仕事図鑑

パティシエになるには

パティシエは「洋菓子を作る職人」のことを指します。パティシエはフランスでは国家資格でもあり、おいしいスイーツをつくるプロとして尊敬されているといいます。
「自分もパティシエとして、たくさんの人を喜ばせるスイーツをつくりたい」と思いつつも、どのようにしてなれば良いのか分からないという人も多いかもしれません。どのような学校を出ればいいのか、資格は必要なのかなど、疑問に思うこともあるでしょう。また、実際の働き方や収入、将来性も気になるところです。
この記事ではパティシエの仕事内容やパティシエになる方法、データから読み取る平均収入、そして、求人の傾向などを紹介していきます。

パティシエとは

パティシエはフランス語で「男性のお菓子を作る職人」という意味になり、「女性のお菓子を作る職人」はパティシエールになります。しかし、日本では一般的に菓子職人の総称としてパティシエが使われています。

パティシエとして働く職場には、洋菓子店(パティスリー)や、ホテル、レストラン、洋菓子メーカーなどがあります。
華やかそうに見えるパティシエの仕事ですが、一人前になるまでは修行を必要とすることも多く、地道に練習を繰り返す根気が求められます。また、見た目にも美しいスイーツを作る手先の器用さや芸術センスはもちろん、大量の材料を扱う力仕事も多く、体力が必要です。

パティシエの仕事

パティシエが活躍できるフィールドは、個人経営のパティスリーやレストラン、ホテルなど様々にあります。それぞれの職場におけるパティシエの仕事内容について見ていきます。

洋菓子店でクッキーやケーキなどのスイーツづくり

洋菓子店でパティシエとして働く場合は、主に持ち帰りができるケーキや、クッキー、マカロンなどの生菓子や焼き菓子をつくります。
小規模店の場合は、生地づくりからデコレーションまですべての工程を一人で行う場合が多くあります。一方、規模の大きな店になると複数人のパティシエで製菓作業を工程ごとに分担したり、生菓子や焼き菓子などの種類ごとに分かれて作業をしたりすることが多いようです。

洋菓子店では、開店時間に商品を揃えるため、シフトによっては始業が早朝になります。また、製菓に関する業務だけでなく、接客や販売に関わることもあります。
例年クリスマスやバレンタインが繁忙期となります。

ホテルやレストランでのデザートづくり

ホテルで働くパティシエは、主にホテル内のラウンジやレストランで提供されるスイーツをつくります。大規模なパーティーでは数百人分のスイーツをつくることや、ホテルの結婚式ではウェディングケーキをつくることもあります。

レストラン勤務のパティシエは、主にコース料理の最後に提供される、皿に盛りつけられたデザートをつくります。店によっては「アシェットデセール(皿盛りのデザート)」と呼ばれ、見た目も味も良いスイーツづくりにはひと味違う技術や創作力が求められます。

また、ホテルやレストランで働くパティシエは基本的にキッチンで働き、接客や販売までは担当することは少ないようです。

パティシエになるには

パティシエになる方法は大別すると、製菓系の専門学校を経て就職するか、いきなり就職して働きながらパティシエ修行をするかの二通りがあります。では、それぞれのメリットやデメリットを見ていきましょう。

製菓系の専門学校から就職するパターン

パティシエになる方法で一般的なのが、調理師専門学校の製菓コースなどを卒業してから、洋菓子店やホテル、レストランなどに就職してパティシエの下積み修行に入るパターンです。
専門学校に行くメリットは、製菓に関する知識や技術を基礎から体系的に学ぶことができることです。さらに、卒業生が既に活躍する店舗やホテル、会社などがあるため、就職に関する情報が豊富であることも大きなメリットでしょう。

また、都道府県知事が指定する製菓衛師養成施設(製菓学校など)に通った場合、1年以上学ぶことで「製菓衛生師」、卒業することで「菓子製造技能士2級」の受験資格が得られるため、ほとんどの生徒が資格を取得します。これらの資格はパティシエになるために必須ではありませんが、持っておくと就職に有利に働くことがあります。

未経験で修行するパターン

中学や高校、大学を卒業後に、洋菓子店などへ就職して修行することもできます。未経験者でも人材募集をしている洋菓子店やレストランなどもあります。
製菓に関する知識や技術を自身で学んでいく必要がありますが、学費がかからないことや、いち早く現場に入って実務経験を積めるというメリットがあります。

中にはフランスなどの洋菓子の本場へ渡って修行をする人もいます。ただし、現地で雇ってもらえる店を探すのが難しかったり、滞在費用はすべて自分持ちとなったりすることも多く、それなりの覚悟と費用が必要となります。

修行しながら一人前を目指すのであれば、資格取得も視野に入れると良いでしょう。先に紹介した「製菓衛生師」と「菓子製造技能士2級」の資格は、食品衛生法第51条の規定による菓子製造業施設で実務経験が2年以上あれば受験資格を得ることができます。

働きながら受験勉強を行うのは大変かもしれませんが、パティシエとして働く上で必要な知識が修得できるので資格取得を目指すことも検討の価値があるでしょう。

パティシエの年収とキャリア形成

就職・転職の参考になるよう、パティシエの収入について紹介します。また、収入アップに向けたキャリアパスについても解説します。

パティシエの収入の目安

Indeed(インディード)で検索可能なデータによると、パティシエの全国平均年収は約381万円です。地域ごとに見てみると、北海道は283万円、宮城県は312万円、東京都は402万円、名古屋は414万円、大阪府は366万円、福岡県は394万円です。

「パティシエ見習い」で検索すると全国平均年収は約307万円です。見習い期間は収入も低くなっていますが、実力をつけると共に上がっていくと考えられます。

パティシエのキャリアアップ方法

パティシエとしてキャリアアップを図っていくためには、まず、自分がどのようなパティシエを目指すのかを明確にすると良いでしょう。「ホテル業界で活躍したい」「ウェディングケーキを専門につくる職人になりたい」「繁華街に路面店を持ちたい」「メーカーで菓子の開発をしたい」など、具体的な目標を立て、その上で、学校の選定や、海外留学、就職先の選定、資格取得などについて検討していくことも重要です。

またキャリアアップのためには、製菓コンテストへの参加という手もあります。国内外で開催されているコンテストで良い成績を修めて評価されることは、パティシエとしてキャリアアップするために非常に有効な手段です。

パティシエの将来性と求人傾向

これからパティシエを目指す人にとって気になるのが将来性ではないでしょうか。長く安定して働くことができるのか、求人傾向も合わせて紹介していきます。

成功するかどうかは自分次第

私たちの生活にスイーツはすっかり根付いています。そのため、これからもパティシエの需要はあるだろうと考えられます。

しかし、一口にパティシエの成功といっても、その形は人それぞれです。もし、シェフパティシエのような立場を目指すのであれば、時代ごとのニーズに合ったスイーツを創造できる能力だけではなく、多くのスタッフを束ねる力も必要かもしれません。また、独立開業する場合は、コスト管理や経営、マネジメント能力など、製菓技術以外の能力も必要となります。

パティシエは就職・転職しやすい?

Indeedで検索可能なデータによれば、「パティシエ」の求人は全国で1,600件以上ありました。具体的な求人内容を見てみると、全国的に求人があり、街の洋菓子店や菓子製造工場、カフェやレストラン、結婚式場というものが多数見られます。アルバイト・パート51.2%、正社員35.0%、派遣社員4.5%、契約社員7.1%、新卒2.1%、業務委託0.1%などの雇用形態で募集している例が多いようです。
アルバイト・パートの場合はシフト制で、短時間での就業が可能なため、プライベートと両立しながら働くことができる案件が豊富です。また、未経験でも応募ができる案件が多くあります。正社員は経験者を優遇する傾向がありますが、未経験でも可とする案件もあるので見てみると良いでしょう。

パティシエの仕事をしてみたいならば、求人情報をインターネットでも探すことができます。Indeedなら、キーワードに「パティシエ」などと入力し、さらに、勤務地や年収、雇用形態などで条件を絞り込むことができるため、効率よく求人情報を見つけられます。

※平均年収・月給・時給及び求人検索件数は、求人検索エンジン Indeed において検索可能なデータより抜粋(2021年1月現在)

まとめ

パティシエは洋菓子をつくる職人のことを言い、洋菓子店やホテル、レストラン、洋菓子メーカーなどで活躍します。パティスリーではケーキやクッキーなどの持ち帰り用のお菓子を、ホテルやレストランでは皿に盛りつけられたデザートをつくることもあります。

パティシエになるために必要な資格というものはなく、製菓系の専門学校を経て就職するか、就職後にパティシエとしての知識を学んでいくなどの方法があります。ただし、「製菓衛生師」「菓子製造技能士2級」のような資格を取得しておくと、今後の就職・転職に役に立つかもしれません。また、独立開業を目指すのであれば、コスト管理やマネジメント方法についても学ぶことが大切です。

関連情報

すべて表示 

コンシェルジュになるには

お客様からのリクエストに対応するコンシェルジュの仕事は、ホテルをはじめとする多くの業界・企業で必要とされている仕事です。この記事では、コンシェルジュを目指す人に向けて、コンシェルジュの仕事や働き方、収入、求人状況についてご紹介します。

バーテンダーになるには

様々な技術を使ってカクテルなどのお酒を作るバーテンダーは、バーでの快適な空間を演出する仕事です。この記事では、バーテンダーの概要や収入などについて紹介します。