仕事さがし

冒険家型 (ISFP) におすすめの職業

マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標には、4つの分類に基づく 16性格タイプ が存在します。冒険家型 (ISFP) の人は、発想力を活かすことができ、自主性やスピード感を持って働くことが求められるさまざまな職種に適しています。この記事では、冒険家型について詳しく見ていきながら、彼らに合ったキャリアと避けた方がいいキャリアについてご紹介します。

冒険家型 (ISFP) の性格

ISFP は内向型 (Introverted)、感覚型 (Sensing)、感情型 (Feeling)、知覚型 (Perceiving) の頭文字を取った性格タイプです。冒険家型と呼ばれ、創造力、エネルギー、自主性に溢れています。友好的で親しみやすい性格ですが、単独作業で最大限の能力を発揮します。クリエイティブな発想力があるため、問題解決や革新的なアイデアで職場に貢献します。

冒険家型は飲み込みが早く、情熱を持って仕事に取り組みます。この性格タイプは、他者に前向きな影響を与えられる仕事を選ぶ人が多い傾向があります。活気あふれる現場で実務的に働くことを好むため、デスクワークは退屈で息苦しく感じるかもしれません。しきたりにとらわれない職場を好みますが、締め切りは厳守し、複数のプロジェクトの情報を整理しながら取り組むことができます。長期的な計画よりも、短期的なプロジェクトを好む傾向があります。

他にも、冒険家型には次のような特徴が見られます。

  • 冒険好き
  • 芸術的
  • 競争心が強い
  • 思いやりがある
  • 協力的
  • クリエイティブ
  • 好奇心が旺盛
  • 活気に満ちている
  • 柔軟
  • 自立心が強い
  • 平和主義
  • 物静か
  • 繊細

冒険家型におすすめの職業

冒険家型の人は、知性が試され、やりがいや情熱を持てるキャリアを選ぶ必要があります。自分の創造力が活かされ、自主的に働ける環境が理想的です。具体的には、次のような職業が向いているでしょう。

冒険家型は、クリエイティブな問題解決能力を活かして他者を助けることを好みますが、これは作業療法士には欠かせないスキルです。作業療法士になったら、必要な身体能力の改善や回復を支援するために、それぞれの患者のためのリハビリテーション計画を立てることを得意とするでしょう。この仕事には適応力、情熱、創造性が求められますが、いずれも冒険家型の得意分野です。

冒険家型は感性が鋭く繊細なことで知られ、他者を理解する能力に優れています。この資質は、特定のターゲット層に向けて発信することが求められるマーケティングの分野で活かされます。マーケティングマネージャーとして、冒険家型は複数のプロジェクトの進行を管理し、厳しい納期を守ることができるでしょう。また、さまざまなマーケティングキャンペーンを通じて、クリエイティブな発想力を発揮する機会があります。特に、ユニークなアイデアを生み出すためのブレインストーミングで活躍することでしょう。

レストラン業界は、冒険家型のエネルギー、創造性、自発性と相性が良いキャリアです。厨房では、試行錯誤する機会が多くあります。また、チームの一員として働きながらも、料理を作る際には独立して働けるような人柄が求められます。スピード感が求められる環境も、冒険家型の満足度を高める要素です。さらに、仕事を転々としたり、料理のスキルを活かして世界中のどこでも働ける可能性があることも楽しめる点でしょう。

クリエイティブな発想力と芸術の才能がある冒険家型には、写真家、彫刻家、音楽家などの芸術活動がぴったりです。安定した収入を得ることは難しいキャリアかもしれませんが、アートディレクターやインテリアデザイナー、グラフィックデザイナーなど、分野によっては比較的高い収入が得られる仕事もあります。冒険家型は手を動かす作業をするのが好きなので、このような仕事を楽しめることでしょう。1人で仕事をすることを好む場合、さまざまな顧客と短期プロジェクトで関われるようなフリーランスの仕事が向いているかもしれません。

自分の情熱を人と共有することを好む冒険家型の人は、幅広い分野の教師として才能を発揮できるでしょう。子供と一緒に仕事をするのが好きな人は小学校教員に、学術的なテーマを探求するのが好きな人は大学の教授に向いているかもしれません。ダンスインストラクターや音楽講師などの芸術的な技術を人に教えることもできます。独自のレッスンプランや実践的なエクササイズのプログラムを作れるという点でも、冒険家型のスキルや興味に合っています。

冒険家型は好奇心旺盛で優れた問題解決能力を備えているため、科学的な仕事にも適しています。特に環境科学者は、現場と研究室の両方で時間を過ごすことになるため、独立して実践的な仕事をしたい冒険家型にぴったりです。また、重要な環境問題に取り組むことで、人々の生活をより良いものにしているという満足感を得ることができます。

冒険家型が避けたほうがいい職業

制約のある仕事内容だったり、風通しが良くないと感じる職場環境だった場合、冒険家型とは相性が悪い可能性があります。具体的に、次のような職業は避けたほうがいいかもしれません。

  • 経理: 冒険家型には単調で退屈に感じられるかもしれません。
  • 弁護士: 厳密さが求められる法律関係の仕事に、クリエイティブな冒険家型は魅力を感じない傾向があります。
  • マネージャー: 冒険家型は、チームをまとめるよりも1人で働くことを好みます。
  • 心理カウンセラー: 冒険家型は、他者のカウンセリングに関わる長期的な計画を苦手とします。
  • 営業: 冒険家型の人が好まない、人との関わりを必須とする職種です。
  • 外科医: 手術室で長時間過ごすことは、のびのびとした性格の冒険家型には息苦しいかもしれません。

ここに挙げたのは、冒険家型が興味を持ちそうな仕事のほんの一部に過ぎません。クリエイティブな発想、情熱、問題解決能力を組み合わせた仕事が、冒険家型に向いています。特に人気が高いのは、独立した仕事や実践的なプロジェクトです。冒険家型がやりがいを感じられる職業の中から、自分にぴったりなものを見つけましょう。

もっと読む:冒険家型 (ISFP) の性格タイプのすべて

関連情報

すべて表示 

転職を目指す50代の人におすすめの資格とは?目指しやすい業界も紹介

50代の転職を検討している方へ向けて、おすすめの資格を紹介します。また、50代の転職者に企業が求めていることやニーズのある業界も解説します。

主婦(夫)が稼げる仕事9選!選び方のポイントも紹介

「子育てがひと段落して時間が空いた」「家計を助けるため」などきっかけに違いはありますが、主婦(夫)だって稼げるお仕事をしたい!そこで、しっかりと収入を得るための仕事の探し方や職種を紹介します。