仕事さがし

管理者型 (ISTJ) の性格タイプのすべて

管理者型 (ISTJ) の人は、責任感が強く計画的で、会社や組織に秩序を取り入れ守ります。信頼でき、正確できちんとした性格で知られ、すべてのプロセスに手順を設けます。社会の秩序や基準を維持しようと努め、会社の伝統や規則などのポリシーを守る傾向にあります。内向的ではありますが、会社の成功に貢献できる方法を常に模索しているチームプレーヤーです。

この記事では、管理者型の性格や、職場でどのような存在なのかをご紹介します。

Indeedで履歴書を作成

ISTJ とは何の略か

ISTJ とは、キャサリン・ブリッグスとイザベル・マイヤーズが開発した16性格タイプの1つで、内向型 (Introverted)、感覚型 (Sensing)、思考型 (Thinking)、判断型 (Judging) の頭文字を取っています。管理者型と呼ばれるこの性格タイプの人は、1人で、または親しい少人数の人たちと一緒に過ごすことを好みます。アイデアや概念よりも事実や詳細を優先し、論理と理由に基づいて意思決定を行う傾向があります。組織化された状態を好み、慎重に物事を計画します。細部にまで気を配る几帳面な性格から、監査人型と呼ばれることもあります。

強みと弱み

管理者型は全人口の約10分の1を占め、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標の中でも最も数が多いと言われています。管理者型の人には、次のような強みと弱みがあります。

強み

  • 穏やか
  • 安定している
  • 堅実
  • 真面目
  • 行動力がある
  • 実践的
  • 解決志向
  • 熱意がある
  • 信頼できる

弱み

  • 型にはまった
  • 用心深い
  • リスクや変化を避ける
  • 慢性的な痛みや心疾患を起こしやすい
  • 鈍感
  • 無神経
  • 頑固

管理者型の価値観と動機

管理者型の人は、目標や自分に期待されていることが明確な状況で成功します。周囲の環境に馴染み、過去の経験を元に意思決定することを好みます。結果を出せるとわかっている実証済みの方法に焦点を当て、実践でスキルを伸ばしながら、自信をつけることを大切にしています。

勤勉で、目標やタスクを達成するまで粘り強く取り組みます。解決策を見つけるために、論理的で方法論的なアプローチを好み、正確な仕事をするために細部までこだわります。

関連記事:キャリアアップのための目標設定

職場における管理者型

職場での管理者型は頼りになり、几帳面で集中力があります。締め切りを厳守し、タスクを完了するために段階的なアプローチを取るのが得意です。期待値が明確に設定された職場環境で活躍するタイプのため、秩序と安定性を必要とします。1人で作業することを好みますが、役割が明確に定義され、首尾一貫した信頼できる同僚と一緒であれば、チームで仕事をすることもできます。

管理者型が好む仕事

管理者型が得意とする仕事を見てみましょう。

  • 予算管理:企業の予算管理など、データや数字を分析する仕事が得意です。特に予算管理などの財務関連の仕事は、事実と具体的な数字を使って、決められたルールに則って仕事をするのが好きな管理者型に向いています。

  • プロジェクト管理:組織化された環境で慎重に計画を立ててタスクを完了することを好むので、プロジェクト管理に向いています。彼らは論理的で秩序ある方法でタスクに取り組みます。頼りになる存在で、納期を重視する点もプロジェクト管理で活躍できる理由です。

  • ルールに従う:ルールや確立された手順に従うことは最優先事項です。ルールや制度によって生産性と一貫性が向上すると信じ、正確な仕事を納期までに完了させます。彼らは就業規則や会社のやり方に厳密に従う傾向があります。これらのルールに従うことを好みますが、変更される可能性があることも理解しています。

管理者型が好む職場環境

決まった手順に従うことを好み、明確に定義されたスケジュールと割り当てられた仕事を維持します。権威を尊重し、タスクを完了するために過去に使用された方法を使う傾向があります。1人で作業をするか、同じようにルールを守り、一貫性を保ち、論理的に解決策を見つけてタスクに取り組もうとする人たちと、小さなチームで仕事をするのを楽しみます。そして、各自の目標と責任が明確な構造化されたチーム環境で活躍する、頼りになるチームメンバーです。

職場での人間関係

管理者型の人は、次のような職場の人間関係を好む傾向があります。

  • 構造化された管理スタイル:仕組みや組織、計画性を好むので、計画的で組織的な上司に管理してもらう必要があります。自発的なマネージャーの場合は、その管理スタイルの理由をはっきりと説明しないと、管理者型の人を混乱させる可能性があります。タスクを整理する仕組みを身につけ、明確なコミュニケーションが取れる上司が、管理者型の職場での成功をサポートすることができます。

  • 率直なコミュニケーション:順応性があり率直なマネージャーは、迅速に変化を起こしながら、なぜどのように変化が発生したのかを端的に伝えることができます。管理者型は、異なる性格のスタッフが共感できるような誠実さを持っているような、仕事の進め方に対し真摯な姿勢で前向きなアプローチを取るマネージャーを信頼します。

  • 自立した環境:自らの過去の経験を頼りにプロジェクトを進め、詳細までこだわる時間を取りたい管理者型が成功するには、1人で作業をするのがベストな方法です。客観的な事実に基づいて、顧客にとって意義ある製品を作るために、単独で取り組むことでどれだけのエネルギーが必要かを判断することができます。また、成功を収めるためには、自立した環境が最適です。

  • 上司からの励まし:仕事に対して実践的なアプローチを取りますが、上司には職場環境の改善に取り組んでほしいと考えています。上司からの激励により、管理者型は、力を発揮し最高の仕事をすることができます。

  • 感受性の高い上司:鈍感だと言われることもあり、感受性の高いマネージャーが管理者型の指導に役立ちます。管理者型は、感情的な状況で困惑してしまうので、特定のテーマについて、マネージャーと一緒にコミュニケーションの境界線を決めておくことが有効です。率直に話すことにより、上司と部下として仲間意識を築くことにもつながります。

管理者型に向いている職業

管理者型には一般的に、マネジメント、事務、法執行機関、会計関連のキャリアが適しています。 具体的な職業だと、コンサルタントや金融アナリスト、アクチュアリー、秘書、公務員、裁判官、鑑識官、予算アナリスト、税理士、給与事務などが向いています。

もっと読む:管理者型 (ISTJ) におすすめの職業

関連情報

すべて表示 

Web会議に役立つマイクとカメラの選び方や使い方をご紹介

音声やビデオを最適化することにより、Web会議やオンライン面接で好印象を残す方法をご紹介します。

面接前に企業情報をリサーチ!知っておきたい10項目

採用プロセスにおいて、候補者が採用企業について調べることが重要な理由を解説し、面接準備の際に調べておきたいポイントをご紹介します。