仕事さがし

仕事で不満を感じたときの対処法

キャリアの中で、仕事に不満を感じたことがあるのではないでしょうか。実際、このような感覚は珍しいものではありません。その度合いはさまざまで、職場で幸福感を得られない原因となってしまうこともあります。このような状況に陥った場合、「この仕事が嫌いです」と上司に伝えるのではなく、社会人らしい方法で自分を表現し、状況を解決することが重要です。場合によっては、新たな仕事を探すことが最良の選択肢となるかもしれません。

このガイドでは、ストレスや不満を和らげるためにできることや、転職のタイミングを見極める方法をご紹介します。

仕事への不満の段階

今の仕事が合わないと感じたら、いつでも転職活動を始めることができます。しかし、それが自分にとって正しい行動だと判断するかどうかは、感じている不満の度合いによります。問題を解決できる場合もありますし、そうでない場合でも、問題の原因や程度をよく考えることで、新しい仕事を探す際の参考になります。

次に挙げるシナリオが自分の状況と関連しているか、考えてみてください。これらのカテゴリーの1つだけに該当する場合もあれば、すべてのカテゴリーを経て仕事の不満が進行することもあります。どのような状況であっても、仕事の不満に対処する際には、このような点を覚えておくことが重要です。

適切な方法で不満を吐き出す

職場での不満を人に話す際には、注意が必要です。不満を吐き出すのは健全なことですが、話す相手は賢く選びましょう。仕事とは関係のない、家族や友人がおすすめです。SNSやインターネット上で仕事の不満を共有することも避けましょう。現在の雇用主や将来の採用企業が目にする可能性があるためです。

社会人としての姿勢を保つ

企業や同僚と良好な関係を保っておくことも重要です。社内の他の仕事に応募する場合や、転職の際に優れた推薦状を書いてもらうために、これらの人脈を頼りにする可能性があるためです。

第1段階:「仕事は可もなく不可もない」

この段階にいる人は、仕事に対してやる気が出なかったり、無気力になっていることに気づくかもしれません。そのような場合は、仕事をより充実したものにするために、次のような行動を試してみましょう。

目標を書き出す

5年後にどうなっていたいか想像してみてください。現在の職務は、その目標に向かって前進するのに役立つかどうかを考え、もしそうでなければ、どのように仕事をより充実したものにできるか上司に相談してみましょう。

好きな仕事に注目する

特定の作業をしていると、時間があっという間に過ぎてしまうことはありませんか?自分の好きなプロジェクトや取り組みにもっと時間を割けるようになれば、仕事における全体的な経験を向上させることができます。

興味のある仕事に就いている人と話す

興味を持っている他の部署や役職があるなら、それらの分野に関連した追加プロジェクトに取り組む機会があるか確認してみましょう。今はまだ機会がなくても、将来何かの機会があったときのために、これらのチームや従業員と関係を築いておくことも重要です。

第2段階:「仕事に少し不満を感じている」

この段階では、不満の感情が数週間から数ケ月にわたって続いていることに気づくかもしれません。仕事にストレスや不満を感じさせる原因となっている人、職務、プロセス、文化的要素を書き出してみましょう。

これらの要因を特定したら、自分で問題に対処できる可能性があります。そのためには、リストをもとに、各問題に対する組織的な改善策を考えてみましょう。たとえば、多くの同僚が質問をしに来ることに不満を感じているのであれば、同僚が自分で問題を解決できるよう、トレーニング計画を立てるという対処法があります。トレーニングを行うための時間を確保してもらえれば、全体の生産性を向上させることができると、上司に提案してみましょう。

同じような不満を抱えている人が他にもいる可能性があるので、このアプローチを使えばチームや社内全体にプラスの変化をもたらせるかもしれません。問題に対処し、解決策を提案することは、多くの企業が従業員に求める特性です。

これらは、履歴書を書いたり新しい仕事に応募する際に覚えておくべき貴重な実績でもあります。このような話は、「あなたが困難を乗り越えたときのエピソードを教えてください」といった、面接でよく聞かれる質問に対する完璧な答えになります。

第3段階:「仕事に不満がある」

不満の原因となっている問題を特定し、自分で解決を試みても状況が変わらない場合は、上司に相談してみましょう。多くの組織で、上司は部下が職場で経験している問題について知る必要があり、知りたがっています。自分では思いつかなかった解決策を見つけてくれるかもしれません。チームの他のメンバーも同じ気持ちを経験している可能性もあり、あなたのフィードバックを聞くことで、上司はより大きな問題を理解することになるかもしれません。

もし問題が特定できない場合は、次のような質問を自問してみましょう。

  • 非効率的または非生産的であることが原因で、やりたくない仕事がありますか?
  • あなたに不快な思いをさせている同僚がいますか?
  • 企業文化の中に賛同できないことがありますか?
  • 上司はあなたとチームをサポートしてくれていますか?
  • ある仕事や成果に対して、自分が認められていないと感じていますか?

また、仕事への不満が外部からの影響によるものではないか考えてみましょう。実際は仕事を楽しんでいるにもかかわらず、仕事以外のことでストレスや不満を感じている場合もあります。また、過去に職場や学校で不満を感じたときのことも考えてみてください。社会人になったばかりの人は、健全なストレス対処法を調べてみるのもおすすめです。

もどかしさや不満といった感情に身を任せるのは居心地が悪いかもしれませんが、その原因について考えることは自分自身の成長や理解につながり、全体的な満足度を向上させることができます。さらに、自分が何に不満を感じるのか理解することで、再びストレスの多い職場を選んでしまう可能性も避けられます。

第4段階:「仕事が嫌いだ」

自分をよく見つめ直し、原因を突き止め、上司とコミュニケーションをとっても不満が解消されない場合は、自分に合った他の機会を探すべきかもしれません。

他の選択肢を探す時期が来たと判断した場合は、次のステップを検討しましょう。

目標を書き出す

他の機会を探し始める前に、自分の個人的な目標と仕事上の目標を書き出してください。新しい機会がその目標の達成に役立つように、仕事探しをするための枠組みを作るのに役立ちます。

現在の仕事で経験した不満を振り返る

自分が新しい仕事を探している理由を見つめ直す時間を設けましょう。その経験から何を学んだかを明確にし、他の仕事に応募したり面接を受ける際に話せるように準備します。また、転職先を検討する際にも、これらの要素に注意することができます。Indeed の企業クチコミページは、自分に合った企業を調査するのに最適な方法です。

その不満は、自分の興味やスキル、能力に合わない役職や分野にいたことが原因かもしれないことも忘れないでください。その場合は、より自分に合った仕事を探すことから転職活動を始めましょう。

履歴書を更新する

最新の業績を履歴書に追加します。また、検討中の仕事によって情報の優先順位を変更することもできます。異なる職種や業界を探求したい場合は、履歴書サンプルを見て、どのようなスキルや経験が最も関連性が高いか調査しましょう。そして、それらの職種に応募するために履歴書の内容を個別に編集します。

社内での機会を検討する

仕事に不満があるが会社は好きだ、という場合は、社内の他の部署での機会を検討してみる価値があるかもしれません。不満が会社全体(リーダーシップ、文化など)に起因している場合は、このステップを飛ばしても構いません。

社外の機会を探す

最初に、PCやモバイルIndeed を使って、希望の勤務地の求人情報を検索してみましょう。給与や職種、経験レベルなどで絞り込むことができます。

不満のある仕事を退職する

満足できない仕事をすぐにでも辞めたいと思うかもしれませんが、退職前に新しい仕事を見つけておけば、より柔軟に対応できます。安定した収入を得ながら、新しい仕事や業界を調べたり、企業研究をしたり、ワクワクするような機会をじっくり探すことができるためです。

仕事を辞める際には、上司への通知や、2週間前までの通知、退職面接の実施など、会社が定めている手続きにしっかり従いましょう。職場をいい形で去ることは、新たな仕事に移る上でも重要なことです。

多くの人にとって、仕事は日々の生活の中で最も重要なものの1つです。仕事は自分と家族を支えるための収入をもたらし、多くの時間を必要とします。そのため、仕事に満足することは、人生のさまざまな側面に良い影響を与えます。自分が成長し、活躍できる仕事を見つけることは、探究する価値のあるものなのです。

関連情報

すべて表示 

公務員への転職を考えてる方に!公務員の魅力や種類、仕事内容を解説

民間企業から公務員に転職するためには、公務員試験に合格する必要があります。本記事では、公務員への転職を考えている方に向けて、公務員の魅力や公務員試験の条件を紹介します。

40代で転職を成功させるポイントを難易度とともに解説

「40代で転職をすることは可能なのか」と不安で転職を踏みとどまる方もいるでしょう。実際、40代の転職は、20代、30代と比べて難度が高くなる傾向にあります。若手と比べて給与も高く経験豊富な年代だけに、準備不足な転職活動は避けたいところです。本記事では、40代で転職を成功させるポイントを紹介します。