仕事さがし

冒険家型 (ISFP) の性格タイプのすべて

マイヤーズ・ブリックス・タイプ指標 (MBTI) によると、すべての人は 16の性格タイプ に分けることができます。各タイプは4つの指標で構成され、それぞれが性格の要素を表しています。性格タイプによって物事に対する考え方が微妙に異なりますが、冒険家型 (ISFP)の性格タイプは、創造力、エネルギー、自主性に溢れています。友好的で親しみやすい性格ですが、単独作業で最大限の能力を発揮します。クリエイティブな発想力があるため、問題解決や革新的なアイデアで職場に貢献します。

この記事では、冒険家型の人の強みと弱み、職場でどのような存在なのか、そしてキャリアで成功するために冒険家型に向いている職業をご紹介します。

ISFP とは何の略か

ISFPは、次の4つの要素の頭文字を取ったものです。

  • 内向型 (Introverted):内向型の人は、多くの人の中で過ごすよりも、1人で過ごす時間から活力を得ます。人付き合いに費やす時間が長くなればなるほど、エネルギーを充電する時間が必要になります。

  • 感覚型 (Sensing):感覚型の人は、データや証拠を好みます。自分の感覚を使ってデータを読み解き、そこから得た事実を判断や行動に活かします。

  • 感情型 (Feeling):感情型の人は、その状況で得られる利益やコストを比較検討し、共感に基づいて意思決定を行います。

  • 知覚型 (Perceiving):知覚的な人は、自由気ままでいることを好みます。ある程度の柔軟性が与えられた環境で最高のパフォーマンスを発揮できます。

関連記事:マイヤーズ・ブリッグス16性格タイプを知ろう

冒険家型の特徴

冒険家型は、人々やアイデアとの繋がりに刺激を受けながら、色鮮やかで独創的な世界に住んでいます。こうした繋がりを再解釈しながら、自分自身や新しい視点を再発明したり実験したりして楽しみます。このような方法で探求したり試みたりする性格タイプは、他にありません。自発性が養われた冒険家型は、親しい友人や家族からさえも何をするかわからないと思われていることが多いです。

こうした気質にもかかわらず、冒険家型の人達は内向型で、人前から姿を消し、一人で息抜きすることもあり、友人たちを驚かせます。しかし、一人になったからといって、何もしないでいるわけではありません。こうした一人の時間に、自らを振り返り、自分の本質を評価しているのです。過去や未来にこだわるよりも、自分のありのままの姿について考えます。

冒険家型の強みと弱み

強み

魅力的: いつも温厚でリラックスしていて、「人にはそれぞれの生き方がある」という姿勢から、自然と好感がもたれ人気者が多いです。


平和主義: 他人の感情を理解しようとします。調和と善意を築き、争いを最小限に抑えることができます。


想像力が豊か: 他人の感情を察知し、創造性と洞察力を駆使して、人々の心に響く大胆なアイデアを生み出します。この鮮やかな想像力と探究心は、思いがけない形で冒険家型を助けてくれます。


情熱的:静かな内気さの底には、強烈な情熱が秘められています。このタイプの人は、刺激的で面白いことに夢中になると、他のことはすべて放っておいてしまいがちです。


好奇心旺盛:自分のアイデアが本当に良いものなのかどうか、自分の目で確かめ、探求することを好みます。科学を中心とした仕事は不向きと思われるかもしれませんが、冒険家型に自由を与えれば、大胆な芸術性や人間味あふれるビジョンを持って研究を進めることができるでしょう。


芸術性:冒険家型は、その創造性を具体的な方法で、そして圧倒的な美しさで発揮することができます。歌を書くにしても、感情を作り出すにしても、統計をグラフにするにしても、冒険家型は、観客の心に響くものを視覚化する方法を持っています。

弱み

猛烈な独立性:表現の自由は冒険家の最優先事項です。伝統や厳しいルールなど、それを妨げるものはすべて、冒険家に圧迫感を与えてしまいます。そうした仕事や環境に置かれると、挑戦することが難しくなり、孤立してしまうことがあります。


ストレスを感じやすい:冒険家は常に感情が満ち足りた今を生きています。しかし、状況が制御不能になり強いストレスを感じると、黙り込んでしまう傾向があり、魅力的な創造性を失ってしまいます。


過度の競争心:冒険家は小さなことを激しい競争にエスカレートさせ、一瞬の栄光を求めて長期的な成功を断ったり、負けると惨めで悲しい気持ちになります。


自尊心がゆらぎがち:数値化されたスキルが求められる職業では、冒険家の強みである感性や芸術性で表現するのは難しくなります。そのため、冒険家の努力はしばしば評価されづらく、認めてもらえないことがあります。あまりに否定されすぎてしまうと、傷つき、ダメージを受けて自信をなくし、自尊心が低くなります。


長期的な計画が苦手:長期的な約束や計画を嫌う傾向があります。積極的に将来の計画を立てようとしない傾向があるため、後々に苦境に陥ることがあります。

冒険家型の価値観と動機

冒険家は、単調で変化のない環境や仕事の中でのんびりと過ごすことを嫌います。彼らは自由な魂を持っており、柔軟で、即興の機会、あらゆる感覚を刺激する没入型の仕事が向いています。また、情熱的な実験家でもあり、独自の視点と自分らしさを求めた、アーティスト、ミュージシャン、写真家、デザイナーなど、様々な分野で活躍しています。

また、管理されることを嫌い、部下の立場ではそれがはっきりと表れています。同時に、長期的な集中力ではなく、むしろ適応力と自発性に優れていることが知られています。既成概念にとらわれず、時にはリスクを伴う方法を用い物事を実現する方法を見つけ出します。

そのためには、明確な目標を設定し、冒険家に示す必要があります。このバランスがうまくとれていれば、学習意欲が高く問題解決にも情熱的な冒険家は、一対一で問題を解決したり、一人で問題を解決したりすることができます。このタイプの人は、謙虚で人見知りもしないので、自分から進んで助けを求めることはあまりありません。しかし、冒険家は感謝されることが大好きで、仕事を任されれば、最大限の努力を惜しみません。

職場における擁護者型

職場では、自分のやり方で物事を進められる、余裕のあるポジションを求めます。堅苦しい伝統や厳格な手順に縛られた環境は、冒険家の性格には合わないでしょう。のびのびとしていて、チャーミングで、純粋に楽しい人たちですが、冒険家はそのような自然な性質を表現し、自分の努力が評価されたいと思っています。

関連記事:16のマイヤーズ・ブリッグスの性格タイプに対応した職業 (一覧表付き)

冒険家型に向いている職業

冒険家型は飲み込みが早く、情熱を持って仕事に取り組みます。この性格タイプは、他者に前向きな影響を与えられる仕事を選ぶ人が傾向にあります。活気あふれる現場で実務的に働くことを好むため、デスクワークは退屈で息苦しく感じるかもしれません。しきたりにとらわれない職場を好みますが、締め切りは厳守し、複数のプロジェクトの情報を整理しながら取り組むことができます。長期的な計画よりも、短期的なプロジェクトを好む傾向があります。

もっと読む:冒険家型 (ISFP) におすすめの職業

関連情報

すべて表示 

転職活動は仕事をしながら?辞めてから?それぞれのメリットとデメリット

転職を考えた時、仕事をしながら転職活動を始めるべきか、辞めてから始める方が良いのか、迷うことがあります。本記事では、いつから始めるのが良いのか、それぞれのメリット、デメリットなどを解説していきます。

転職活動の平均的な期間は?長引かせないためにはどうしたらいい?

転職活動期間は3か月程度が平均的ですが、長引くこともあります。自己分析を徹底的に行い、応募する企業の方向性を定め、必要に応じて転職エージェントのサポートを受けながら、効率的に転職活動を進めましょう。