仕事さがし

領事官型 (ESFJ) におすすめの職業

自分の性格タイプを理解することで、生まれ持った強みに合った仕事探しができるようになり、また、自分には合わない職種を避けるのにも役立ちます。マイヤーズ・ブリックス・タイプ指標 (MBTI) は、個々の性格の特徴を理解し、長期的な視点からキャリアの成功を収められるように設計されています。自分の性格タイプを認識し、充実感を得られるキャリア形成を目指しましょう。この記事では、領事官型に合ったキャリアパスをご紹介します。

領事官型 (ESFJ) の性格

ESFJ とは、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標の性格タイプの1つで、外向型 (Extroverted)、感覚型 (Sensing)、感情型 (Feeling)、判断型 (Judging) の頭文字を取ったものです。領事官型と呼ばれ、真面目で現実的な性格の持ち主です。責任感が強く、他者のニーズに敏感に気づくことができます。調和を重視し、時間や労力を惜しまない思いやりのある人柄で、職場でも家庭でも他の人を喜ばせるために頑張ります。忠誠心やしきたりを重視し、強い道徳観を持っています。定型業務を好み、同じスケジュールを守るため、秩序や生産性を維持することができます。

他者のニーズに共感する領事官型は、すぐに手を差し伸べます。秩序や連帯感を強く意識しているので、組織やプロセスを構築し、維持する仕事を任される傾向があります。

領事官型におすすめの職業

協調性や調和が保たれた職場を好み、社会的秩序を保つことに関連する仕事に惹かれます。曖昧さを好まない性格であることから、行動には善と悪のどちらかしかないと考え、他の人にも同じ秩序と実用性を期待します。

一貫した定型業務が行える環境であれば、幅広い分野に領事官型の活躍できる場があります。他者の気持ちに敏感なので、社交性に優れ、空気を読むのが得意です。強い義務感を持ち、職場に対して忠実で、周囲の人々から人気があります。

次のような分野が、領事官型に向いています。

芸術と人文科学

現実的で計画通りに物事を進めたい領事官型は、細心の注意を必要とする、人助けに多く関われるような仕事を好みます。生まれつき実用主義者なので、抽象的でのびやかさが求められるような芸術や人文科学の分野は避ける傾向にありますが、この分野でのキャリアを選択した場合は、次のような職種に興味があるかもしれません。

メディアと報道関係

領事官型は、仕組みがはっきりと整っている職場環境を好み、几帳面な性格なので、幅広いキャリアで力を発揮できます。問題解決能力があり、秩序のある事業構造を求め、人助けしたいという願望を持っているため、次のようなキャリアに適しています。

ビジネス

領事官型の人は、ベンチャーから大手企業まで、仕事で成功するための多くの機会を見つけることができます。プロセスや構造、ヒエラルキーを尊重するので、ほとんどの組織に自然に馴染むことができます。次のような仕事を検討してみましょう。

教育と医療

領事官型は、他者のニーズに非常に敏感で、自分の知識や洞察を同僚に共有することを楽しみます。頭脳明晰で正確で社交的なため、管理職としても実務担当者としても貢献できるでしょう。効率性を重視しつつも、同僚との協力に思いやりを持って取り組めるので、教育や医療分野のキャリアで理想的なバランスを保つことができます。

領事官型が避けたほうがいい職業

自分の性格タイプを理解することは、自分に合った仕事や避けた方がよい仕事を知るのに役立ちます。例えば、領事官型は航空管制官や救急救命士のような、予測不可能で瞬時に適切な判断が求められるような環境で働くことを嫌う傾向にあります。複雑で抽象的なプロセスにも耐えられず、退屈したり孤立しない仕事を好みます。領事官型の人は、次のようなキャリアは避けたほうがよいでしょう。

  • ソフトウェア開発者
  • フリーランス
  • 俳優
  • 弁護士
  • ジャーナリスト

自分の性格タイプを活かす方法

マイヤーズ・ブリッグスの性格タイプの特徴は、職場を含むさまざまな場面で表れてきます。得意な状況と苦手な状況に、自分の傾向が仕事や同僚にどのような影響を与えるかを考えてみましょう。

領事官型が得意な状況

  • プロジェクトや活動に率先して取り組む準備ができている。
  • 新しい社交クラブを作るなど、チーム作りの活動を先導することにわくわくする。
  • 生徒や同僚を励ましたり指導することでやる気が上がる。

領事官型が苦手な状況

  • 長時間、作業の邪魔をされるのを嫌う。
  • 大きな変化に不安を感じる。
  • 不便なことに対し不満を抱く。

自分の性格タイプを知ることは、仕事に応募したり面接を受ける際にも役立ちます。採用企業は候補者の自己認識力を重視しているため、自分の強みと弱みを率直に話せれば、面接官を感心させることができます。自分がどのような状況を得意とし、苦手としているかを理解することで、会社にどのような貢献ができるか、自信を持って話せるようになります。

領事官型にとって、長期的なキャリアの満足度を高める鍵は、体制と感性、定型業務と思いやりのバランスを見極めることです。多才で実用的な性格は多くのキャリアパスや業界で活かすことができるので、自分の強い道徳心と合った仕事を見つけられれば、その道で成功することは間違いありません。

もっと読む:領事官型 (ESFJ) の性格タイプのすべて

関連情報

すべて表示 

ダウンロード形式のエントリーシート 入手から提出まで

就職活動時の応募書類の1つ、エントリーシートを、インターネットからのダウンロード形式で配布する企業が増えています。入手から提出までの注意点を知り、パソコン等の環境を整えておきましょう。

OB、OG訪問の目的は?流れや重要ポイントを解説!

就職活動の際に耳にするOB、OG訪問ですが、どんな意義があるのでしょうか。OB、OG訪問の流れや良い印象を与える質問例、押さえておきたい重要ポイントも解説します。