仕事さがし

エンターテイナー型 (ESFP) におすすめの職業

ESFP はマイヤーズ・ブリッグスの16性格タイプの1つで、エンターテイナー型と呼ばれています。社交性があり、生まれ持った魅力的な性格で周囲を惹きつけます。

Indeedで履歴書を作成

エンターテイナー型 (ESFP) の性格

エンターテイナー型の人はスポットライトが大好きです。快活で魅力的で、周囲から人気があります。人を楽しませるのが得意ですが、決して自己中心的なわけではありません。むしろ感情的な知性は非常に高く、周囲の気分を敏感に読み取ります。聴衆に合わせて自分のプレゼンテーションを簡単に調整することもできます。

エンターテイナー型は、一緒にいて楽しい存在です。美的感覚が鋭く、ハイキングで自然の風景に感動したり、ファッションショーで華やかな衣装にうっとりしたり、見るものすべてに美しさを見出します。他にも、エンターテイナー型には次のような特徴があります。

  • 自発的
  • 楽しいことが好き
  • 温かい
  • 感じが良い
  • 遊び心がある
  • 率直
  • 活動的
  • 活気に満ちている

エンターテイナー型におすすめの職業

パフォーマー型と呼ばれることもあるように、人前に出るのが得意ですが、この性格タイプに向いているキャリアはそれだけではありません。わくわくするような、興味深く多様性のある仕事にやる気を持って取り組めるでしょう。社交的な環境で満足感を得るエンターテイナー型に理想的なのは、常に人と関われる仕事です。また、個性を最大限に活かせる仕事を探すことをおすすめします。次に挙げるのは、エンターテイナー型の性格タイプに適したキャリアの一例です。

営業担当者には顧客のニーズに応える責任があります。一般的な仕事内容は、顧客や見込み顧客への連絡、ROI やプレゼンテーションの作成、顧客のニーズに合った製品やサービスの特定などです。エンターテイナー型は人間関係を構築して維持するのが得意なため、営業担当者として成功することができるでしょう。

エンターテイナー型にとって理想的なのは、すでに自分が楽しみながらやっている活動を収入につなげられるような仕事です。プライベートでもパーティーなどの集まりを計画することが多いエンターテイナー型は、イベントプランナーとしてスキルを活かすことができます。イベントプランナーは、企業の集まりや、展示会、プレスイベント、結婚式など、専門的なイベントのみを担当することもあります。

メイクや髪のスタイリングなどを行うこの仕事で、エンターテイナー型は人柄の良さや細部への注意力を活かすことができます。注目の集め方を熟知しているエンターテイナー型ですが、他者のニーズにも細やかに対応し、どんなタイプの顧客にもぴったりなスタイルを提案することができるでしょう。

演技や歌、お笑いなど、パフォーマンスアートの才能があるエンターテイナー型は、ショービジネスで成功する可能性が高いでしょう。その才能を活かして、自己啓発セミナーや企業研修、教育機関などの講師というキャリアを選ぶこともできます。

客室乗務員は柔軟で、寛大で、気配り上手でなければなりませんが、これらの条件はエンターテイナー型の得意分野です。交友関係を広げたり、新しい人と出会うのが好きなため、あらゆるタイプの人と一緒に仕事ができます。機内に乗客を迎え入れ、フライト中に快適に過ごせるようにするためのタスクにも向いています。また、新しい場所へ旅行したり、毎回機内で新しい人々と出会うことができるのも、仕事の楽しみの1つとなるはずです。

エンターテイナー型は、実用性を念頭に置きながらも、豊かな発想力を持ち独自のアイデアに溢れています。ツアープランナーとして、独創的なアイデアと現実的な計画を組み合わせ、顧客に素晴らしい旅行プランを提案できるでしょう。また、観察眼に優れていることから、それぞれの顧客が自分にとって最適な形で休暇を楽しめるようサポートすることができます。

ツアーガイドになれば、エンターテイナー型は毎日人と交流することになります。さまざま旅行客グループのニーズにも、機転を効かせて臨機応変に対応できるでしょう。また、話し上手なので旅行者への説明も得意です。人と一緒に働くのが好きで、様々なタイプの人との交流を楽しめるタイプです。エンターテイナー型は幅広いタスクを柔軟にこなすのが得意なので、ツアーガイドとしても、さまざまな種類のツアーを担当する機会が持てるようなキャリアに活躍の場があるでしょう。

エンターテイナー型が避けたほうがいい職業

明るくて大胆なエンターテイナー型は、さまざまなキャリアで力を発揮します。しかし、制約が多いと感じて満足感が得られない仕事もあるので、注意しましょう。

  • テクニカルライター:エンターテイナー型には創造力がありますが、それを紙の上よりも人々の前で表現できる仕事に適しています。テクニカルライターは、エンターテイナー型が必要とする社会的交流が少ない、孤独な仕事かもしれません。

  • 経理:経理は、論理と秩序を楽しむ人にとっては満足できるキャリアですが、エンターテイナー型は柔軟でクリエイティブなタイプなので、数字よりも人との交流を欲することもあるでしょう。

  • 人事:人事担当者は人と接する機会が多く、エンターテイナー型が惹かれる可能性があります。しかし、この仕事の面白さは定型化するとすぐに薄れてしまいます。

新しい仕事を探しているエンターテイナー型の人は、チームで働くか、人と関わることが多いキャリアに目を向けましょう。革新的なエンターテイナー型の人には、柔軟性と創造性を発揮できるキャリアが理想的です。

もっと読む:エンターテイナー型 (ESFP) の性格タイプのすべて

関連情報

すべて表示 

50代の再就職の実情は?再就職を成功させるコツも紹介

50代で再就職を目指す方に向けて、同年代の再就職の実情や再就職が難しい理由を解説します。また、再就職を成功させるためのポイントも紹介します。

40代の転職に有利な資格とは?おすすめの資格を紹介

40代で転職を検討する場合、資格を持っていると選考時に有利となる可能性があります。有利になる資格選びのポイントや、おすすめの資格も紹介します。