仕事さがし

擁護者型 (ISFJ) の性格タイプのすべて

マイヤーズ・ブリックス・タイプ指標 (MBTI) によると、すべての人は 16性格タイプ に分けることができます。各タイプは4つの指標で構成され、それぞれが性格の要素を表しています。性格タイプによって物事に対する考え方が微妙に異なりますが、擁護者型 (ISFJ) の人は他者を守り、周囲の人に尽くしたいという願望を持っていることから、「擁護者」や「育成者」といった言葉で表されます。

この記事では、擁護者型の人の強みと弱み、職場でどのような存在なのか、そしてキャリアで成功するために擁護者型に向いている職業をご紹介します。

ISFJ とは何の略か

ISFJ は、次の4つの要素の頭文字を取ったものです。

  • 内向型 (Introverted):内向型の人は、多くの人の中で過ごすよりも、1人で過ごす時間から活力を得ます。人付き合いに費やす時間が長くなればなるほど、エネルギーを充電する時間が必要になります。

  • 感覚型 (Sensing):感覚型の人は、データや証拠を好みます。自分の感覚を使ってデータを読み解き、そこから得た事実を判断や行動に活かします。

  • 感情型 (Feeling):感情型の人は、その状況で得られる利益やコストを比較検討し、共感に基づいて意思決定を行います。

  • 判断型 (Judging):4番目の要素は物の見方を示しています。客観的な事実よりも共感を元に周囲の状況を理解します。

関連記事:マイヤーズ・ブリッグス16性格タイプを知ろう

##擁護者型の特徴

擁護者型の人には、一般的に次のような特徴があります。

  • コミュニティの一員:エネルギーを充電するために周囲から距離を置く時間が必要な擁護者型ですが、自分がコミュニティに良い影響を与えられていると感じることを喜びます。

  • 平和主義者で交渉上手グループが問題を抱えているときに、仲介者として活躍します。想像力や共感力を活かして、話を聞いてもらえていると誰もが感じられるような解決策を見つけます。

  • 几帳面:生まれ持った観察力があり、細部 にまで注意を払って仕事をするのが得意です。

  • 変化を好まない:新しい道を想像する力を持っていますが、問題解決のために必要でない限り、あまり変化を好みません。

擁護者型の強みと弱み

擁護者型には、次のような強みと弱みがあります。

強み

強力な実践的スキルを備え、意志が強く情熱的です。几帳面で観察力に優れ、問題解決を得意とします。必ずしも積極的に責任者を買ってでるタイプではありませんが、擁護者型はアイデアの実行担当になる傾向があります。具体的に、擁護者型には次のような強みがあります。

  • 協力的:周囲の人たちを支え、個人ではなく、グループ全体の利益になるような結論を導き出そうと努めます。

  • 信頼できる:自分が担当するタスクに対して慎重で、一貫したアプローチを取ります。そのため、一緒に仕事をしたい信頼できるプロジェクトパートナーとして評価されます。

  • 忍耐強い:最高の結果を出すために細部までこだわってタスクに取り組む意欲があるため、忍耐強いことでも知られています。

  • 想像力が豊か:タスクや出来事を他の人の視点で見ることができる、強い想像力を備えています。共感することで状況の全体像を理解し、より想像力豊かなアプローチを模索します。

  • 観察力がある:優れた観察力があり、周囲の世界に強い興味を持っています。持ち前の判断力と感性を活かして、自分の行動が他の人に与える影響について、独自の視点で考えることができます。

  • 情熱的:小さなプロジェクトから非常に重要な物事まで、何かに興味を持つと、驚くほど情熱的になります。その熱意から、興味を駆り立てられるような活動に取り組んだり、プロジェクトを成功させるために全力で挑む傾向があります。

  • 誠意がある:誠意をもって他者とアイデアに向き合う姿勢は、擁護者型の強みの1つです。周囲にも影響を与える彼らの物事に対する情熱は、時間とともに真の忠誠心へと変化します。

  • 勤勉:自分の行動が周囲に与える影響を強く意識しているため、勤勉です。割り当てられた時間を賢く使い、与えられたプロジェクトに関わるすべての人を大切にします。

弱み

擁護者型には、社会的な交流や成功に影響を及ぼすような弱みもあります。

  • 控えめ:人はあまりにも謙虚すぎるために、誰かからプロジェクトを褒められた際に自分の手柄を否定することがあります。

  • シャイ:他者の感情を傷つけるのを避けるために、意見を発言しないことがあります。その共感力ゆえに、黙っていた方が楽だと感じ、グループの中ではシャイな存在となってしまいます。

  • 重く受け止めてしまう:批判を受けた場合、相手にそのような意図がない場合でも、それを個人攻撃と受け取ってしまうことがあります。

  • 自分の気持ちを押し殺してしまう:自分が軽視されたり不当に批判されたように感じても、相手に不快感を与えないよう、自分の本音を抑え込んでしまう傾向にあります。

  • 自分に負担をかけすぎてしまう:人助けが好きな擁護者型は、断るのが苦手です。他者を優先し、助けたいと思うあまりに、責任を背負い込みすぎてしまうことがあります。

  • 変化に抵抗する:頑固で、特に変化の必要性を感じない場合は、従来のやり方を続けることを好みます。

  • 利他的すぎる:利他的というのは長所でもありますが、自分のことを後回しにする傾向があります。すでに多くの貢献をしていたとしても、他者を助けるためにもっとできることがあるはずだと信じています。

関連記事:【面接対策】長所と短所の答え方

擁護者型の価値観と動機

擁護者型は安定、思いやり、そして既存のシステムを大事にします。誰かを傷つけない限り、従来のやり方を続けることを好みます。周りの人たちを気遣う性質から、調和を大切にします。また、構造化されて明確に定義された仕事が与えられた、落ち着いた職場にモチベーションを見出します。

職場における擁護者型

観察力があり、プロジェクトや解決策を全員に対してうまく機能させることに興味があります。整理整頓が非常に得意で、組織やグループの中で自然と議事録を取るような立場になるかもしれません。几帳面で計画性があるので、高い集中力を求められる仕事で自分のスキルを活かすことができます。

擁護者型のコミュニケーションスタイルは、環境によって変わります。ストレスの多い職場やペースの速い職場環境ではおとなしくなりますが、リラックスしてゆっくりとしたペースの職場環境では能力を発揮することができます。

ストレスの少ない、穏やかな職場環境を好む傾向がありますが、利他的な面や、他者を守り助けたいという欲求があるため、ややストレスの多い仕事に就くこともあります。会社や同僚が顧客のために働いているかどうかが、擁護者型の人が最も重視することです。そうでない場合、その職場環境に適応するのは難しいでしょう。

関連記事:マイヤーズ・ブリッグス16性格タイプ別職業(一覧表付)

擁護者型に向いている職業

膨大な量のマルチタスクをこなすことを求められない、自分の価値観に合って有意義だと感じられるような職場環境が擁護者型に向いています。具体的な職業として、 映像制作アシスタント、映画編集、学芸員、オフィスマネージャー、人事担当者、司書、IT管理者などがおすすめです。

もっと読む:擁護者型 (ISFJ) におすすめの職業

関連情報

すべて表示 

Web会議に役立つマイクとカメラの選び方や使い方を紹介

音声やビデオを最適化することにより、Web会議やオンライン面接で好印象を残す方法をご紹介します。

面接前に企業情報をリサーチ!知っておきたい10項目

採用プロセスにおいて、候補者が採用企業について調べることが重要な理由を解説し、面接準備の際に調べておきたいポイントをご紹介します。