仕事さがし

領事官型 (ESFJ) の性格タイプのすべて

自分の性格タイプを知ることは、最適なキャリアを選んだり、仕事でパフォーマンスを発揮する方法を理解することにつながります。目指すキャリアパスを決める際には、その性格タイプが持つ側面と、自分の能力にどのような影響を与えるかを考慮しましょう。マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標の性格タイプの1つである領事官 (ESFJ) 型は、外向的で計画性があり、優しい心を持った忠実な人です。この記事では、キャリア開発でその強みを活かせるよう、領事官型の特徴をご紹介します。

領事官型 (ESFJ) の性格タイプとは

領事官型の人は、相手に対する自分の気持ちや、相手と価値観が一致しているかどうかに基づいて、状況や人に対処する傾向があります。周囲の人たちに対し、心から純粋な関心を持っています。判断力と敏感な性格を活かして、相手に関する詳しい情報を集めるのが得意で、より的確なサポートを提供することができます。

人の気持ちを読むのが得意なので、相手の視点を純粋に理解する傾向があります。人が好きで、仲間にも好かれたいと思っています。非常に社交的な人柄で、他の人の気持ちを察して、ニーズを見つけ出すことに注力します。そして、しっかりした価値観を持っていますが、物事がどうあるべきかについて自分なりの考えがあり、オープンに意見を共有します。

内面的なものではなく、周囲の世界を基準にして価値観や道徳観を形成します。多くの場合、自分のコミュニティや文化が価値観の元になっています。周りの環境を制御したがり、自分の信念や願望に適応してくれる人と気が合います。理論や抽象的な概念よりも、構造化された環境を好みます。

主導権を握ることを好みますが、権威を尊重し、ルールを守ります。誰もが同じようにすべきだと信じ、自分の道を踏み外すことなく、確立された道を受け入れる傾向があります。安定を必要とする人が多いのも、既存の体制の方針を受け入れる理由です。その結果、疑問を抱くことなく盲目的にルールに従う人だと見られます。秩序を重視し、混沌としていたり、思いつきで発生するような状況を嫌います。

関連記事:16 Personalities ガイド: 16性格タイプ

ESFJ とは何の略か

ESFJ は外向型 (Extroverted)、感覚型 (Sensing)、感情型 (Feeling)、判断型 (Judging) の頭文字を取った性格タイプで、領事官型と呼ばれます。このタイプの人は外向的で計画性があり、優しい心を持ち、愛する人に忠実です。他の人と過ごすことでエネルギーを補充し、周囲の人がベストな状態でいられるよう励まします。

強みと弱み

領事官型の強み

  • 純粋:周囲の人に心から興味を持っています。判断力と敏感な性格を活かして相手に関する詳しい情報を集めるのが得意で、理解を示し、精神的な支えになります。

  • 共感力:他者の視点を理解することに長けています。相手の感情や行動を元に対応し、個人的な背景や経験を元に行動して考えることができます。

  • 周囲を励ます:他者を励まし、成長させ、自信をつけられるようにサポートします。周りの人を注意深く観察することで、精神的なサポートを提供し、良いところを引き出そうとします。

  • モチベーションが高い:一般的に、自分の利益になることではなく、周囲の世界に基づいて価値観や道徳観を形成します。多くの場合、自分のコミュニティや文化が価値観の元になっています。

  • 計画性がある:公私ともにあらゆる面で秩序を大切にします。確立された区分に頼る傾向があり、与えられた指示に従うことを好みます。

  • 実践的:感情的になりすぎることがないため、公私ともに、落ち着いて実行可能な解決策に焦点を当てることができます。

  • 自信がある:前向きで協力的な姿勢で周囲の人と関わるよう努めながら、自分のニーズをしっかり主張することができます。

  • 寛容:高い基準と強い道徳観を備えている場合、自分の持っているものを必要としている人に共有したり、心の支えになったりと、相手を惜しみなくサポートします。

領事官型の弱み

  • 社会的地位へのこだわり:この特性が原因となり、広い心でクリエイティブに考えることができなくなり、意思決定にも影響が出ることがあります。また、欲しいものを手に入れるために、他者が彼らの人柄の良さや優しさを利用することもあります。

  • 型破りな人に批判的:他者の変わった行動や常識にとらわれない態度や行動に批判的になることがあります。人と違って見られることへの恐れが、問題となる場合があります。

  • 対立への嫌悪:争いごとを過度に嫌うため、他者が彼らのやり方や信念、習慣を批判した際に、深く傷つき悲しんでしまうことがあります。

  • 承認欲求が強い:自分が貢献したり与えたことに対して相手からの感謝を必要とします。十分な承認や感謝を感じられない場合、褒め言葉を求めたり、自分の価値が認められているか確認しようとします。

領事官型の価値観と動機

領事官型の人は主導権を握ることを好みますが、これは長所にもなり得ます。例えばタスクを整理して計画を立ててから取り組むので、チームにとっては貴重な存在です。自分の生活を綿密にコントロールしようとするので、公私において To do リストや厳密なスケジュール、目指している目標のリストなどを作成することもあります。

自然に他者を理解できる能力も、領事官型のユニークな特徴です。周囲の人を注意深く観察することで、相手を助け、長所を引き出そうとします。支えられていると感じさせ、自信をつけさせることが得意なので、誰もが領事官型の人に惹かれます。生まれつき人を喜ばせるタイプですが、押しつけがましいことはしません。同時にしっかりと自己主張し、自分の目的も達成します。人との交流を楽しみ、前向きで協力的な姿勢で人々と関わります。

職場における領事官型

自分の能力を発揮でき、他の人と交流し、支えられていると感じられる職場で成功します。領事官型にとって魅力的な機会を提供し、生まれ持ったスキルや能力を披露できるキャリアパスは多岐に渡ります。

領事官型が好む仕事

領事官型は非常に頼りになる存在であり、自分の責任を真摯に受け止めるため、チームにとって大きな戦力となるでしょう。公私にわたる問題を解決するために、同僚を助けようと積極的に行動します。その結果、職場で強い絆を築き、チームに大きく貢献することができます。チーム全体を支えるためには、助けを必要としている各チームメンバーに手を差し伸べることが重要だと理解しているので、高い共感力を活かして自分の決定や行動が他人に与える影響を考えます。

また、カリスマ性があり、励ますのが得意なため人をうまく導くことができます。他者と効果的に共感し、その共感力を使ってチームメンバー全員が大切にされていると感じられるようにします。自分のニーズよりも部下のニーズを優先する傾向にあるため、「サーバントリーダー (奉仕型リーダー)」と呼ばれることも多いでしょう。困難な状況に直面すると、まず他者を助ける方法を探し出そうとします。

領事官型が好む職場環境

領事官型にとって理想的なのは、構造化されており、友好的で対立がない職場です。彼らは実践的な目に見える方法で人助けができる仕事や、結果が出て最後までやり抜く意志が求められるような仕事で成功する傾向にあります。

職場での人間関係

領事官型のコミュニケーションは、実践的でありながらも協力的で、会話の中で気づいた相手のニーズに応えようとします。自分の決断の根拠に信念を持っているため、自信を持って話します。職場ではチームに受け入れられている基準やルールを重視するため、コミュニケーションを取る際には、逸脱した行為を避けるためにそのルールに固執する傾向があります。

そして、ルールに従い、他の人も従うべきだと考えています。安定を必要とする姿勢が労働倫理にも現れ、チームの中で特に生産性が高いメンバーになる傾向があります。主導権を握りたいという強い願望があるため、To do リストや厳格なスケジュール、目標計画などを使ってタスクを整理します。また、新しいタスク、特に構造や秩序をもたらすのに役立つタスクに挑戦することを楽しみます。

領事官型に向いている職業

他者と交流し、成長を支援できるような職業が領事官型に向いています。具体的な職業として、教師、スクールカウンセラー、看護師、医師、ケースワーカーなどが挙げられます。

もっと読む:領事官型 (ESFJ) におすすめの職業

関連情報

すべて表示 

ダウンロード形式のエントリーシート 入手から提出まで

就職活動時の応募書類の1つ、エントリーシートを、インターネットからのダウンロード形式で配布する企業が増えています。入手から提出までの注意点を知り、パソコン等の環境を整えておきましょう。

OB、OG訪問の目的は?流れや重要ポイントを解説!

就職活動の際に耳にするOB、OG訪問ですが、どんな意義があるのでしょうか。OB、OG訪問の流れや良い印象を与える質問例、押さえておきたい重要ポイントも解説します。