仕事図鑑

タレントになるには

タレントとは、テレビやラジオなどのメディアに出演する人のことです。タレントとしてデビューするには、オーディションを受けたり、養成所に入学したりと、様々な方法があります。この記事では、タレントの仕事内容や、なるための方法、年収とキャリア形成、将来性と就職状況についてご紹介します。

タレントとはテレビや雑誌などのメディアに出演する職業

「タレント」は本来英語で「才能」や「技量」という意味ですが、日本では和製英語として「才能のある人=芸能人」という意味合いで用いられています。主にバラエティやドラマなどのテレビ番組や、ラジオ、CMなどの媒体に出演する人たちのことを指します。
なお、芸能人のなかでも、俳優やモデル、お笑い芸人、歌手といった特定の職業に分類できないメディア出演者を指すことが多いようですが、はっきりとした定義はありません。

また、芸能活動が本業ではなくても、メディアへの露出が多い人物に対してタレントという言葉が使われることもあります。近年は「インフルエンサー」と呼ばれる、メディアやインターネット上で多大な影響力と発信力を持つ存在が注目を集めていますが、そのような人もメディアに出る際は「タレント」として扱われることがあります。

タレントとして活動するためには、芸能事務所に所属することが一般的です。芸能事務所に入るためには、スカウトを受ける、オーディションに応募するなどの方法があります。
それぞれの事務所は営業活動によって得た仕事を個々のタレントに振り分け、オファーを受けた番組などに出演させていきます。

タレントの仕事

それでは、タレントとして活動するには具体的にどのような仕事があるのか、詳しく掘り下げてみましょう。

タレントの主な仕事内容

タレントとしての仕事内容は幅広く、様々な専門分野の活動を並行して行うタレントのことを「マルチタレント」と呼ぶこともあります。主な仕事内容は以下のとおりです。

テレビ・ラジオ出演

トーク番組やクイズ番組のゲストや司会、ラジオDJ、ニュース番組のコメンテーターなどとして出演します。その他、スタジオでの収録以外にも外で撮影を行う場合もあります。

企業CM・トークショー

企業イメージにあったタレントであれば、無名の新人でも企業の広告塔としてCM出演を任されることがあります。それに合わせて、PRイベントやトークショーなどに出演することもあります。

歌手・モデル活動

本業と公言しているわけではないものの、歌手やモデルとして活躍する場合もあります。歌手として、個性を打ち出した作品を作り上げたり、モデルとして広告に大抜擢されたりすることもあります。

ドラマ・映画出演

テレビ出演のかたわら演技の仕事をオファーされることがあります。事務所によっては映像メディアへの出演に力を入れているというところもあり、タレントとして活動していても、ドラマや映画に出演するチャンスがあるかもしれません。

雑誌・Webなどでの情報発信

モデルとして雑誌に掲載されるだけでなく、コラムニストとして文章を寄稿することもあります。また、ソーシャルメディアを利用して、自分の番組出演予定日や、プライベートの話など、視聴者の興味・関心を惹くような情報を伝えることもあります。

タレントの働き方

勤務地は仕事の内容によって変わりますが、主にテレビ局やラジオ局、スタジオなど、撮影や収録がある場所がほとんどです。その他、イベント会場などに出向く場合もあり、日々臨機応変に対応することが求められるでしょう。

収入についても一概に決まっているわけではなく、支払われ方も様々です。たとえば、芸能事務所に所属する場合は事務所を通して給与が支払われます。一方で個人事業主として、依頼者から直接受け取る人もいます。

また、駆け出しの頃には「エキストラ」として働くこともあります。エキストラとは、ドラマや映画、CMなどの端役を演じる仕事です。
エキストラの場合は、正規雇用としてではなくパート、アルバイトや業務委託といった形態で雇用されるケースもあります。

タレントになるには

では、タレントを目指すためにはどのような方法があるのでしょうか。ここでは求められる資質などとともにご紹介します。

タレントとしてデビューする方法

大別すると3つの方法があります。以下でご紹介します。

スカウトを受ける

芸能事務所にはスカウトを担当するスタッフがおり、街で目を惹く逸材や才能を感じると思った人に声をかけて事務所所属を促します。

タレント養成所に入学する

タレントとして活躍するためのスキルや所作などを学ぶことができます。また、芸能事務所が運営している養成所もあるため、養成所に通いながらオーディションに挑戦する人もいるようです。

オーディションを受ける

芸能事務所などが開催する「新人発掘オーディション」のような、芸能事務所に所属するためのオーディションもあれば、映画やドラマなど作品に出演するためのオーディションもあります。

なお、オーディションを勝ち抜くには、履歴書の段階から審査員の目に留まるような工夫をすることが重要です。たとえば志望動機であれば、なぜ今回応募するのに至ったのか、希望する芸能事務所に所属したい理由などについて明確に伝えるとよいでしょう。他にも、写真や動画のアピール方法を工夫するのもよいかもしれません。その事務所が求める人材やイメージをあらかじめ調べておき、自分がそれにあてはまることをアピールできるようにしましょう。

また、芸能人に限らず多くの人々がソーシャルメディアで発信することが当たり前になっている現代では、ソーシャルメディアのフォロワー数や配信実績なども加味されることがあります。

タレ��トに求められる資質や持っていると役立つスキルと資格

デビューしてから名声や人気を獲得するためには、「人にはない才能」や「得意な分野」をアピールすることが重要です。
たとえばスポーツで全国大会に出場したことがある、ピアノのコンテストで賞をとったことがある、といった話題があるとキャラクターを覚えてもらいやすくなります。

また、テレビやラジオなどの媒体で主に活躍するため、コミュニケーション能力やトーク能力も重要な要素です。バラエティ番組などでトークを盛り上げることができ、視聴者側からも番組制作側からも好印象を抱いてもらえれば起用機会が増えるでしょう。

さらに、タレントは視聴者からの好感度が人気につながる職業です。挨拶や礼儀はもちろん、人を楽しませるスキルが大切です。

なお、容姿やファッション、特殊な資格や特技など、アピールポイントは人によって様々です。いずれも共通していることは、「他の人にはないもの」を磨き、自分ならではのキャラクターを確立することが大切ということでしょう。

タレントの収入とキャリア形成

ここからは、タレントの収入やキャリアアップの方法などについて詳しく解説します。

タレントの収入の目安

芸能事務所に所属した場合は、固定給として月給を支払われるパターンと、仕事の本数によって給料が決まる完全歩合制、そして固定給とは別に番組の出演料などを歩合給で貰える3つの給与形態に分かれます。
歩合制の場合、キャリアスタート時は収入が不安定になりやすいため、別途アルバイトなどをすることもあります。

テレビやCMの出演料はいわゆる「ギャラ」と呼ばれるものですが、これも制作会社やタレントの認知度などによって大きく異なります。
また、オーディションでグランプリなどの賞を獲得することで賞金が手に入ることがありますが、平均的な金額は100万円~200万円程度のようです。その他、特典としてオーディション主催事務所への所属や、デビューまでのバックアップを約束している場合もあります。

また、Indeed(インディード)で検索可能なデータによれば、エキストラの時給の全国平均は1,236円でした。地域別では、東京都で4,938円、神奈川県で5,007円、愛知県で1,233円でした。

タレントのキャリア形成

キャリアをスタートさせるまでは、レッスンを受けたり、劇団に所属したりと、いわゆる「下積み」の期間があります。ここで才能を開花させるために技術や個性を磨いて、デビューへのきっかけを掴むことが重要です。

タレントとして目指すのは、やはりレギュラー番組の獲得やゴールデンタイムの番組に出演することではないでしょうか。また、最終的に演技の仕事を希望している場合は、大河ドラマを始めとする著名な監督の映画出演などが目標として挙げられます。
こういった目標達成のためには、地道に出演機会を増やしていくことになります。多くの視聴者の目に留まる番組に出演できれば、知名度が一気に上がり夢に近づけるでしょう。

チャンスに恵まれるタレントは全体のうちのほんの一握りに過ぎませんが、誰にでもチャンスはあります。機会を得られるまでは、エキストラや深夜番組などのオファーを着々とこなし、徐々に規模の大きな仕事を受けられるように準備することが重要です。

タレントや芸能に関わる仕事の求人傾向

Indeed で検索可能なデータによれば、タレントの求人は、全国で2,200件以上ありました。
雇用形態の内訳は、正社員が64.2%と最も多く、次いで、アルバイト・パートが11.7%、新卒が11.0%、契約社員が5.1%でした。

また、エキストラの求人では未経験や主婦(夫)など問わず募集しているものが多いようです。勤務時間は撮影時間や仕事内容によって異なります。
また、同様にモデルの求人は、アルバイト・パートや業務委託での募集もあり、エキストラと同様未経験も歓迎されています。勤務時間は、業務内容によって異なるようです。

前述しましたが、タレントとしての仕事のオファーが継続的に発生しない場合は、他業種のパート・アルバイトを通じて生計を立てている人が多くいます。タレントに関連する仕事に携わりたければ、芸能事務所などのスタッフとして働くこともおすすめです。
芸能事務所のアルバイト・パートでは、「芸能マネージャー」や、前述した「エキストラ」「モデル」の他、「アシスタント」「一般事務」などの職種が募集されています。どの求人も資格や経験は必要ないものが多いようです。

まずは、Indeed で「タレント」などのキーワードで検索してみてください。Indeed なら、勤務地や年収、雇用形態などで条件を絞り込むことができるため、自分の探したい求人情報を効率よく探せます。

※平均年収・月給・時給及び求人検索件数は、求人検索エンジン Indeed において検索可能なデータより抜粋(2021年4月現在)

まとめ

タレントは人気の職業ではありますが、多くの場合、名声を得るまでに時間を要する仕事です。デビューするためには、オーディションや養成所へ入学することが一般的ですが、求人検索エンジンにて人材を募集していることもあります。より多くのチャンスを掴むためには、求人募集に応募して実績を積むという方法も一つの手でしょう。

Indeed で、ぜひタレントの求人情報を検索してください。

関連情報

すべて表示 

溶接工になるには

溶接工は金属同士をくっつける溶接技術を用いて、製造業や建設業などに携わるスペシャリストです。ものづくり産業に欠かせない存在として安定的な需要があるため、長期的に働けます。この記事では、溶接工の仕事内容や、なるための方法、年収とキャリア形成、将来性と就職状況についてご紹介します。

小説家になるには

小説家は物語を文章で表現し、小説として世に送り出す仕事です。この記事では、小説家の仕事内容や、なるための方法、年収とキャリア形成、将来性と就職状況についてご紹介します。