仕事さがし

擁護者型 (ISFJ) におすすめの職業

自分の性格や、周囲の環境にどう反応する傾向があるかを理解しておくことで、人生やキャリアにおけるベストな選択ができます。マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標 (MBTI) は、自分の性格や物の見方、特徴をより深く知るための方法の1つです。生まれ持った資質を自覚して活かすことが、擁護者型の性格に合う充実したキャリアを見つけるための第一歩です。

擁護者型 (ISFJ) の性格

ISFJ はマイヤーズ・ブリッグスの性格タイプの1つで、内向型 (Introverted)、感覚型 (Sensing)、感情型 (Feeling)、判断型 (Judging) の頭文字を取っています。擁護者型と呼ばれるこのタイプは、勤勉で面倒見がよく、伝統を守り、組織に対し強い忠誠心を持っています。実践的で思いやりがあり、他者に手を差し伸べ、守ろうと努力します。

社会的慣習を重んじる堅実な擁護者型は、確立した体制を尊重してそれに基づいて行動したり、秩序のある環境を好みます。高い職業倫理を持ち、人に奉仕したり献身的に取り組むタイプです。仕事は最後まできちんとやり遂げ、良心的で規律正しいのが擁護者型の特徴です。

擁護者型は自分の個人的な価値観によって突き動かされるので、一生懸命に働き、他人の期待に応えようと努力します。他者との調和を保つことに注力し、確立された方法や価値観に忠実で、従来のやり方を尊重します。楽しみながら他者を指導し、情報や洞察力をおしまず共有したりすることで、新しいメンバーが安心して組織の一員であることを実感できるように努めます。

擁護者型におすすめの職業

擁護者型は構造と手順を尊重するので、徹底的かつ効率的にタスクを完了させるのが得意です。成果への具体的な期待値を示してくれる上司を好みます。キャリアでは、表に立つよりも裏方として職務を果たすことが多い傾向にあります。明確に定められた仕事を理想とし、集中して結果につなげることができます。

擁護者型の人には、次のような職業がおすすめです。

芸術と人文科学

構造や細部への細やかさを大切にする擁護者型は、抽象的すぎたり理論を求められるような仕事を避け、詳細で厳密な手順を必要とする職種を求める傾向にあります。芸術と人文科学の分野に興味がある擁護者型には、次のような職業が魅力的でしょう。

メディアや IT 関連

物事を関連づけるのが得意な擁護者型は、複雑なプロジェクトに取り組むことを楽しみます。1人で仕事をすることを好み、スポットライトを浴びるのを嫌がります。集中力や問題解決能力が高いので、次のようなメディアや IT 関係の仕事がぴったりです。

企業での仕事

擁護者型の人は、大企業で勤務するなどのビジネスの場で、活躍する多くの機会を得られます。プロセスや構造、上下関係を尊重するので、グローバルな組織に自然と馴染むことができます。次のような仕事を検討してみましょう。

教育と医療

擁護者型は他者のニーズに非常に敏感で、自分の知識を喜んで共有します。他者を指導する仕事に集中したいタイプの擁護者型は、次のような仕事を選ぶことが多いようです。

擁護者型が避けたほうがいい職業

自分の生まれ持った才能や性格に合ったキャリアパスを選べば、仕事で成功する可能性が高まります。また、避けるべきキャリアと環境を知ることは、仕事の満足度にも大きな違いをもたらします。擁護者型は全般的に企業に勤めることで力を発揮しますが、営業職には不満を抱く傾向があります。顧客と直接やり取りをしなければならない仕事も、擁護者型には困難かもしれません。具体的には、次のようなキャリアを避けたほうがいいでしょう。

  • 販売スタッフ
  • セールスマネージャー
  • 客室乗務員
  • ツアーガイド

自分の性格タイプを活かす方法

どんな性格タイプでも、得意な状況と苦手な状況では異なる反応を見せます。自分のマイヤーズ・ブリッグスの性格タイプをより深く理解した上で、キャリアの中で自分の性格がどのように現れるか考えてみましょう。

擁護者型が得意な状況

  • チームの活動を企画したり、研修プログラムをまとめる。
  • 新しいプロセスについて、同僚や関係者に説明する。
  • 生産性を最大限に高めるため、職場の整理整頓や清掃を行う。

擁護者型が苦手な状況

  • 複数のタスクを同時進行するよう求められる。
  • 会議や予定されていたイベントを欠席して悔やんでしまう。
  • 誤りを指摘されたり、批判される。

自分の性格タイプを知ることは、求人に応募したり面接を受ける際にも役立ちます。採用企業は候補者の自己認識力を重視しているため、自分の強みと弱みを率直に話せれば、面接官を感心させることができるでしょう。自分がどのような状況を得意とし、苦手としているかを理解することで、会社にどのような貢献ができるか、自信を持って話せるようになります。

擁護者型として長期的にキャリアで成功するためには、努力が報われ、自分が求める質とプロセスを尊重してくれる仕組みがしっかりした職場を見つけましょう。批判が飛び交うような職場環境は、擁護者型の情熱が燃え尽きてしまう原因になります。献身的な従業員として、バランスのとれたキャリアパスを追求できることが重要です。

もっと読む:擁護者型 (ISFJ) の性格タイプのすべて

関連情報

すべて表示 

Web会議に役立つマイクとカメラの選び方や使い方を紹介

音声やビデオを最適化することにより、Web会議やオンライン面接で好印象を残す方法をご紹介します。

面接前に企業情報をリサーチ!知っておきたい10項目

採用プロセスにおいて、候補者が採用企業について調べることが重要な理由を解説し、面接準備の際に調べておきたいポイントをご紹介します。