仕事図鑑

溶接工になるには

複数の金属部材を溶かして接合する加工技術を「溶接」と言います。溶接工とは、溶接に携わる技術者のことを指し、製造業や建設業など様々な分野で活躍しています。
日本のものづくり産業を強く支えているというやりがいを感じられる仕事でもあるため、「溶接工になって橋やダムを造りたい」「溶接工になる方法を知りたい」と考えている人もいるのではないでしょうか。
この記事では、仕事内容や溶接工になるための方法、年収とキャリア形成、将来性と就職状況についてご紹介します。

溶接工とは

溶接工とは溶接を行う技術者であり、溶接の種類に応じて様々な技術が必要になります。ここでは溶接の概要と種類について解説します。

「溶接」とは

溶接とは、金属を溶かしてくっつける加工技術のことです。大半の金属は常温では固体ですが、加熱・加圧などにより温度を上げると溶けて液体に変わります。2つの金属部材の接合面を溶かし、混ざった状態で冷却すると、金属同士がくっついて1つの物体として扱えるようになります。

この溶接作業には、「溶接工」と呼ばれる人が手作業のみで行う手溶接、手作業と機械を用いる半自動溶接、工場などのラインで行う自動溶接などいくつかの溶接方法があります。
現代では住宅・橋・自動車・船・飛行機など非常に多くの工業製品が溶接を利用して作られており、高度な溶接技術は産業の発展や日常生活の維持に大きく貢献しています。

溶接の種類

溶接は接合の仕方によって、いくつかの種類に分かれ、それぞれ必要な技術が異なります。ここでは、「融接」「圧接」「ろう接」について解説します。

融接

最も一般的な溶接方法です。金属をアーク放電やガス炎、レーザーなど熱エネルギーで加熱し、融合させて接合する方法です。特にアーク溶接が広く用いられており、使用するガスや機器の種類によってさらに細かく分けられます。

圧接

厚みがなく、薄い素材に用いる溶接方法です。素材の接合面を加熱により溶かして、素材同士を重ねて圧力をかけることでくっつける方法です。圧接は、電気抵抗による発熱を利用した「抵抗溶接」で行うことが多く、大量生産が可能なため、自動車や車両などに利用されています。

ろう接

目的の金属を溶かさない溶接方法です。素材の接合面に素材より融点が低い金属を流し込んでくっつけます。アルミや銀など比較的融点が高い金属を用いる「ろう付け」と、亜鉛やスズなど融点が低い金属を用いる「はんだ付け」に分けられます。

溶接工の仕事

溶接工とはどのような仕事なのでしょうか。勤務形態や働く際の注意点と合わせて把握しておきましょう。ここでは主な職場や働き方などを解説します。

溶接工の主な職場と仕事内容

勤務先は、鉄骨のような建材を使う建設業や、自動車・飛行機・船などを生産する製造業が主です。大企業から中小企業まで様々な職場があり、幅広い年齢の人が働いています。

溶接現場では、しゃがんだ姿勢や高所などで作業を行うこともあり、「危険」や「ハード」といったイメージがあるかもしれません。しかし、実際は労働安全衛生法により危害防止基準が設けられ、厚生労働省が示す「労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針」により、安全に作業ができるよう対策されています。また、小規模事業場を対象とした「リスクアセスメントの実施支援システム」もあります。

溶接工の働き方

溶接工として働くには、正社員か派遣社員として建設会社や製造業者に就職するのが一般的です。溶接は危険を伴うこともある作業のため、多くの会社で福利厚生がきちんと整備されているようです。

また、独立して自分の会社を設立するという選択肢もあります。ただし、多くの企業は溶接業以外にも仕事を請け負って経営しているため、独立するには溶接以外の経験や知識を習得していることが望ましいでしょう。

溶接工になるには

溶接工の仕事をするためには、どのような方法があるのでしょうか。溶接工になる方法について以下で解説します。

学歴や経験は必要ないが、溶接の種類によっては講習などの受講が必須

溶接工として働くために必須となる学歴などはなく、未経験でも職に就くことはできます。ただし、学校などで溶接技術の基礎を学んでおけば、より就職しやすくなるでしょう。溶接技術は工業系の高校や大学、職業訓練校などで習得可能です。職業訓練校はハローワークで申し込みできますが、開催時期は決まっているので早めに確認をしましょう。

また、溶接の種類によっては、その業務を行うに当たって特別教育や技能講習を修了しなければならないと労働安全衛生法に定められているものもあります。ガス溶接やアーク溶接がそれに該当し、以下が講習内容です。

ガス溶接技能講習

各都道府県の労働局に登録された教習機関が実施しています。講習は学科8時間、学科試験1時間、実技5時間で行われています。

アーク溶接特別教育

アーク溶接に関わる事業者の責任において、企業内や企業外の特別教育施設で実施しています。学科11時間、実技10時間で行われています。

溶接工に求められる資質やスキル

溶接工が扱う金属部材は重量物が多く、しゃがんだ状態あるいは立った状態での作業が続くことから、一般的には体力が必要だと言われています。また、アーク放電やガスなど熱エネルギーを発する機器を扱い、繊細な作業を行うことから、精神面での安定や忍耐力も重要視されています。
溶接は様々な工業分野において欠かせない基盤技術であり、品質保持のためには溶接工のスキルアップも欠かせません。長く活躍するためには、日々スキルを磨く勤勉さも求められていると言えるでしょう。

前述したように、溶接には様々な種類があり、接合方法によって必要な知識・技術も異なることから、関係団体が認定する民間資格も多数あります。自分の能力を証明できる資格を持っていると転職などの際に役立つ可能性があり、溶接工として就業後も資格取得を目指してスキルアップを図るのがおすすめです。

ここでは、溶接に関する民間資格のなかでも広く普及している「一般社団法人日本溶接協会」の資格認証・認定制度について紹介します。

溶接技能者(JIS・WES)

JIS(日本産業規格)、WES(日本溶接協会規格)など国内規格に基づいた溶接を行う技能者を対象にしたもので、発注者の要求に合わせた溶接を行えるだけの技能があることを証明する資格です。資格の種類は、手溶接・半自動溶接・ステンレス鋼溶接・プラスチック溶接など様々あります。それぞれ基本級と専門級があり、さらに溶接方法や試験材料の種類と厚さなどの組み合わせによって細かく分けられています。試験は学科及び実技によって評価されます。

溶接技能者(ISO 9606-1)

国際規格に基づく溶接技能者の認証制度です。国内規格に基づく認証とは別に設けられています。溶接方法、溶接材料の形状と寸法、溶接姿勢など様々な項目を組み合わせ、108種類の資格が用意されています。試験は実技のみです。

溶接管理技術者

溶接技術への知識に加えて、施工管理の職務能力も持っていることを証明する資格です。工場認定を受けたり官公庁からの工事を受注したりするためには、この資格の保有者を配置する必要があります。特別級・1級・2級のレベルがあり、試験を受けるためには、レベルごとに学歴に応じた職務経験年数が必要です。試験は筆記と口述試験。

溶接作業指導者

溶接作業の現場で監督や技術指導をする立場となるために必要な資格です。受験するためには、JISまたは公的な団体の技能検定制度において、同協会が掲げる資格保有の条件を満たしている必要があります。試験は講習会と試験です。
なお、同協会の資格認証・認定制度においては、合格すると「適格性証明書」が交付されます。

溶接工の収入の目安

Indeed(インディード)で検索可能なデータによれば、溶接工の全国平均年収は約370万円でした。地方別にみると、東京都が約460万円、大阪府が約410万円、北海道が約360万円です。
溶接工は扱う工業製品の幅が広く、扱うものや仕事の内容などにより収入が異なります。同データで、求人における年収の分布を見てみると、年収200万台の募集が70.4%と多数を占め、300万円台が25.5%でした。割合は少ないものの、500万円台、600万円台の求人もありました。

溶接は工業分野で常に求められる技術のため、求人数は安定していて、新着の求人が高頻度で出されています。溶接工のなかでも、高所での配管や水中での造船などは収入を高めに設定している求人もあるなど、スキルを磨いて専門性を高めることで、収入のアップが見込めるとも言えるでしょう。

溶接工の就職状況

溶接工の就職状況はどうでしょうか。入社後に技術を磨いてそれを長く生かすことのできる仕事のため、将来のことも考えてぜひ積極的に行動してみましょう。ここでは溶接工の就職状況について紹介します。

プロフェッショナルを目指す人を国もバックアップ

溶接工をはじめとするものづくり業界では、人手不足が問題になっています。特に中小企業の事業所数、社員数は大幅に減少しており、深刻な状況です。

政府はこの状況を解決するための対策として、就職氷河期世代を対象に無料での技術講習を開催しています。技術講習はキャリアコンサルティングから職場体験、就職支援まで出口一体型のサポートです。
また、一般社団法人日本溶接協会では、女性溶接工の増加にも積極的に取り組んでいます。「溶接女子会」というサイトを設け、溶接業界で実際に活躍する女性の紹介などを通じて、溶接の魅力をアピールしています。

溶接工の求人傾向

溶接工の求人は全国各地から出されています。福岡県・愛知県・広島県など、東京周辺以外の地域でも多くの求人があるのが特徴です。残業や休日出勤の有無は会社ごとに異なります。

Indeed で検索可能なデータによれば、溶接工の求人は全国で4,300件以上ありました。雇用形態の内訳は、正社員が69.2%と半数以上を占め、次いで、派遣社員の求人が19.3%、契約社員が5.5%でした。

長期的に技術を磨く職種のため、アルバイト・パートの求人は比較的少ないようです。同時に未経験者歓迎の求人もあるため、入社後にじっくりと技術を身に付けることができるでしょう。

溶接工の求人情報は、インターネットでも探すことができます。
Indeed なら、「溶接工」とキーワードに入力し、さらに、勤務地や年収、雇用形態などで条件を絞り込むことができるため、効率よく求人情報を見つけられます。

※平均年収・月給・時給及び求人検索件数は、求人検索エンジン Indeed において検索可能なデータより抜粋(2021年4月現在)

まとめ

溶接は現代社会に欠かせない技術であり、自動化しづらい要素もあります。そのため、今後も溶接工の需要はあまり下がることなく維持されるでしょう。
溶接技術を習得できれば職人として長く働いていけます。また、人材の需要は今後さらに上がると見込まれるため、就職先に困ることが少ない職業と言えるでしょう。安全面に注意しつつ、積極的に行動して技術習得に取り組みましょう。

Indeed で、ぜひ溶接工の求人情報を検索してください。

関連情報

すべて表示 

タレントになるには

タレントとは、テレビやラジオを始めとするメディアに出演する人々のことを指します。この記事では、タレントの仕事内容や、タレントになるための方法、年収とキャリア形成、将来性と就職状況についてご紹介します。

小説家になるには

小説家は物語を文章で表現し、小説として世に送り出す仕事です。この記事では、小説家の仕事内容や、なるための方法、年収とキャリア形成、将来性と就職状況についてご紹介します。