仕事さがし

幹部型 (ESTJ) におすすめの職業

ESTJ とは、マイヤーズ・ブリッグスの 16性格タイプ の1つで、外向型 (Extroverted)、感覚型 (Sensing)、思考型 (Thinking)、判断型 (Judging) の頭文字を取っています。幹部型と呼ばれ、生まれながらのリーダーであり、その正直さと誠実さはどのような職場でも高く評価されます。幹部型の人は、ほぼすべてのリーダー職で成功することができるでしょう。管理者や、プロジェクトチームのリーダー、マネージャーなど、他者を監督したり指導するポジションで才能とスキルを発揮できます。

新しいキャリアパスを模索している幹部型の人は、この性格タイプの強みが発揮でき、必要とされるようなキャリアを検討しましょう。自分の性格に合う仕事を選ぶことで、やりがいのあるキャリアパスで成功することができます。

幹部型 (ESTJ) の性格

幹部型は保守的で、問題解決には長い間実証されてきたアプローチを取ることを好みます。手順に忠実に従い、定められたガイドラインを守るのが得意です。革新性や創造性よりも事実や根拠を重視します。幹部型にとって、秩序と組織は最優先事項です。

幹部型の人は、困難な仕事にも前向きに挑みます。仕事やプロジェクトが難しくなったり、単調になったりした場合も、強い意志でやり遂げます。目標達成をあきらめることはほとんどありません。期待以上の成果をあげる人材として評価され、常に次の挑戦に向かって前進しています。

幹部型には、次のような特徴があります。

  • 献身的
  • 率直
  • 誠実
  • 忠実
  • 計画的
  • 几帳面
  • 信頼できる

幹部型におすすめの職業

幹部型の人は、リーダーシップやマネジメントに関連したキャリアがおすすめです。この性格タイプには、他者を導く意欲がある人も多いでしょう。献身的で勤勉なので、手本を示して指導することができ、多くの業界で高く評価されます。具体的には、次のような職業が幹部型におすすめです。

法律に興味がある幹部型の人は、裁判官に向いているかもしれません。裁判官になるには司法試験に合格したうえで法曹界での経験が必要になりますが、このキャリアパスは多くの幹部型にとって魅力的でやりがいのあるものです。幹部型は成功のために必要なステップを視覚化し、1つずつ達成していくスキルに長けています。不誠実さや無秩序を嫌い、裁判官として社会の問題を解決するために積極的に取り組むことができます。

エネルギッシュでリーダーシップがある幹部型は、コーチという仕事に向いています。幹部型の多くが学生時代にスポーツをしており、チームのキャプテンになることも多いでしょう。このような若い時の経験は、後にコーチとして成功するために必要な糧となります。幹部型はチームを成功に導くための影響力を持ち、チームワーク力を高め、長期的な改善のためにチームを継続的にトレーニングすることができます。

このスキルは、マーケティング、金融、経営コンサルタントなど、企業のコーチングにも活かせます。

幹部型には秩序と構造を好む性質があるため、金融業界でのキャリアで成功するでしょう。また予算管理の細部まで目が利くので、システムの合理化、コスト節減、効率化などの変革を誰よりも先に生み出します。幹部型にとって、財務文書を管理するという秩序と、チーム管理というリーダーシップの両方の側面を楽しむことができる仕事です。

ホテル支配人は、日々新たな課題に直面します。この職種には、系統立てて効率的に課題を解決する能力が求められるため、効率的な習慣や手順を取り入れるのが得意な幹部型に向いています。ホスピタリティ業界でこのスキルを活かすことで、効率的なチェックインから手入れの行き届いた客室の準備まで、レベルの高い顧客サービスを実現することができるでしょう。

ここに挙げられた仕事は、秩序や構造を好む幹部型の性質を活かせる仕事です。幹部型は常に目標を意識し、集中力や一貫性があるため、リーダーとして高い能力を発揮します。また幹部型には、対人スキルやコミュニケーション能力といった経営者に必要なスキルも備わっています。CEO (最高経営責任者)という仕事では、幹部型のスキルを活かして、品質管理や予算管理を行ったり、企業ミッションや目標を掲げて従業員を成功に導くことができるでしょう。

チーム管理にあまり関心がない場合は、不動産仲介として組織力とリーダーシップのスキルを活かすことができます。仲介業者の多くは、個人でスケジュールを決めて柔軟性に動くことができます。個人的な目標を設定し、達成したいという幹部型の欲求を満たせるような挑戦がたくさん待ち受けているでしょう。自発性が求められるこのキャリアパスは、物事を整理し、プロジェクトのタイムラインを視覚化するのが得意な幹部型に向いています。

幹部型が避けたほうがいい仕事

構造を好む幹部型が、あまり力を発揮できない職業もあります。次のような職業は、幹部型にとって困難なものとなるでしょう。

1. 芸術家

幹部型にはクリエイティブな側面もありますが、プロのアーティストのような体系化されていない仕事は楽しめないでしょう。具体的には、作家やミュージシャン、俳優などがこれにあたり、先の見通しが立てづらいことから、組織を必要とする幹部型にとって理想的とは言えないかもしれません。

2. データ入力

幹部型の組織力と細部への注意力はデータ入力の仕事に適していますが、人との交流があまりない仕事だと感じるかもしれません。業務内容に変化はあまりなく、くりかえし作業が求められます。

3. 保育士

子供たちと関わる仕事は予測不能なことが多く、混沌としたものです。忍耐力と柔軟性が求められますが、どちらも幹部型が苦手とするスキルです。幹部型は子供たちの見本になれるような存在ですが、大人数の小さな子供のいる環境での仕事は楽しめないかもしれません。

適切な専門分野を選べば、幹部型はどのような業界でも満足のいくキャリアを築くことができます。生まれ持ったリーダーシップを活かして、職場に変化をもたらせるような機会を見つけましょう。

もっと読む: 幹部型 (ESTJ) の性格タイプのすべて

関連情報

すべて表示 

50代の再就職の実情は?再就職を成功させるコツも紹介

50代で再就職を目指す方に向けて、同年代の再就職の実情や再就職が難しい理由を解説します。また、再就職を成功させるためのポイントも紹介します。

40代の転職に有利な資格とは?おすすめの資格を紹介

40代で転職を検討する場合、資格を持っていると選考時に有利となる可能性があります。有利になる資格選びのポイントや、おすすめの資格も紹介します。