仕事図鑑

経理の仕事をするには

会社のお金の流れを管理する経理職は、会社経営において必要不可欠な役割です。

経理の仕事をするためには、資格は必ずしも必要ではなく、「未経験者歓迎」という求人もありますが、簿記の資格や労務、税務の知識、実務経験や会計ソフトを扱えることなどが求められる場合もあります。

この記事では、経理とはどのような仕事なのか、仕事内容や持っていると歓迎される資格、経理のキャリア形成や収入、将来性などについて、未経験の人にもわかりやすく紹介していきます。

経理とは?会社のお金を管理して利益を増やす手伝いをする仕事

そもそも「経理」とは、「経営管理」を略した言葉であり、経理の仕事は「会社のお金を管理すること」です。
会社が行う取引内容を記録し、数字で管理していきます。

また、会社のお金を管理する部門に「会計」がありますが、会計は会社の売上やコスト、利益の管理、会社の資産や負債状況など会社にまつわるお金全般を管理します。

経理は会計の一部で、「伝票作成」や「帳簿記帳」「請求」「支払い」「税金関係の各種申告」「決算書作成」など、公的な会社業務につながるお金の管理業務を担います。また、お金の管理だけでなく、経営資源をいかに活用するかを検討する役割も担っているのが経理です

混同しがちな「財務」との違いは、経理は既に動いたお金を扱うことに対して、財務は経理部が作成した財務諸表などを参考にして未来の資金調達や運用などの予算管理業務を行うことです。

中小企業においては、会計部・経理部・財務部が兼任されていることも多いようです。

会社のお金の流れを把握し、収支のバランスを管理する経理の業務は、会社が利益を上げるために欠かすことのできない重要なポジションです。

経理の仕事

経理の仕事内容は、仕入れや売上管理、現金・預金・小切手などの管理、源泉徴収税や法人税などの計算・納付、給与や社会保険料の計算・納付など非常に多岐に渡ります。その一部を、くわしく見ていきましょう。

勤怠に基づき給与計算をする

経理の仕事で重要な仕事の一つに月次業務で行う給与計算業務があります。給与計算とは、会社で働く従業員に支払う給与を算出する業務のことをいいます。

給与は、雇用契約や会社の規定などに基づいて計算され、社会保険料(健康保険料や厚生年金保険料、雇用保険料など)、税金(所得税や住民税など)が差し引かれて、手取り額が確定します。
この際、社会保険料や税金の計算、徴収と納付の手続きといった国の事務を代行するような大事な業務も行われています。また、企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれており、給与計算はこの契約の根幹を支える業務です。

そのため、給与計算には正確な作業が求められ、労働基準法や雇用保険法、税法といった法律の知識も必要とされる緻密な業務です。

会社の経費や税金の管理をする

会社の経費や税金の管理も経理の重要な業務です。
経理の主な業務内容は、日次業務、月次業務、年次業務の3つに分けられます。

  • 日次業務…出納管理や伝票整理、仕訳、経費精算、会計ソフトへの入力など
  • 月次業務…給与計算や勤怠管理、売掛金の回収、買掛金の支払いなど
  • 年次業務…年次決算書の作成や貸借対照表の作成、源泉徴収税の管理・支払い、年次決算における税務申告や有価証券報告書、会計監査対応など

このように経理の仕事は、1日、1カ月、1年という一定のサイクルで行っていきます。月次業務の締切で売上・支出の集計や帳簿作成などの処理を行う月末・月初や、年末調整関連の業務で12月、3月決算の場合は3~4月の年度末・年度初めは経理の繁忙期となります。

経理の仕事をするには

経理の仕事をするためには、どのようなスキルや資格が必要なのでしょうか。
経理に向いている人物像も併せて紹介していきます。

経理の仕事に必要なスキル

経理の仕事に必要なスキルは、まずは基本的なパソコンスキルです。多くは会計ソフトやMicrosoft OfficeのExcelなどを使います。必須ではありませんが、Excelなどで使えるプログラミング言語「VBA」を使えると、エクセルと会計ソフトとの連携など作業の効率化に役立てることができます。

さらに、前述した日次業務・月次業務・年次業務を遂行できるスケジューリング能力も必要です。

経理の仕事をするために必要な資格といったものはありませんが、求人によっては簿記などの資格を持っていることを条件としていることが多いようです。特に、簿記2級以上、英語スキルなどのほか、決算業務や税務申告、開示資料作成などの実務経験があると就職・転職活動に有利だと言われています。

財務・経理系の仕事は資格が多く、資格を取得することで評価を上げることができるため、次に紹介する資格も持っていると役に立つでしょう。

  • 日商簿記検定…日本商工会議所が実施。業務において使える技能は2級以上と言われています。
  • 給与計算実務能力検定…内閣府の認可団体が実施。給与計算の基本から社会保険、労働に関する法律、税務知識が問われる資格です。2年毎の資格更新手続きがあります。
  • 経理・財務スキル検定(FASS検定)…経済産業省が実施。経理・財務部門における実務スキルが問われる試験です。
  • 国際会計検定(BATIC)…東京商工会議所が実施。グローバルなビジネスに役立つ英語力と国際会計のスキルに精通した人材育成を目的とした検定試験です。外資系企業や海外進出をしている企業などの転職・就職活動に役に立ちます。

経理に向いている人はこんな人

経理の仕事は、伝票の作成や会計ソフトへの入力作業など、細かいコツコツとした作業が多く、ひたすら数字と向き合う高い集中力が求められる仕事です。
そのため経理に向いている人は、次のような人だと言えるでしょう。

  • 数字に強い人
  • コツコツ仕事に取り組むことができる人
  • コミュニケーション能力がある人
  • 忍耐力がある人
  • マルチタスクができる人
  • 勉強が好きな人

経理の仕事は、経営的な視点で会社を見ることができます。そのため会社にとって経営コンサルタントのような役割を担い直接会社の利益に貢献できている実感や、専門性の高さを生かした正確な業務によって営業や経営陣に感謝されることもあるなど、さまざまなやりがいを感じられる仕事だと言えます。

経理の年収とキャリア形成

経理の収入はどれくらいか、また経理として働く場合のキャリア形成について見ていきましょう。

経理の収入の目安

Indeed(インディード)で検索可能なデータによると、経理の平均年収は、全国で約556万円でした。地域別では、東京都で約640万円、神奈川県で約572万円、大阪府で約522万円、福岡県で約429万円などとなっています。

同データで時給を見てみると、全国平均は1,491円、地域別では、東京都で1,716円、神奈川県で1,535円、大阪府で1,400円、福岡県で1,150円でした。

経理のキャリアアップ方法

経理の仕事は、実務経験を積みながらスキルアップを図っていくことでキャリアの幅が広がります。

未経験でスタートする場合は、日次業務や月次業務のアシスタント業務を通して、経理の知識やスキルを身に付けていきます。

経理の実務経験をある程度積んだら、次は月次決算を目標にし、月次業務をマスターしたら、次は一人でも年次決算処理ができるように、コツコツと経験を積んでいきます。

年次決算ができるようになれば、決算書作成、連結決算、納税申告なども行えるようになり、経理として一人前と認められます。部署のリーダーや管理職を目指すことができるでしょう。

また、経理としてスキルを磨くためには勉強が必要です。特に、資格試験のチャレンジがおすすめです。業務に必要な知識を学べることに加えて客観的に能力が評価されることで、業務の幅を広げることができます。

経理の仕事の将来性と求人傾向

経理の仕事は、長く安定して続けることができるのか、将来性や求人傾向を見ていきましょう。

グローバル化で英語力のある経理が求められている

現在日本では、会計基準をIFRS(国際財務報告基準/国際会計基準)に近付けるための改正が行われています。IFRSとは、IASB(国際会計基準審議会)が設定した会計基準で、2005年にEUでEU域内上場企業に適用を義務付けしたのを契機に、多くの国でIFRSを自国の基準として採用する動きが高まっています。日本国内でもIFRSを任意適用する企業が増えており、日本取引所グループのデータによると2020年12月時点で上場企業を中心として218社の企業で適用されています。

このようにIFRSの適用が広がりを見せるにつれて、経理業務においても英語力が求められるようになってきました。
求人によっては、「TOEIC600点以上」「英語でのコミュニケーション能力」などを歓迎スキルとしているところもあり、今後は、経理や財務などの事務能力だけでなく、英語力などもアップしておくとキャリアアップにつながる可能性があります。

経理の求人傾向

Indeedで検索可能なデータによると、「経理」の求人件数は全国で2万4,800件以上ありました。

雇用形態別に求人数を見ると、正社員は59.8%、派遣社員18.4%、アルバイト・パートが13.7%、契約社員5.5%、新卒2.2%などでした。

経理は就職・転職しやすい?

経理は、他の事務職に比べて転職しやすい職種です。経理スキルは汎用性が高く、企業規模や業種にさほど関係なく会社を変わっても即戦力として働くことができるからです。
特に決算業務の経験者はニーズが高く、英文経理の経験などプラスアルファのスキルがあると転職活動に有利です。

また、未経験者の場合は、経理アシスタントなどからスタートし、実務経験を積みながら簿記などの資格を取得し、キャリアアップを目指していきましょう。

経理の仕事探しは、インターネットでも行えます。
Indeedで「経理」「経理 未経験」などのキーワードで検索しましょう。Indeedなら、勤務地や年収、雇用形態などで条件を絞り込むことができるため、自分の探したい求人情報を効率よく探すことができます。

※平均年収・月給・時給及び求人検索件数は、求人検索エンジンIndeedにおいて検索可能なデータより抜粋(2020年12月現在)

まとめ

会社のお金の流れを把握し、収支のバランスを管理する経理の業務には、簿記や法律に関する知識などの専門性が求められます。
経理の主な仕事内容は、従業員の給与計算や、会社の経費、税金を管理することです。
経理として働く上で絶対に必要な資格はありませんが、簿記などの資格を取得しておくと求人応募の際に有利です。
実務経験を積みながらスキルを磨き、資格取得などを通して勉強をしながら、仕事の幅を広げてキャリアアップを図っていきましょう。

関連情報

すべて表示 

イラストレーターの仕事をするには

イラストレーターになるために必要な資格は特にありませんが、最近は制作物をデジタルデータで納品することも多く、絵を描く技術はもちろん、パソコンやソフトを使いこなせる力も必要とされています。イラストレーターの仕事内容や、イラストレーターになるための手段、働き方や収入などについてご紹介します。

測量士補の仕事をするには

測量士補とは、測量士が作成した測量計画に従って測量を行う仕事です。土木工事の施工前に土地の測量を行うためには、国家資格である測量士・測量士補の資格が必要になります。測量士補はどのような仕事内容なのか、国家資格やキャリアパス、将来性などを紹介します。