仕事さがし

仲介者型 (INFP) の性格タイプのすべて

仲介者型 (INFP) は真の理想主義者です。自分の信念と、核となる価値観に基づいて決定を下します。仲介者型はありのままの姿でいることを好み、物事に個人としての意義を見出すことの価値を信じています。現実を一過性のものとして捉え、成功への道筋を見つけながら、自分の成長を追求することに喜びを感じます。

この記事では、仲介者型の特徴について見ていきながら、生まれ持った性格の職場での活かし方や、向いているキャリアをご紹介します。

Indeedで履歴書を作成

INFP とは何の略か

INFP とは マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標 の1つで、内向型 (Introverted)、直観型 (Intuitive)、感情型 (Feeling)、知覚型 (Perceiving) の頭文字を取っています。仲介者型と呼ばれるこの性格タイプが全人口に占める割合はごくわずかです。内向的なので、他の人と時間を過ごすよりも、1人で過ごすことでエネルギーを得ます。直感的で、事実や証拠よりもアイデアや概念を重視します。感情的なため、考えるよりも感情を元に物事を決めます。そして知覚的な性格なので、日々の活動において計画を立てずに自然な流れで行動することを好みます。

仲介者型の特徴

仲介者型は一般的に繊細で思いやりがあり情け深いので、周りの人を癒やす存在であることが多いでしょう。何をするにも独創的で嘘偽りない姿勢で取り組み、締め切りが柔軟な仕事を好みます。自分の中に深い意味や真実を見つけることに興味があり、社会の期待に応えるよりも、自分自身に正直でありたいと考えています。しかし他人を批判することはなく、誰もが自分の道を見つけ、それに従うべきだと信じています。

仲介者型の強みと弱み

仲介者型の人には、次のような強みと弱みがあります。

強み

  • 芸術的
  • クリエイティブ
  • 思慮深い
  • 柔軟
  • 審美眼の持ち主
  • 自分に正直
  • 誠実
  • 探究心がある
  • 親切
  • 寛大

弱み

  • 軽率
  • 不満を抱えやすい
  • 落ち込みやすい
  • 支配的
  • 型破り
  • 受け身になりがち

仲介者型の価値観と動機

公私ともに、仲介者型は自分の道を見つけられるよう周囲の人を励まします。文章や歌など、さまざまなクリエイティブな方法で自己表現します。自分に正直でありたいと考え、人生の意味と目的を探求します。

仕組みが整った環境を好む人からは、型破りだと見られます。仲介者型は他者の生き方を批判しませんが、自分の気持ちをないがしろにされると、消極的な態度を取ることがあります。しかし基本的には異なる意見を尊重し、議論を楽しみます。

職場における仲介者型

職場では、仲介者型は同僚との気楽な関係を保ち、対立に関わることはありません。親しい人と深い会話をする傾向があります。彼らは成長、価値観、倫理観、そしてマネージャーや同僚にも賞賛される個人主義に大きな重点を置いています。

仲介者型の人は、従業員の成長を促す代理店のような、小規模でクリエイティブな仕事に関わることを好みます。グループミーティングやクリエイティブセッション、毎週のハッピーアワーなどのイベントに参加するのが好きです。このような集まりでさまざまな意見を聞くのを楽しみ、仕事に関連しているかに関わらず、議論されているトピックに耳を傾けます。小さなチームに所属することで、仲介型は同僚の価値観や動機についてや、自身の目標が組織の目標と一致しているかを理解しやすくなるでしょう。

仲介者型に向いている職業

仲介者型の人は、コミュニケーションやメディアなどのクリエイティブな分野に惹かれますが、教育や技術的な分野でも活躍できます。自主的に自分のペースでプロジェクトに取り組むため、柔軟なスケジュールを好みます。タスクを完了するための時間的な制約が減ることで、生産性を最大限に高めることができます。顧客のために新しくユニークなプロジェクトを生み出すことが、キャリアパスを追求する上でのモチベーションとなります。

具体的な職業としては、フォトグラファー、グラフィックデザイナー、ビデオグラファー、編集者、コピーライター、コンテンツ企画担当者、心理カウンセラー、人事マネージャー、クリエイティブディレクター、デザインエンジニアなど10の職業が向いています。

もっと読む: 仲介者型 (INFP) におすすめの職業

関連情報

すべて表示 

新型コロナウイルス対策期間中の採用企業とのコミュニケーション:おこりうる不正に注意しましょう

求職中に不正な求人から自分の身を守る方法。

新型コロナウイルス影響下で Indeedを活用して仕事をさがすには

どんな仕事があるのか、Indeed で検索してみましょう。