験」の2種類が設けられています。受験のためにはアルコール飲料を扱う店で勤務している必要があるため、学校卒業後すぐに受験できるわけではありません。ただし、試験で問われる酒の知識や衛生管理、カクテルづくりの技術などは学校で習得しておくと受験時に有利でしょう。他にも、実力をアピールする場として「全国バーテンダー技能競技大会」という大会も開催されています。

未経験で修行するパターン

経験がない場合でも、バーテンダーになることは可能です。主にバーやホテルなどにアルバイトの形で入り、現場で実力を磨きます。バーテンダーとして必要な知識や技術以外にも、お客様との会話スキルや気配りの方法など、現場でしかわからないことを同時に学べるという利点があります。また、学費がかからないため、コストを抑えられる点も魅力です。ただし、学校ではないため、必要な知識や技術を働きながら覚えていくことになります。受け身ではなく、自分から積極的に習得する姿勢が欠かせません。先輩バーテンダーや常連客などからアドバイスを聞くこともスキルアップに効果的でしょう。

未経験からスタートする場合、はじめはアルバイトとして勤務します。アルバイトの収入だけで生活ができるか、アルバイトでも生活できるだけの蓄えがあるか、バーテンダーになる強い意志を持ち続けられるかなど、事前によく検討する必要があります。

バーテンダーの収入とキャリア形成

バーテンダーの勤務先は、全国のバーやレストランなど多岐に渡り、雇用形態も様々です。どの雇用形態でも、バーテンダーとしてキャリアが上がるにつれ、収入も増えていきます。勤務する店舗の場所や客層によっても収入が変化するため、高収入を得たい場合は、勤務先もよく検討しましょう。

実務経験を積んで高級店のバーテンダーになる

雇用形態は正社員・契約社員・アルバイトと様々です。働き方は店によって異なりますが、基本的にはどの雇用形態でもカウンターで接客を行います。正社員は、接客以外にも他のバーテンダーや顧客の情報管理といった裏方業務なども携わります。

採用されたばかりの新人バーテンダーは、掃除やグラス磨きなどの簡単な雑用からスタートします。養成学校を卒業して知識や技術があったり、正社員として採用されたりしても、新人のうちはホールの接客や会計業務などが中心で、最初からカクテルを作ることはそう多くありません。

店で実務経験を積んでいくことで、カウンターでの接客が認められたり、店舗のマネージャーや店長などに選ばれたりしてバーテンダーとしてのキャリアが上がっていきます。

バーテンダーの年収の目安

Indeed(インディード)で検索可能なデータによると、バーテンダーの平均年収は全国で約424万円、時給は1,200円でした。地域や雇用形態によって異なりますが、給与面において特に重要視されているのは、バーテンダーとしてのキャリアになります。また、ホテルなどに正社員として就職した場合は、ホテルスタッフとして扱われるため、ホテル側の給与形態に準じます。

バーテンダーの就職・転職事情

バーテンダーに限らず、飲食業界は長らく人手不足が続いていたため、バーテンダーの求人は多く、比較的容易に就職できていました。しかし2021年2月時点では、新型コロナウイルスの流行により飲食業界の規模が縮小しており、人材の需要も低下しています。バーテンダーは、テクノロジーの進化などで不要になる仕事ではないため、将来的に飲食業界の規模が戻れば需要も増えるでしょう。コロナ禍以前は、飲食店以外にも、イベントや結婚式などでバーテンダーを配置するケースもあり、需要が戻ればより広い分野での活躍も見込めます。また、多くのバーでは営業時間短縮やテイクアウトの開始など新しい試みに取り組んでいます。コロナ時代を生き抜くために、オンライン制のバーや昼間の営業などの実施、新しいアイデアの情報発信をしている店舗もあり、バーやバーテンダーの働き方も変化してきています。

Indeedで検索可能なデータによるとバーテンダーの求人件数は全国で1,200件以上あります。バーテンダーになりたい、新しい形のバーテンダーに興味がある場合は、Indeedで「バーテンダー」「バーテンダー 正社員」「Bar アルバイト」などで、最新の求人情報を検索してみましょう。

※平均年収・時給及び求人検索件数は、求人検索エンジンIndeedにおいて検索可能なデータより抜粋(2021年2月現在)

まとめ

バーやホテルなどでお客様を楽しませるバーテンダーは、お酒に関すること以外にも様々な知識や技術が求められます。バーテンダーとして大成することは簡単ではありませんが、多くの人と交流して喜んでもらえる、魅力あふれる仕事です。性別や年齢を問わず多くの人がバーテンダーとして活躍しています。飲食業界にとって逆風の時代ではありますが、自分の多方面のスキルで相手を喜ばせる姿を夢見る人は、ぜひ積極的に挑戦してみてください。

関連情報

すべて表示 

パティシエになるには

パティシエとはフランス語で菓子職人を指します。洋菓子店(パティスリー)やレストラン、ホテル、式場などで活躍するパティシエになってみたいという人もいるのではないでしょうか。そこで、仕事内容やパティシエになる方法、収入や求人傾向などを紹介していきます。

コンシェルジュになるには

お客様からのリクエストに対応するコンシェルジュの仕事は、ホテルをはじめとする多くの業界・企業で必要とされている仕事です。この記事では、コンシェルジュを目指す人に向けて、コンシェルジュの仕事や働き方、収入、求人状況についてご紹介します。