仕事さがし

指揮官型 (ENTJ) におすすめの職業

ENTJ はマイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標の性格タイプの1つで、外向型 (Extroverted)、直観型 (Intuitive)、思考型 (Thinking)、判断型 (Judging) の頭文字を取っています。指揮官型と呼ばれ、エネルギッシュで起業家精神に溢れ、カリスマ性があります。この性格タイプの人は集中力が高く、やる気があることで知られており、スピード感を求められる職場が理想的です。リーダー職や管理職もこなせる人が多く、周囲からの信頼を勝ち取り、高いレベルで実行することができます。

この性格タイプの人達は、大胆な行動力が備わり、どんな状況でも主導権を握ろうとする傾向があることから指揮官型と呼ばれます。他の性格タイプと同様に、仕事での満足感を高めるためには、生まれ持ったスキルや能力に合ったキャリアを見つけることが重要です。

指揮官型は、さまざまなキャリアで成功することができます。次に挙げる仕事がすべてではありませんし、情熱を傾けて楽しんでいるのであれば、どのような職業でも成功する可能性が高いでしょう。しかし、特に次のような職業では指揮官型の資質が役立てられます。

指揮官型 (ENTJ) におすすめの職業

指揮官型は意欲的で勤勉なので、仕組みがはっきり整った仕事に向いています。混沌とした仕事や、誰かに従わなければならないような仕事はあまり向いていません。また、自分に挑戦することができ、自主性が求められ、リーダーシップを発揮できるような仕事を探しましょう。

プロジェクトの立ち上げを成功させるには、チーム全員がタスクをこなす必要があります。プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの参加者たちを指揮し、役割と責任を管理して、進捗状況を把握します。小さなタスクや詳細まで管理しながら、全体像に集中しなくてはなりません。

指揮官型には優れた判断力とリーダーシップスキルが備わっているため、この仕事に適任です。プロジェクトマネージャーには、予算の維持、チームミーティングの実施、プロジェクトのタイムラインの整理など、多くの責任があります。人に指示を与えることが得意なので、プロジェクトマネージャーとして成功することができるでしょう。

指揮官型は外向的で、人との関わりから活力を得ます。人とつながりたいという願望があるため、顧客との信頼関係を築き、結果として売上が求められる営業職に向いていると言えます。

指揮官型の人が営業職に就くには、商品に思い入れがあり、信じていることが重要です。情熱に突き動かされるので、自分が売り込んでいる商品に情熱を持てない場合、この仕事は難しいかもしれません。

関連記事:やりがいを持てるキャリアへつながる情熱を見いだすには

3. 医療分野

医療分野の仕事には集中力、気力、職業倫理が求められます。効率や意欲も必要ですが、どちらも指揮官型が持つ資質です。医療分野で自分に合った仕事を簡単に見つけることができるでしょう。

例えば、集中力と気力を必要とする外科医は、指揮官型に向いている職業です。他にも、医療分野では次のような職業が指揮官型におすすめです。

監査業務では、複雑な財務文書を分析して不正を特定し、さまざまな貸借表が一致しているかを判断する責任があります。監査プロジェクトを完了させるには集中力が求められますが、これは指揮官型の得意分野の1つです。ある程度の時間は単独で仕事をしますが、監査を受ける個人や企業、政府機関、銀行、金融機関など、複数の利害関係者とのやり取りも発生します。

自分のスケジュールを維持・管理する必要がありますが、これは起業家精神が旺盛で主体性のある指揮官型の強みでもあります。

指揮官型はカリスマ性があり自信に満ちているので、講演者として聴衆と信頼関係を築くことができます。講演者には正確さと思慮深さも必要ですが、どちらも指揮官型に備わっているスキルです。これらの資質を活かして、人事部長や広報マネージャー、自己啓発セミナーの講師など、人前で話すことを必要とする多くの役割で成功できます。

指揮官型が避けたほうがいい職業

指揮官型はさまざまなキャリアに向いていますが、やりがいや面白みを感じられない仕事もいくつかあります。

1. 事務

事務作業には従わなければならないルールが多いため、主体性を持って働くのが好きな指揮官型にとっては難しい仕事です。事務作業は反復的で、創造性をあまり必要としないことが多いので、指揮官型が好むやりがいのある環境とは言えません。

2. 受付

受付は頻繁に人とやり取りする仕事ですが、通常は決められた業務を繰り返すことが多いでしょう。そのため、起業家精神を発揮したり集中できるような、複雑な仕事をこなす機会は多くありません。受付の仕事は指揮官型にとっては満足のいくものではないかもしれませんが、経験を積むための最初の仕事としては興味深い選択肢かもしれません。

3. アシスタント

リーダー職を好む指揮官型は、誰かの指示に従わなければいけない仕事は避けたほうがいいでしょう。他の人のアシスタントとして働くような職業では、満足感を得られません。

4. 心理カウンセラー / ケースワーカー

前述したように、指揮官型は具体的な問題に特定の解決策で取り組むことを好みます。キャリアの選択という意味では、人が感情を理解したりコントロールするのをサポートするような仕事は避けたほうがいいでしょう。例えば、児童心理カウンセラーやケースワーカーのような仕事は、客観的な解決策がないかもしれない現在進行中の問題を扱う必要があるので、指揮官型には難しいと言えます。

指揮官型の生まれ持ったスキルを活かせるキャリアは、複数あります。リーダーシップのスキルを仕事で発揮できるような、やりがいのあるポジションを探してみましょう。他の性格タイプ と、そのスキルを活かせるキャリアについては、こちらから見ることができます。

もっと読む:指揮官型 (ENTJ) の性格タイプのすべて

関連情報

すべて表示 

転職を目指す50代の人におすすめの資格とは?目指しやすい業界も紹介

50代の転職を検討している方へ向けて、おすすめの資格を紹介します。また、50代の転職者に企業が求めていることやニーズのある業界も解説します。

主婦(夫)が稼げる仕事9選!選び方のポイントも紹介

「子育てがひと段落して時間が空いた」「家計を助けるため」などきっかけに違いはありますが、主婦(夫)だって稼げるお仕事をしたい!そこで、しっかりと収入を得るための仕事の探し方や職種を紹介します。