仕事さがし

仲介者型 (INFP) におすすめの職業

キャリアパスを選ぶ際には、自分の興味や目標、能力などを考慮して検討するといいでしょう。他の人からのアドバイスも役に立ちます。もう1つの視点として、人の心理的嗜好や意思決定プロセスについての洞察を提供する、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標の結果も活用してみてはいかがでしょうか。自分の性格タイプの特徴を理解することで、仲介者型の本来の強みや好みに合ったキャリアを探すことができます。

仲介者型 (INFP) の性格

INFP は内向型 (Introverted)、直観型 (Intuitive)、感情型 (Feeling)、知覚型 (Perceiving) の頭文字を取った性格タイプです。仲介者型と呼ばれ、好奇心と探求心が旺盛で、革新的な性格です。楽観的な視点でチームにインスピレーションを与える存在となります。人口のわずか2%しか存在しない仲介者型は発想力も豊かで、パターンなどに隠れた規則性を簡単に発見でき、抽象的な思考を好みます。

仕事では全体を俯瞰する傾向があり、細部にはあまり関心がありません。新しいことを学んだり、世界を変えたいという希望を持っています。情熱を持って全力でプロジェクトに取り組む一方で、長期的に熱意を維持するのが難しいと感じることもあります。

関連記事:マイヤーズ・ブリッグス16性格タイプを知ろう

仲介者型におすすめの職業

広報運動家型 (ENFP) と同じように、仲介者型もクリエイティブで意義があるような職業に向いているという調査もあります。しかし、外向的な広報運動家型とは異なり、仲介者型は1人の時間を大切にします。他人の感情に敏感で、困っている人にはいつでも手を差し伸べるため、チームにとっては貴重な存在です。

次のような職業が、仲介者型におすすめです。

芸術と人文科学

仲介者型は、よく知らない周囲の人からは、遠慮がちな人だと見られることがあります。創造力が豊かな仲介者型は芸術の分野で才能を発揮しますが、1人でいるのを好むために、舞台裏や孤独な環境で作品を作る傾向があります。芸術分野でのキャリアを探している仲介者型の人は、次のような職業を検討してみましょう。

メディアと報道関係

仲介者型は物事を関連づけるのが得意なので、複雑な話題について読んだり議論することを楽しみます。また、クリエイティブな問題解決方法に惹かれたり、外国語や視覚芸術の才能を発揮することもあります。これらのスキルは、メディアや報道関係での仕事に役立つでしょう。

ビジネスと IT

今日のビジネスは多様化しており、テクノロジーが重視されることが多くなっています。仲介者型はストレスの多い営業や、顧客と接するような仕事を避ける傾向がありますが、ビジネスや非営利団体の中には創造力や繊細さ、大局的な考え方が求められる仕事も少なくありません。具体的には、次のような職業がおすすめです。

教育と医療

仲介者型は自分の感情だけでなく、他者の感情も繊細に汲み取ります。周囲の人が気持ちの面で求めているものを与えようと努力するため、教育や、カウンセリング、セラピーなどの医療分野の仕事に適しています。仲介者型は静かな空間に居心地の良さを感じ、1対1での会話を楽しみます。

仲介者型が避けたほうがいい職業

生まれ持った能力や性格に合わせてキャリアパスを選べば、仕事での満足度を高めることができます。どのような性格タイプでもあらゆる環境で成功する可能性を秘めていますが、仲介者型は多くの企業で見られる広いオフィス環境を避ける傾向にあります。しばしば1人の時間を求め、静かな空間でより高い生産性を発揮します。営業職では疲弊したりストレスを感じることが多く、法執行機関や大人数の観客の前で演じるような職業も、性格に合っているとは言えないでしょう。新しいキャリアを検討している仲介者型の人は、次の職業は避けたほうがいいかもしれません。

  • セールスマネージャー
  • パフォーマー
  • 警察官
  • 弁護士や裁判官

自分の性格タイプを活かす方法

どんな性格タイプでも、周囲の環境に応じて異なる反応を見せます。自分の性格タイプを理解して職場で活かすには、得意な状況と苦手な状況に自分がどう反応するかを考えると役立つことでしょう。

仲介者型が得意な状況

  • クリエイティブな考えや長期的な計画に1人で取り組む。
  • 新しいホームページや書籍の装丁など、クリエイティブな成果物を評価する。
  • 同僚や顧客、患者と、1対1の有意義な会話をする。

仲介者型が苦手な状況

  • 予算管理などの細かい作業を行う。
  • プレッシャーのかかる大人数の会議などに、参加する準備ができていないと感じる。
  • クリエイティブななアイデアや提案を却下される。

仲介者型に合ったキャリアを選ぶには、自身の強い価値観と生まれ持った創造力を活かせる職業を探すことが成功への鍵です。自分の価値観や直観に導かれる仲介者型が長期的に成功を収めるには、これらの強みを活かした仕事に就くのが最良の選択肢です。

もっと読む:仲介者型 (INFP) の性格タイプのすべて

関連情報

すべて表示 

実績を武器に、ねらえ!エグゼクティブ転職--30代後半以降の転職

より高い給与や、より大きなフィールドを求める「エグゼクティブ転職」が可能になるのが30代後半以降の転職です。キャリアの飛躍を成し遂げているのは、どんな経験、スキルを持った人材なのでしょうか。

転職活動は仕事をしながら?辞めてから?それぞれのメリットとデメリット

転職を考えた時、仕事をしながら転職活動を始めるべきか、辞めてから始める方が良いのか、迷うことがあります。本記事では、いつから始めるのが良いのか、それぞれのメリット、デメリットなどを解説していきます。