仕事さがし

建築家型 (INTJ) におすすめの職業

満足感の高いキャリアパスを築く第一歩は、自分の性格やスキル、興味、経済的な目標に合った仕事を見つけることです。マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標 (MBTI) は、自分が生まれ持った強みや価値観、動機を理解するのに役立ちます。これらを元に自分に合った職業を意識することで、建築家型 (INTJ) にとってやりがいのあるキャリアを手に入れることができます。

  • 芸術と人文科学
  • メディア
  • ビジネスと IT
  • 金融
  • 教育や法律関係
  • 医療や健康に関わる仕事

Indeedで履歴書を作成

建築家型 (INTJ) の性格

INTJ とはマイヤーズ・ブリックス・タイプ指標の性格タイプの1つで、内向型 (Introverted)、直観型 (Intuitive)、思考型 (Thinking)、判断型 (Judging) の頭文字を取っています。建築家型と呼ばれる、根拠と論理に従うタイプで、知識欲があります。自信家で、周囲の世界をより良いものへと改革することを目指してます。自信がある場合でも、大人数のグループやよく知らない人たちに囲まれると居心地が悪くなることがあります。表面的な世間話をするよりも、アイデアを出し合って絆を深めることを好みます。

建築家型は、深いつながりや可能性に気づく才能があり、自分自身や周囲の世界を改善するための問題解決能力を備えています。非常に分析的なため、はっきりした根拠なしに感情によって意志決定する人を理解するのに苦労するかもしれません。自立した性格で、人間関係も注意深く選び、同じような考えを持つ人との付き合いを好みます。強い知識欲があり、他者から学んだり話し合うのを楽しみます。独断的で完璧主義的な面もあり、質の高い仕事を求められる時にはメリットになることもありますが、職場の人間関係で対立を招いてしまうこともあります。

建築家型におすすめの職業

研究によると、建築家型は創造と革新を楽しむことがわかっています。直観的で実用的な思考が得意で、複雑なアイデアを思い描き、実現させることができます。建築家型は構造化されたダイナミックな職場環境に適しており、洞察力と分析力、戦略的なスキルを求められるさまざまなキャリアで満足感を得るでしょう。

次のような職業が、建築家型におすすめです。

芸術と人文科学

建築家型に適した分野の1つに、芸術と人文科学があります。アイデアに命を吹き込むことが好きなら、次の職業を検討してみましょう。

メディア

メディア系の仕事では、建築家型のクリエイティブな発想や問題解決能力を使って活躍できる機会がたくさんあります。知的自由やリーダー職を求める建築家型の人は、次の職業を検討してみましょう。

ビジネスと IT

顧客に直接会って問題に対処するなど忍耐力が必要な場面もありますが、事業計画の策定、キャンペーンの実施、戦略目標の達成などは建築家型に向いている仕事です。仕事があまりにも細かくなったり退屈にならない限り、次のような職業でやりがいを感じることができるでしょう。

金融

分析的で計画的な建築家型には、数字を扱う仕事がぴったりです。金融業界の多くの職種には、建築家型が求める創造力を発揮する機会もあります。例えば、特定の顧客のニーズに合わせた財務アドバイスを提供したり、調査結果の分析やプレゼンテーションを行うことにやりがいを持てるでしょう。具体的には、次のような職業が建築家型に合っているでしょう。

教育や法律関係

建築家型の多くが、安定した環境の中で学び、成長し、指導できる、教育や学問の分野でのキャリアを選択します。実際、大学教授に最も多く見られる性格タイプが建築家型です。また、集中して顧客の問題に取り組み、解決策を提示する法律関係の仕事も建築家型に向いています。具体的には、次のような職業を検討してみましょう。

医療や健康に関わる仕事

医療や健康関連の仕事は、今後も成長が見込まれ、どのような性格タイプの人も検討すべきでしょう。建築家型は、知識とスキルを磨くことができ、プレッシャーの比較的少ない治療の現場に惹かれる傾向にあります。患者と直接関わることができ、管理された臨床環境で、研究データに裏打ちされたスキルを活かせるような仕事を好みます。健康に興味がある場合は、次のような仕事を検討してみましょう 。

建築家型が避けたほうがいい職業

多くの性格タイプの人が、さまざまな仕事である程度の満足度を得ることができるでしょう。しかし、生まれ持った才能や性格に合わせて仕事を選ぶことで、将来的なキャリアの成功の可能性を高めることができます。建築家型は内向的なので、人との関わりが多く求められる仕事は避けたほうがいいかもしれません。

  • 不動産仲介
  • 保育士
  • 警察官

自分の性格タイプを活かす方法

どの性格タイプの人にも浮き沈みがありますが、建築家型にとって得意な状況と苦手な状況とはどのようなものでしょうか。自分に合ったキャリアパスを検討する際には、自分が最高の状態で力を発揮できる状況と、困難に感じる可能性のある状況を想像してみましょう。

建築家型の得意な状況

  • リーダーシップチームが抱える事業の複雑な問題を解決するために、1人で仕事をする。
  • 広告キャンペーンのブレインストーミングを行う。
  • 顧客の財務計画について、しっかりした調査に基づくアドバイスを提供する。
  • 同じ考えを持った同僚にクリエイティブなアイデアを提案する。

建築家型の苦手な状況

  • キッチンでおしゃべりな同僚につかまってしまう。
  • 複雑なアイデアを理解できない相手のために単純化する。
  • 非効率的と思われるプロセスやシステム内での作業をする。

レーザー光線のような集中力と世界を変えたいという願いを持った建築家型が、自分に合ったキャリアパスを見つけたとき、彼らを止められるものは何もありません。建築家型の人は好奇心と革新性を育み、生まれ持った才能を最大限に活かせる職場環境を探したり、構築しましょう。

もっと読む:建築家型 (INTJ) の性格タイプのすべて

関連情報

すべて表示 

実績を武器に、ねらえ!エグゼクティブ転職--30代後半以降の転職

より高い給与や、より大きなフィールドを求める「エグゼクティブ転職」が可能になるのが30代後半以降の転職です。キャリアの飛躍を成し遂げているのは、どんな経験、スキルを持った人材なのでしょうか。

転職活動は仕事をしながら?辞めてから?それぞれのメリットとデメリット

転職を考えた時、仕事をしながら転職活動を始めるべきか、辞めてから始める方が良いのか、迷うことがあります。本記事では、いつから始めるのが良いのか、それぞれのメリット、デメリットなどを解説していきます。