仕事さがし

【20代の転職】成功させるポイントと事前に準備しておくべきことを紹介

20代の転職 イメージ1



20代で転職を考えている場合、「転職で成功するには何に気をつければいいのか」「何をやっておけば転職に成功できるのか」を知りたい方は多いのではないでしょうか。
初めての転職となれば、なおさら不安に感じることも多いはず。そこで本記事では、20代の転職を成功させるためのポイントと、事前に準備しておくべきことをご紹介します。

20代の転職で知っておきたいこと

どうせ転職するなら、成功するために必要なポイントを事前に知っておきたいと思う方も多いはずです。20代の転職は30代、40代とはどう違うのか、どのようなことを知っておけば成功できるのかについて、2つのポイントをあげて解説します。

20代の転職なら未経験業種、職種にもチャレンジできる

まず知っておきたいのは、20代の転職なら未経験業種、職種にもチャレンジできるということです。一方で、30代以降に未経験業種、職種にチャレンジするのは比較的厳しいのが現実です。
そのため、人生のうちで経験しておきたい仕事があれば、20代のうちに挑戦してみることをおすすめします。

もちろん、事前に人生設計と棚卸しをして、キャリアに必要かどうかの判断を下してから取り掛かることが重要です。ただ、未経験職種にチャレンジする場合は、20代半ばから難しくなってくる可能性が高いので、検討し始めるタイミングを逃さないように注意してください。

20代前半か後半かで期待値が変動する

未経験業種、職種にチャレンジできることでもわかるように、20代の転職では前半と後半で企業からの期待値が大きく変動します。前半までは業種、職種未経験であっても、社会人としての一般的なマナーやビジネススキルがあれば雇ってもらえる可能性があります。
なぜなら、20代前半はまだまだ成長できる時間も柔軟性もある年代だからです。そういったポテンシャルを企業側に感じさせられれば、どんな転職先にも合格しやすい時期といえるでしょう。

一方、20代後半の人材に企業が期待しているのは、その職種での実績と影響力の2点です。20代後半になってくると一通りの仕事ができるようになり、自分が主で担当した仕事の実績も出てきます。
その実績を積むためにどんな工夫をしたのか、周りにどう働きかけたのかが伝えられると魅力的な人材だと思ってもらえる可能性が高まります。

影響力については、育成や実績の積み上げで社内に良い影響力を出してくれるかどうかが見られています。この2つを備えていれば、20代後半の転職も成功確率が高まるでしょう。

20代のうちに転職するメリット

次に、20代のうちに転職するメリットを2つご紹介します。

転職先の選択肢が広い

前述のように、20代前半なら未経験業種、職種でも受け入れてもらえる可能性が高いです。未経験でなくてもポテンシャル重視の採用であることを考えると、転職先の選択肢が広がっている時期といえるでしょう。
スキルや経験が積めていれば、新卒時代よりも選択肢が広がる可能性さえあります。

マネジメント経験がなくても転職しやすい

30代以降の転職ではマネジメント経験がない場合、転職がしにくいですが20代ならそういった足切りがない状態で転職が可能です。純粋に自分の仕事ができているだけでも、転職には成功しやすい年代といえます。

20代で転職に成功するためのポイント

次に、20代で転職に成功するためのポイントをご紹介します。

20代前半はポテンシャルと社会人経験をアピールする

20代前半は、ポテンシャルと社会人経験をアピールするための準備が重要です。

ポテンシャルに関しては、短い勤務のなかで学んだことや、成長するために心がけていることなどを伝えましょう。
社会人経験としては、コミュニケーション能力やビジネスメール、書類作成、提案などのスキルが備わっていることなどを伝えられるとよいでしょう。

20代後半は実績と影響力をアピールする

20代後半は、実績と影響力をアピールするための準備が重要です。実績としては、これまで自分が上げた実績とその実績が上げられた要因の分析結果などをアピールしましょう。
そして影響力としては、たとえば「後輩を育成しこんな結果が生まれた」「汎用性のある戦略を横展開した」など、これまで社内に与えてきた良い影響をアピールするといいでしょう。

自分の仕事のことだけでなく、会社のことを考える視野を持った人材であることを伝えると、マネージャーや幹部候補生としての素養をアピールできます。

転職活動をする上でやっておきたいこと

最後に転職活動を成功させるために、転職先を決める前にやっておくべきことを2つご紹介します。

仕事に活きる素養と能力、経験を知る

まずは自分のこれまでの人生を棚卸しし、仕事に活きる素養や能力、経験を改めて認識しておきましょう。

たとえば、「コツコツやることが苦にならないため、事務作業でミスがない」という素養や、「失敗したプロジェクトを引き継ぎ、メンバーをモチベートして成功させた」経験などを書き出してみてください。
こうして振り返ってみると、自分の実績を客観的に見られるので、企業からどう見られるかということも把握できます。

ライフイベントを考慮したキャリアプランを考えておく

棚卸しをしたら、次に今後のライフイベントを考慮したキャリアプランを考えておきましょう。女性でなくても結婚や出産、独身でも親の介護が関係してきます。また、誰でも体力の変化で20代と同じような働き方をずっと続けることは難しいです。

30、40、50、60代と年齢を重ねたときに、どのような仕事をどういった働き方でしたいのかを考え、それが実現できるキャリアプランを設計しておきましょう。キャリアプランができ上がっていれば、自然と「今後どんな仕事を選ぶべきか」を考えるようになり、「今回の転職ではその足がかりとしてこの仕事を選ぼう」と転職先の選択を間違えにくくなります。

転職活動前にこの2つを明確にしてから活動を始めると、よりスムーズに転職先が選べます。

まとめ

初めての転職であることも多い、20代の転職を成功させるためのポイントと事前に準備しておくべきことをご紹介しました。
20代で転職するメリットや将来のキャリアプランを理解して転職活動をすれば、きっと自分の人生を豊かにする転職先を選べるはずです。
ぜひ本記事でご紹介したポイントを参考に、20代の転職を成功させてください。

関連情報

すべて表示 

実績を武器に、ねらえ!エグゼクティブ転職--30代後半以降の転職

より高い給与や、より大きなフィールドを求める「エグゼクティブ転職」が可能になるのが30代後半以降の転職です。キャリアの飛躍を成し遂げているのは、どんな経験、スキルを持った人材なのでしょうか。

転職活動は仕事をしながら?辞めてから?それぞれのメリットとデメリット

転職を考えた時、仕事をしながら転職活動を始めるべきか、辞めてから始める方が良いのか、迷うことがあります。本記事では、いつから始めるのが良いのか、それぞれのメリット、デメリットなどを解説していきます。