仕事図鑑

グラフィックデザイナーになるには

「映画のポスターをデザインしたい」「人気商品のパッケージをデザインしたい」など、デザインの仕事に憧れ、どうしたらそういった仕事に関われるのかと考えている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、グラフィックデザイナーの仕事内容や働き方、収入の目安、求人傾向の他、グラフィックデザイナーになるための方法についてご紹介します。

グラフィックデザイナーとは

グラフィックデザイナーとは、写真やイラスト、文字などを一つの画面上にデザインし、情報を視覚的に伝える仕事をする人です。
具体的には、広告代理店や出版社、企業の担当者などから依頼を受け、ポスターや雑誌の誌面、広告ページなど主に印刷媒体(紙媒体)のデザイン・制作を行います。Web媒体のグラフィックやバナー広告などの制作に携わる場合もあります。

デザインの知識やセンスが必要なだけではなく、クライアントからの依頼内容や媒体の特徴などを理解して、デザインに反映させる力が求められるクリエイティブな職種です。

グラフィックデザイナーが手がけるデザインの範囲は多岐に及ぶため、たとえば、雑誌など文字やページ数が多い紙媒体を専門に扱う場合はエディトリアルデザイナー、商品のパッケージを扱う場合はパッケージデザイナー、書籍を専門とする場合はブックデザイナーなどの名称で呼ばれることもあります。しかし、それぞれ明確な定義があるわけではなく、いくつかの専門を兼務するデザイナーもいるため、ここでは細かい区分けはせず、印刷媒体のデザイン全般に関わるデザイナーをグラフィックデザイナーとしてご紹介します。

グラフィックデザイナーの仕事

グラフィックデザイナーはどのように仕事を進めるのでしょうか。仕事を受注してからの流れを簡単に解説します。

クライアントとの打ち合わせ

仕事を依頼されたら、まず、制作物のコンセプトや想定ターゲット、デザインの方向性などについて打ち合わせをします。成果物のイメージがずれていると制作の段階でトラブルになることもあるため、クライアントの要望を詳しく聞き出すことも大切です。
その他、スケジュールや成果物のサイズ、ページ数などの仕様、予算などもよく確認します。
なお、打ち合わせは、クライアントと直接行う場合もあれば、成果物の種類によっては広告代理店の担当者、編集者、ディレクターなどと行う場合もあります。

デザインラフ、デザインカンプ提出

打ち合わせの内容に沿って、まず、デザインラフを作成します。複数の案を提出する場合もあり、方向性が決まったら、フォントや配色も実際に近づけたデザインカンプを提出します。また、雑誌などの場合は、編集者が簡単なラフを描き、それに基づいてデザイナーがカンプを作成することもあります。

デザイン制作と修正、納品

ロゴや写真などの素材を準備し、デザインカンプに沿ってデザインを完成させ、クライアントに初校を出します。クライアントから修正の指摘があったら、修正します。納品まで、通常このやりとりを2、3回繰り返します。また、印刷所への入稿後に出る色校のチェックもグラフィックデザイナーの役割です。
なお、印刷媒体の制作では、「Adobe® Photoshop®」や「Adobe® Illustrator®」「Adobe InDesign®」などのグラフィックソフトウェアを使用するのが一般的です。また、誌面で使う写真を新たに撮影する場合は、カメラマンへの依頼も含めた撮影準備や当日のディレクションなどを行うこともあります。

グラフィックデザイナーになるには

では、グラフィックデザイナーとして働くためにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、グラフィックデザイナーになる方法や必要なスキルをご紹介します。

グラフィックデザイナーになるための進学先

グラフィックデザイナーになるために特別な資格は必要ありませんが、身に着けておいたほうがいい知識やスキルはたくさんあります。そのため、グラフィックデザイナーになりたい人の多くは、大学や短期大学、専門学校などに進学するのが一般的です。

芸術系・美術系の大学、デザイン系の専門学校への進学や、通信講座やオンラインスクールでの受講などがあります。専門学校などの場合は、グラフィックデザインの他、CGデザインやWebデザイン、アニメーションなど、学科やコースが細かく分かれています。進みたい業種によって、必要な知識やスキルも異なるため、自分が何を学びたいのかをはっきりさせてから進学するのがおすすめです。

学校などに通うメリットとしては、「必要な知識や技術をバランス良く学べる」「自分に適したカリキュラムを選べる」「グラフィックソフトなどの使い方を学べる」などが挙げられます。さらに、就職する際のアピールポイントとなるポートフォリオ(作品集)を在学中に制作することもできます。

もちろん、独学で学び、アシスタントなどからスタートしてステップアップしていく方法もありますが、学校に通うことで美術の基礎から技術的なスキルまで学べるため、進学は夢を叶えるための近道だと言えます。

グラフィックデザイナーに向いている人はこんな人

グラフィックデザイナーは、写真やイラスト、文字などの要素を一つにまとめ、伝えたいテーマをわかりやすく表現する仕事です。世の中の流行や最新情報に常にアンテナを張り、オリジナリティも磨かなければなりません。また、クライアントやディレクター、カメラマンなど制作に関わる人と円滑にやり取りするコミュニケーション能力や、度重なる修正にも耐えられる粘り強さも必要です。

グラフィックデザイナーの敵性をまとめると、主に以下の3つが挙げられます。

  • 発想力が豊かで、オリジナリティがある人
  • コミュニケーション能力のある人
  • 根気があり、粘り強い人

グラフィックデザイナーとしての必須スキル

印刷媒体の入稿形式は、現在ほとんどがデジタルデータです。そのため、グラフィックデザイナーはデザイン作業の際にパソコンを使うことが必須となっています。

先ほども紹介しましたが、デザイン制作には「Adobe®Photoshop®」「Adobe®Illustrator®」「AdobeInDesign®」などのグラフィックソフトウェアが使用されており、これらを使いこなせるどうかが働く上でとても大切だと言えます。

グラフィックデザイナーになるために必要な資格はありませんが、以下のようなデザイン関連の認定資格を持っていると就職の際にアピールできるため、考えてみてはいかがでしょうか。

  • Photoshop®クリエイター能力認定試験
  • Illustrator®クリエイター能力認定試験
  • DTPエキスパート・マイスター認証
  • 色彩検定

また、グラフィックデザイナーの活躍の場が、今後はWeb媒体やゲーム業界、映像の分野などへも広がる可能性があります。他分野に必要とされるスキルなども身に着けておくとマルチに活躍する道も開けます。

グラフィックデザイナーの働き方や年収

グラフィックデザイナーの勤務先はどんなところになるのか、実際にどれくらいの収入を得られるのかも気になる点ではないでしょうか。キャリアの築き方についても見ていきましょう。

働き方やキャリア形成方法

グラフィックデザイナーの働き方は、「企業に所属して働く」「フリーランスで働く」の大きく2つに分けられます。

企業に所属して働く場合、勤務先は、デザイン事務所や広告制作会社、広告代理店、企業の広告宣伝部、出版社、編集プロダクションなど、活躍の場は多岐にわたります。
また、グラフィックデザイナーの雇用形態は正社員が多いものの、派遣社員、契約社員、アルバイト・パート、業務委託、請負など様々あるため、ライフスタイルに合わせて働き方を変えることも可能です。

学校などでグラフィックデザインを学んだとしても即戦力となるわけではないため、最初は企業に所属し先輩のアシスタントとして仕事を覚えていきます。実績を積んでグラフィックデザイナーとして仕事を任せてもらえるようになった後は、たとえば、広告全体を指揮するアートディレクターを目指すなど社内でのキャリアアップを目指す人もいます。あるいは、業務の幅を広げるために転職したり、フリーランスとして独立したりする人もいます。

グラフィックデザイナーが企業に所属して働く最大のメリットは、収入が安定することです。正社員としての雇用ではなくても、勤務条件によっては社会保険に加入したり、福利厚生を利用したりすることもできます。仕事を選んだり、自分の裁量で進めたりできない点はデメリットかもしれませんが、個人ではできないスケールの大きい仕事に挑戦する機会もあるでしょう。

一方、フリーランスで働く場合は、在宅で仕事をするなど働く場所や時間を自分のペースで決めることができ、自分の得意な分野や好みを生かした仕事の選択ができる点がメリットと言えます。ただし、営業活動や予算管理など全て自分で行わなければならず、うまくいかなければ収入が不安定になるというデメリットがあります。

グラフィックデザイナーの年収の目安

グラフィックデザイナーとして企業に所属して働くと、どれくらいの収入が見込めるのでしょうか。
Indeed(インディード)で検索可能なデータによれば、グラフィックデザイナーの平均年収は、全国で約335万円でした。地域別では、東京都で約399万円、神奈川県で約368万円、大阪府で約322万円、福岡県で約421万円でした。
月給の全国平均は、23.7万円、時給で見ると、全国平均は1,527円でした。

一方、フリーランスの収入はどれくらいが見込めるのでしょうか。
厚生労働省が公表した「フリーランス白書2018」(一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会制作)によると、IT・クリエイティブ系(Web/グラフィックデザイナー、イラストレーター、エンジニア、編集者など)のフリーランスの年収は、1000万円以上と答えた人が全体の4%、800万〜1000万円未満が7%、500万〜800万円未満が22%、300万〜500万円未満が27%、100万〜300万円未満が25%、100万円未満が11%でした。

同資料では、「グラフィックデザイナー」としての年収の目安は明らかではありませんが、IT・クリエイティブ系のフリーランスでは、収入にかなりのバラつきがあることがわかります。

グラフィックデザイナーの就職・転職事情

Indeedで検索可能なデータによると、グラフィックデザイナーの求人は全国で2,600件前後ありました。
雇用形態の内訳は、正社員が53.2%ともっとも多く、次いで、派遣社員21.2%、アルバイト・パートが9.0%、契約社員8.9%、新卒が3.8%でした。数は少ないものの、業務委託、請負などの募集もあります。

グラフィックデザイナーとして働く場合、デザインの基本スキルや、Photoshop®、Illustrator®などの基本スキル、実務経験などを応募条件として求めるところも多いようです。
その一方で、アシスタントや未経験でも可としている求人もあります。

まずは、Indeedで「グラフィックデザイナー」「グラフィックデザイナー 未経験」などのキーワードで検索してみてください。Indeedなら、勤務地や年収、雇用形態などで条件を絞り込むことができるため、自分の探したい求人情報を効率よく探せます。

※平均年収・月給・時給及び求人検索件数は、求人検索エンジンIndeedにおいて検索可能なデータより抜粋(2021年2月現在)

まとめ

広告やカタログ、ポスターなど、主に印刷物のデザインをするグラフィックデザイナーについて、仕事内容や仕事の進め方、グラフィックデザイナーになる方法、収入や求人情報などについて紹介しました。グラフィックデザイナーになるために特別な資格は必要ありませんが、美術系の大学やデザイン系の専門学校などでデザインの基礎知識や必須スキルを学んでおくと、就職の際に有利に働きます。今後は、Web媒体やゲーム業界などへと活躍の場がシフトする可能性もあることから、常に新しい情報、他分野にも通用するスキルなどを身に着ける努力をしておくと、マルチに活躍できる可能性があります。

関連情報

すべて表示 

土地家屋調査士になるには

土地家屋調査士は不動産登記における専門家で、土地や家屋の調査・測量や表示に関する登記の代理申請などを行う国家資格が必要な士業です。この記事では、土地家屋調査士の業務や試験、収入や将来性、求人などについて紹介していきます。

パティシエになるには

パティシエとはフランス語で菓子職人を指します。洋菓子店(パティスリー)やレストラン、ホテル、式場などで活躍するパティシエになってみたいという人もいるのではないでしょうか。そこで、仕事内容やパティシエになる方法、収入や求人傾向などを紹介していきます。