仕事図鑑

イラストレーターの仕事をするには

イラストレーターは、絵を描くのが好きな人なら一度は憧れる職業ではないでしょうか。イラストレーターになるために必要な資格は特にありませんが、最近は制作物をデジタルデータで納品することも多く、絵を描く技術はもちろん、パソコンやソフトを使いこなせる力も必要とされています。

イラストレーターになるためには、独学のほか、大学や専門学校などに進学して必要なスキルを身に着ける方法もあります。ここでは、イラストレーターの仕事内容や、イラストレーターになるための手段、働き方や収入などについてご紹介します。

イラストレーターとはイラストを制作するクリエイティブな職業

イラストレーターは、絵を描くことを仕事にできる代表的な職業の一つで、クライアントからの依頼内容に沿ったイラストを制作するクリエイティブな職業です。雑誌・ポスターなど印刷物やWebサイト、商品パッケージ、ゲームキャラクターなど、イラストレーターが関わる制作物は多岐にわたります。

イラストレーターには、制作会社やプロダクション、ゲーム会社などの企業に所属して働く人と、フリーランスとして働く人がいます。企業で社員イラストレーターとして経験と実績を積み、フリーランスとして独立するケースもあります。

イラストレーターの仕事

イラストレーターは具体的にはどのように仕事を進めていくのでしょうか。ここでは、イラストレーターの仕事内容について掘り下げていきます。

依頼されたイラストを描く

イラストレーターの主な仕事は、クライアントからの依頼に従いイラストを描くことです。
仕事の進め方は、依頼される業種によって異なりますが、一般的には、イラストレーターが仕事を受けると、打ち合わせの中でクライアントから制作物のコンセプトや、希望する絵のトーンなどが伝えられます。それをもとに、まずは、ラフ画(おおまかな下絵)を作成して提出します。1点のイラスト依頼に対して、複数のラフ画を提出する場合もあります。

ラフ画が依頼内容とズレていたり、クライアントのイメージと違っていたりすると、修正依頼がきます。修正が大きい場合は再度ラフ画を提出することもあれば、少なければ、再提出せずに納品するイラストの制作に取りかかることもあります。

完成した作品を提出し、クライアントから修正指示があれば修正に応じるなどのやりとりを経て、クライアントからOKが出たら納品して完了です。

現在、イラストレーターの多くは、「Adobe® Photoshop®」や「Adobe® Illustrator®」といったグラフィックソフトウェアを使い、パソコンで仕事をしています。もちろん、イラストレーターによって制作方法は様々です。全てデジタルで仕上げる人もいれば、手書きで描いたラフ画をスキャナーで取り込み、グラフィックソフトで着色や加工をする人もいます。また、依頼内容によって制作方法を変える場合もあり、アナログとデジタルの両方の知識とスキルを求められることが多いと言えます。

自分の作品を販売する

企業に所属し、クライアントの要望に合わせたイラストを制作するイラストレーターのほかに、画家のように自分で描いたイラストを販売するイラストレーターもいます。現代では、SNSや画像投稿サイトを活用して気軽に自分の作品を発表し、多くの人に見てもらえる機会が増えました。作品が多くの人から支持されると、商品として売れたり、企業の目に留まったりして、フリーランスの立場で仕事を依頼されるケースもあります。

イラストレーターになるには

イラストレーターの仕事内容を簡単に紹介しましたが、イラストレーターに向いているのは、どんな人なのでしょうか。特別な資格は必要ないものの、身に着けておいたほうがいいスキルはあるのでしょうか。ここからは、イラストレーターになるために役立つ情報をご紹介します。

イラストレーターに向いているのはこんな人

クライアントから流行のタッチやテイスト、色合いなどを要望されたときなどに備え、イラストレーターは様々な情報にアンテナを張っておかなければなりません。また、画力やオリジナリティに加え、クライアントと円滑にやりとりできるコミュニケーション能力も必要とされます。

このように、イラストレーターに向いている適性は「絵を描くことが好き」ということだけではありません。イラストレーターに向いている適性をまとめると、主に以下の3つが挙げられます。

イラストに対して仕事として向き合える人

「仕事としてイラストを描く」ことは、クライアントからの要望に応える作品を納品することです。自分が最大の努力をして作り上げた作品でも、クライアントから修正依頼が出れば応じる必要があり、気持ちが折れてしまいそうになることもあります。また、自分の好みとは異なる構図やテイストで描くよう要求されることもあるなど、ただ「イラストが好き」というだけでは続けることが難しい仕事だとも言えます。プロとしてクライアントの要望に沿う気概と、要望通りの作品を納品してクライアントに喜ばれることに充実感を得られる人には、イラストレーターは向いています。

個性や品質を追求できる人

仕事として手がけるイラストであっても、作品が多くの人から支持されることはアーティストの作品と同様に重要になります。そのためには、絵に個性があることが必須です。「個性のある絵」とは、「一度見ると忘れられない」「技法に驚くようなアイデアがある」など、他の人にはまねのできないオリジナリティがあることです。個性と並行して、自分が作る作品に高いクオリティを求める姿勢も必要です。
デッサン力を磨くことはもちろん、様々な画材を試して表現力を高めるなど、プロとして日々研さんを積むことが大切になります。

根気よく仕事に取り組みプレッシャーに打ち勝てる人

イラストレーターの仕事は、期日に従って進行します。たとえば、クライアントの要望に応えようとしても、期日までになかなかいいアイデアが浮かばなかったり、納期ギリギリまで作業に追われたりすることも珍しくありません。それでも、相手が求めるものを納期までに完成させて納品することが必要です。イラストを描く作業は孤独なため、納期というプレッシャーと向き合い、根気よくオーダー通りのイラストを完成させる精神力が求められます。

イラストレーターとしての必須スキル

イラストレーターが活躍する分野は、広告やWebサイトにおける挿絵、ゲームキャラクターの作画など幅広く、昨今では画像データで納品することがほとんどであり、就職の際などにはグラフィックソフトウェアを扱えることが条件になっているケースも多いと言えます。
特に、ゲーム業界などでは、2Dツールや3Dツールなども扱えたほうがいい場合があります。
もちろん、絵を描くために必要となる基本的なデッサン力や、色彩感覚が求められることは言うまでもありませんが、どのような職場を目指すかによっては、デジタルスキルに精通していることも重要だと言えるでしょう。

イラストレーターになるための進学先

独学でも、腕を磨いてSNS上に作品を投稿し、多くの人の目に留まってイラストレーターとしての道が開けることもあります。しかし、専門的なスキルを習得したいなら、学校で学ぶほうが近道だと言えます。

イラストレーターを目指す人の進学先には、美術大学や美術系専門学校などがあります。イラストレーションが学べる学部・学科はグラフィックデザイン科、イラストレーション科などです。学部・学科などの名称は、大学・専門学校によって異なるため、ホームページなどでチェックしましょう。

大学では、グラフィック全般の専門知識のほかに、デザインの歴史や他分野の教養も学ぶことができます。一方、専門学校はイラストレーションに特化したカリキュラムが組まれ、ソフトなど制作ツールの使い方をはじめとする仕事に直結した知識とスキルを学べるのが強みです。

また、キャラクターデザインに興味があるなら、キャラクターデザイン科、アニメ科といった学科にも目を向けるとよいでしょう。さらに、仕事をしながらイラストレーターを目指したい人には、夜間の学校やオンラインのデザイン系スクール、通信講座などもあります。

学校に通うメリットは、イラストレーターに必要な知識や技術を系統立てて学べることです。基本的なデッサンやデザインのスキル、美術やデザインの歴史、一般教養などを限られた時間の中で効率よく教わることができます。

イラストレーターになるために有利な資格

イラストレーターになるために、必要な資格はありません。しかし、近年イラスト制作の現場では、グラフィックソフトウェアが使われており、これらのソフトに関する資格を持っていると、就職活動の際のアピールにつながります。イラストレーターが持っていると重宝する資格には、以下のようなものがあります。

  • Photoshop®クリエイター能力認定試験
  • Illustrator®クリエイター能力認定試験
  • 色彩検定
  • CGクリエイター検定

イラストレーターの雇用形態と収入の目安

ここからはイラストレーターの雇用形態にはどのようなものがあるのか、また収入はどれくらいが望めるのかなどについて、詳しくご紹介します。

イラストレーターの雇用形態

イラストレーターの雇用形態は、デザイン会社など企業に雇用されている人と、フリーランスとして働く個人事業主に分かれます。さらに、企業で働くイラストレーターも雇用形態は正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト・パートなど様々です。会社に雇用される人とフリーランスには、それぞれに次のようなメリット・デメリットがあります。

会社に雇用されるメリット・デメリット

会社に雇用される最大のメリットは、収入が安定していることです。仕事量に関係なく、一定の収入を得ることができるため、生活設計が立てやすくなります。また、正社員としての雇用ではなくても、会社の規定により、条件を満たしていれば社会保険に加入したり、福利厚生を利用したりすることも可能です。これらの制度によって、病気などのときでも安心して休むことができます。
デメリットは、仕事が選べないことです。得手不得手、好みに関係なく、会社から割り当てられた仕事に取り組まなくてはなりません。

フリーランスのメリット・デメリット

フリーランスは、自分の好きな場所でスケジュールを自由に組んで仕事ができる点がメリットと言えます。また、自分の得意分野や好みをいかした仕事を選べる点も、フリーランスのメリットです。
ただし、自分で仕事を取ってくる必要があるため、仕事量によって収入が不安定なことはデメリットになります。「フリーランスは仕事が選べる」という点をメリットとして挙げましたが、収入を安定させることも考えた上で仕事を取るバランス感覚が要求されるでしょう。
また、仕事を取るには、コミュニケーション能力や自己管理能力といったフリーランススキルも必要です。

イラストレーターの収入の目安

イラストレーターを目指す多くの人にとって、気になるのが収入です。イラストレーターとして企業に働くと、どれぐらいの収入が見込めるのでしょうか。

Indeed(インディード)で検索可能なデータによれば、月給の全国平均は、28.9万円で、地域別では、東京都で31.1万円、神奈川県で27.1万円、大阪府で25.5万円、福岡県で21.4万円などとなっています。時給で見ると、全国平均は1,664円、地域別では東京都は1,860円、神奈川県は1,412円、大阪府は1,412円、福岡県は1,104円でした。

一方、フリーランスの収入はどれくらいが見込めるのでしょうか。
厚生労働省が公表した「フリーランス白書2018」(一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会制作)によると、IT・クリエイティブ系(イラストレーター、Web/グラフィックデザイナー、エンジニア、編集者など)のフリーランスの年収は、500万円未満と答えた人が回答者全体の63%。年収300万円未満と答えた人は全体の36%にのぼります。さらに、全体の11%は年収100万円未満でした。

同資料では、イラストレーター単体での年収の目安は明らかではありませんが、IT・クリエイティブ系のフリーランスでは、十分な仕事量がないと月収10万円にも満たない可能性もあることがわかります。イラストレーターとして安定した収入を得たい場合は、企業に所属するほうがいいと言えるでしょう。

イラストレーターの世界は厳しい?就職・転職事情について

企業でイラストレーターとして働きたい人にとって気になる、就職先や求人傾向などについて、見ていきましょう。

イラストレーターの就職先

イラストレーターの就職先は、ゲーム制作会社他、デザイン会社やアニメ制作会社、出版社、広告会社など様々です。

近年、建築や機械、製造といった分野の企業でもイラストレーターを正社員として採用するところがあります。CADという製図ソフトを使い、立体の設計やデザインをするテクニカルイラストレーターと呼ばれる職種です。

企業でイラストレーターとして働く場合、就職先によって描くイラストの種類がある程度決まってきます。また、希望する業種によっては正社員採用がない場合も少なくありません。「自分の強みや希望がいかせる業種を重視するのか」「待遇を重視するのか」で就職先を選ぶとよいでしょう。

イラストレーターの求人傾向

Indeedで検索可能なデータによると、イラストレーターの求人は全国で6,500件以上ありました。
雇用形態の内訳は、正社員が56.1%ともっとも多く、次いで、アルバイト・パートが15.3%、派遣社員が13.1%、契約社員が8.5%、新卒が5.0%でした。

イラストレーターとして働く場合、グラフィックソフトウェアなどを使用した実務経験が求められることが多いものの、先述した通り、新卒での募集や、一部には未経験者歓迎、または、グラフィックソフトウェア使用の経験はなくても学校などで学んだ経験があればいいという求人もあります。

まずは、Indeedで「イラストレーター」「イラストレーター 未経験」などのキーワードで検索してみてください。Indeedなら、勤務地や年収、雇用形態などで条件を絞り込むことができるため、自分の探したい求人情報を効率よく探せます。

※平均年収、月給、時給及び求人検索件数は、求人検索エンジン Indeed において検索可能なデータより抜粋(2020年11月現在)

まとめ

イラストレーターとして働くには、企業で働く方法とフリーランスとして働く方法があります。企業の求人は、ゲーム制作会社などのほか、デザイン会社やアニメ制作会社、出版社、広告会社など様々で、活躍の場は幅広いと言えるでしょう。イラストレーターになるために特別な資格は必要ありませんが、昨今は、グラフィックソフトウェアの使用経験や実務経験を求める企業も多いため、絵を描く知識やスキルだけでなく、大学や専門学校などでデジタルスキルを磨いたほうが、独学より近道です。
Indeedで、ぜひイラストレーターの求人情報を検索してください。

関連情報

すべて表示 

経理の仕事をするには

会社のお金の流れを管理する経理職は、会社経営において必要不可欠な役割です。経理とはどのような仕事なのか、未経験の人にもわかりやすく、仕事内容や資格、収入や将来性などを紹介していきます。

測量士補の仕事をするには

測量士補とは、測量士が作成した測量計画に従って測量を行う仕事です。土木工事の施工前に土地の測量を行うためには、国家資格である測量士・測量士補の資格が必要になります。測量士補はどのような仕事内容なのか、国家資格やキャリアパス、将来性などを紹介します。