仕事さがし

指揮官型 (ENTJ) の性格タイプのすべて

マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標で指揮官型 (ENTJ) の性格タイプは全人口の4% を占め、男性のほうが女性よりも2倍以上多くなっています。その名の通り、指揮官型の人たちは天性のリーダーです。自信があり、目標を設定して達成していく環境の中で成功するタイプです。表現力が豊かで自己主張が強く、情熱的で、他の人と一緒に過ごすことでエネルギーを得ます。概念やアイデアを重視し、直観と本能に従って行動します。感情より論理を優先し、根拠に基づいて決定を下すことを好みます。

この記事では、指揮者型の性格や職場で見られる特徴をご紹介します。指揮者型の人も、同僚が指揮者型だという人も、この性格タイプについて詳しく見てみましょう。

ENTJ とは何の略か

ENTJ は マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標 の性格タイプの1つで、外向型 (Extroverted)、直観型 (Intuitive)、思考型 (Thinking)、判断型 (Judging) の頭文字を取っており、指揮官型と呼ばれます。

  • 外向型 (E):自分自身よりも外の世界に目を向けます。パーティーや社交的な集まり、グループで作業する場面で生き生きとします。社交的で活発で、情熱的な人が多い傾向にあります。話好きで、注目されるのを楽しみます。全体の状況を理解する前にすばやく決断することもありますが、その一方で、とても論理的で客観的な面も持ち合わせています。

  • 直観型 (N):未来に目を向け、可能性を重視します。想像力やイノベーションを駆使して課題に取り組み、同じアプローチを取る人を大切にします。細かい部分だけでなく、全体の状況を俯瞰して解決策を見つけるのが得意です。また変化を恐れず、自分の直観を信じます。

  • 思考型 (T):客観性を優先し、気持ちや感情ではなく客観的事実や根拠、論理に基づいて意思決定を行います。駆け引きよりも真実を重視するため、改善点を見つけるのが得意です。このような性質から、批判的思考力や問題解決能力に優れているのが指揮官型の特徴です。

  • 判断型 (J):几帳面で計画的です。秩序や組織、安定性を大切にします。タスクを完了させることに満足感を感じ、締め切りは必ず守ります。

関連記事:16 Personalities ガイド: 16性格タイプ

指揮官型の特徴

他の性格タイプと同様に、指揮官型にも独特の特徴があります。

  • 未来志向:現在よりも未来に目を向け、具体的な証明済みの事実よりも、理論上の抽象的な情報に興味を持ちます。

  • 計画的:計画好きで、予定を管理し見通しを立てられるよう、事前にスケジュールを組むことを好みます。

  • 高い合理性:問題を特定するのが得意なだけでなく、天性のリーダーシップで解決策を見つけ、効率的に解決することを楽しみます。

  • 社交的:他の人と一緒に過ごすことで、エネルギーを得ます。

指揮官型の強みと弱み

他の性格タイプと同様に、指揮官型の人にも強みと弱みがあります。

指揮官型の強み

  • 効率的:効率的で、効率を高める方法を探すのが得意です。

  • エネルギッシュ:エネルギッシュで情熱的です。目標達成のためにチームと協力して働くことを楽しみます。仲間を励まし、チームのモチベーションを上げて奮起させます。

  • 自信がある:自分に自信を持っています。自分の能力とリーダーシップを信じ、意見をはっきりと声に出します。

  • 意志が強い:粘り強く、決して諦めません。困難な状況も、障害ではなく挑戦として受け止めます。

  • 戦略的:状況や課題を徹底的に検証して解決策を導く指揮官型は、戦略的思考力を備えており、根拠と論理をもとに自分の行動を決定します。

指揮官型の弱み

  • 不寛容:誰かの意見が事実ではなく感情に基づいたものだった場合、その意見に反対する傾向があります。意見が気に入らなければ、はっきり自分の気持ちを伝えることを恐れません。

  • 支配的:自分の能力や意見に自信を持っているため、意見や物の見方をなかなか変えようとしません。

  • 短気:効率を求めるため、他の人が時間をかけて考えているのを、無関心なのだと誤解することがあります。

  • 傲慢:確固たる信念を持って分析的に考えます。自分と似た人は尊敬しますが、そうでない人を見下す傾向があります。

関連記事:キャリアアップを目指す人のための5つの改善ポイント

指揮官型の価値観と動機

指揮官型の従業員は献身的で、キャリアでの成功を強く願っています。野心的で、権力や影響力への強い願望があります。決定を下したり、計画を行動に移すことができるポジションを好むでしょう。結果を出すことが原動力になっているので、生産性が高く、熟練し、影響力を持った従業員になるよう常に努力しています。

関連記事:自己開発を進める上で設定すべき20の目標

職場における指揮官型

指揮官型は勤勉で、物事を成し遂げるためのビジョンと熱意を持っています。カリスマ性のあるリーダーで、目標達成のために他の人と一緒に働くことを楽しみます。物事を改善する方法を見極める力があり、自分や人に対する期待値が高く、アイデアを実行に移すために部下を導くことができます。意志の強い指揮者型にとって、仕事に優先順位をつけて自分のペースで取り組めることが重要です。チームにフィードバックする際には、いつ、どのように伝えるか配慮する必要があります。また、自分の意見を率直に言うことで知られていますが、チームから批判的または否定的なものとして受け取られる可能性があるので注意が必要です。

指揮官型のマネージャーは、部下に細かく口出しすることを好まず、チームには自主的に業務に取り組んでほしいと考えています。プロジェクトやタスクの進捗状況を確認する際には、詳細で明確な説明を求めることもあります。

同僚に対しては、指導したがる姿勢が見られます。チームメンバーがタスクに取り組んでいるのを見て、より効率的に完了させるにはどうすればよいか、アドバイスすることもあるでしょう。プロジェクトを先導するのを楽しみ、権威を持って行動する傾向があります。

部下としては自立心が強く、努力家です。より良いやり方を思いつけば、積極的に提案します。自分の能力に自信があり、ほとんど指示を出されなくてもタスクやプロジェクトを完了できます。

関連記事:マイヤーズ・ブリッグス16性格タイプ別職業(一覧表付)

指揮官型に向いている職業

意欲的で勤勉な指揮官型には、自発性が求められ、リーダーシップを発揮する機会がある、組織的でやりがいのある仕事が適しています。具体的には、アナリスト、プロジェクトマネージャー、建築施工管理技士、土木工学エンジニア、管理業務コンサルタント、監査役、ネットワーク管理者、営業、弁護士などが、向いている職業として挙げられます。

もっと読む:指揮官型 (ENTJ) におすすめの職業

関連情報

すべて表示 

ダウンロード形式のエントリーシート 入手から提出まで

就職活動時の応募書類の1つ、エントリーシートを、インターネットからのダウンロード形式で配布する企業が増えています。入手から提出までの注意点を知り、パソコン等の環境を整えておきましょう。

OB、OG訪問の目的は?流れや重要ポイントを解説!

就職活動の際に耳にするOB、OG訪問ですが、どんな意義があるのでしょうか。OB、OG訪問の流れや良い印象を与える質問例、押さえておきたい重要ポイントも解説します。