仕事さがし

他のチャンスを待ちながら採用通知に対応する方法

初めて仕事探しをしている人はもちろんのこと、さまざまな職務経験を積んだベテランにとっても、うまくバランスをとりながら複数の採用通知に対応していくことは容易ではありません。内定の連絡をもらうと確かにうれしく、自分が評価されていると感じられるものですが、希望している採用企業からの返事がまだ来ていない段階で別の企業から採用通知を受け取った場合、状況は大いに難しくなります。十分な検討に基づいて仕事に関する決断を下せるよう、このような場合の対応方法について学びましょう。

この記事では、他の採用企業からの採用通知を待ちながら、受け取った内定の連絡に対応することの意味や、適切な対応方法のほか、採用企業との上手なコミュニケーションの取り方についてご紹介します。

他のチャンスを待ちながら採用通知に対応することの意味

他のチャンスを待ちながら採用通知に対応するためには、候補者としての現状を維持しつつ、内定を受け入れる決断を先に延ばす方法を決めなければいけません。これにより、最初に受け取った内定という理由で条件面の妥協をすることなく、希望する採用企業で仕事を獲得し、自分のニーズにあった給与や福利を手に入れる確率が高まります。

面接を続けながら採用通知に対応するためのヒント

受け取った内定の連絡を先延ばしにしながら、他の企業からの採用通知を待つ方法として、次のようなヒントを参考にしてください。

感謝の意を表わす

他の企業からの採用通知を待っている状態で、内定の連絡を受け取ると、ストレスを感じるかもしれませんが、見方を変えるだけでその状況にどう対応すればよいかが見えてきます。まず最初に、内定の連絡をもらったことに感謝し、採用企業にその気持ちを伝えます。これにより、あなたが採用企業とその魅力を重視していることが先方に伝わります。

すぐに返事を出す

採用企業から内定の連絡が届いたら、必ず1営業日以内に返信します。そうすることで、内定通知に対して返事をする準備が整っていなくても、あなたが優れたコミュニケーション能力を持っていることや、採用企業側の時間を大切に考えていることを示すことができます。

必ず書面の採用通知書をもらう

どのような場合でも、採用通知は書面でもらうことが大切です。他の企業からの採用通知と比較検討している場合は、特に重要です。口頭での合意では、仕事の内容や、その仕事にあなたが本当に内定しているのかについて、あいまいな状況が生まれることがありますが、書面があれば了解した内容の証拠となります。たとえば、内定した旨を口頭で通知された仕事に就こうと決心したところ、企業側があなたの不採用を決めていたと分かった、ということが起こる可能性があります。

他の企業から最初に受け取ったいくつかの採用通知を断った後にこうした状況になれば、また改めて別のチャンスを探さなければならなくなります。

第一希望の企業とコミュニケーションを取る

まだ返事をもらっていない採用企業とコミュニケーションを取る必要がある場合、別の企業から内定の連絡を受け取ったことに言及すると、先方が焦ったり、決断を重荷に感じたりすることを防げます。先方には第一希望の企業であることを伝えて、その採用企業のことを重視していると分かるようにすることで、自分の立場を理解してもらいます。

たとえば 、「御社の競合会社から内定の連絡をいただいているので、すぐに返事をしなければいけないのですが」 というような言い方ではなく「前回お話をさせていただいた後、思いがけず別の企業から内定の連絡が届いたのですが、私としては御社の理念と価値観に感銘を受けており、ぜひ御社でお仕事をさせていただきたいと引き続き考えております。選考の状況につきまして、近日中にご連絡をいただければ幸甚に存じます」としたほうが、温かみがあって礼儀をわきまえた伝え方でしょう。

採用通知に対する返事を先に延ばしたいことを伝える方法

採用通知に対する返事を先に延ばしたいことを採用企業に伝えると同時に、第一候補者としての現状とプロ意識を維持するための、6つのステップをご紹介します。

1. 熱意を持つ

内定の連絡をもらった企業には、必ず熱意のある返信を送り、感謝を伝えます。これにより、別の企業からの採用通知を待っているものの、内定の連絡をもらった企業と内定した仕事には関心を持っていることを伝えることができます。また、なぜ今はその内定を受け入れることができないかについて、より詳しい説明を準備する時間を確保する上でも重要です。

2. 採用通知に対する最終的な返事の期限を採用企業に確認する

採用通知に対する返事の期限を先に延ばしてもらうよう採用企業に依頼する前に、先方の希望を確認します。来週、あるいは来月までに返事をもらえればよいと先方が考えていることもあり得ます。そうであれば即答は期待されていないわけですから、あなたにとって望ましい流れになります。内定した仕事についてもう少し検討したいという希望を先方に伝え、その次の週は別の企業からの返事を待つ期間にします。

3. もう少し時間をもらう

採用企業がすぐに返事を必要としている場合や、検討期間がすでに終わっているため返事が必要になっている場合は、あと数日検討する時間をもらうことができないか、採用企業に確認します。猶予をもらえない場合、別の企業から返事をもらわないままにその採用企業の内定を受け入れる価値があるかどうか、検討します。

4. 採用企業についてさらに知りたいという関心を示す

内定の連絡について検討するためにもう少し時間が欲しいと伝える中で、採用企業についてもっと知りたい、またはもう一度会って職場を訪問したい、と希望を伝えます。これにより、その採用企業が自分に合っているかどうかを見極めると同時に、他の企業からの採用通知を待つ時間を確保できます。

5. 各企業の採用通知の内容を比較する

受け取った採用通知を受け入れるか、または他の企業からの採用通知を待つか、いずれかを選択しなければならなくなった場合、各企業について次のような項目を検討し、決断します。

職場の文化

自分の個人的な価値観と仕事のやり方に合った職場の文化を持っているのは、どちらの企業かを考えます。たとえば、服装はビジネスカジュアルで、自由な雰囲気の職場環境を希望しているなら、その条件を満たす企業はどちらかという観点から検討してみることができます。

仕事とプライベートのバランス

プライベートの時間を大切にしていて、仕事とプライベートはしっかりと分けたいと考えているなら、仕事とプライベートのバランスの大切さを強調している企業を選ぶと良いかもしれません。

給与の見込み額

各社が提示している給与の見込み額も、決断する上で重要な項目になるはずです。たとえば家のローンがあり、家族がいる場合、生計を支えるため給与が最も高い仕事を選択することができます。

従業員の福利厚生

各社のさまざまな福利厚生の内容を検討し、自分のニーズと照らし合わせてみてください。たとえば、有給休暇や長期休暇、確定拠出年金、交通費手当、健康保険やその他の福利厚生などです。

6. 希望している企業に問い合わせて他社から内定をもらっていることを伝える

これにより、希望している企業から、候補者としての自分の現状についての返事を引き出すことができる可能性があります。あなたに内定を出している採用企業にとっても、他の候補者を選考する必要があるかどうかがはっきりするため、メリットがあります。

他のチャンスを待ちながら採用通知に対応する方法についてのよくある質問

今回のトピックをより深く理解していただくため、よくある質問(FAQ)をご紹介します。

他の企業からの採用通知をまだ待っていることを、内定をくれた採用企業に話すべきでしょうか。

内定の連絡をもらったものの、他の企業に応募しているため、まだ返事ができない場合、すぐに内定を受け入れられない理由を先方に話すべきかどうか迷うかもしれません。通常、他の企業からの採用通知を待っていることは、内定をくれた採用企業に伝えるべきではありません。その採用企業があなたの第一希望ではないことが明らかになってしまうためです。

採用企業は自社のことを重視する従業員を採用したいと考えるため、他の候補者の採用を決める可能性があります。したがって、たとえば福利厚生の内容や、長時間の通勤、転居などのライフスタイルの変更が必要になるかどうかなど、その他の要因について詳しく調べ、その結果をもとに決断するようにしてください。

現在もらっている内定を受け入れる前にどの程度の期間、他の企業からの採用通知を待つべきでしょうか。

現在もらっている内定を受け入れる前に、他の企業からの採用通知をどの程度の期間待つべきかについては、内定した仕事の開始要請日や、採用企業の希望にもよります。通常、候補者は内定の連絡を受け取ってから、1週間以内に受け入れるか断るかを決めることになります。したがって、この1週間を他の企業からの返事を待つ時間として使うことができます。1週間が過ぎたら、現在もらっている内定を受け入れるか、第一希望の企業から返事が来るという期待を持ちながら現在の内定を辞退するか、どちらかに決めなければならない時期が訪れます。

内定を受け入れた後で、それよりも良い条件で内定をもらった場合、どうしたらよいでしょうか。

より良い条件の内定をもらったら、すでに決めた内定の受け入れを取り消すことは間違ったことではありません。ただし、進め方には注意が必要です。採用企業を失望させたくないばかりに、受け入れた内定の取り消しを伝えるのを先延ばしすると、他の候補者を改めて選考し採用するための貴重な時間を採用企業から奪うことになります。したがって、できるだけ早く先方に意思を伝えます。この段階では、メールよりも電話で伝えるのがより誠実な方法でしょう。どのような状況であれ、あなたのキャリアアップやライフスタイル、そして人生における幸福度のために、納得のいく決断をしてください。

関連記事:How to 転職:内定が出たら何をすべき?

関連情報

すべて表示 

実績を武器に、ねらえ!エグゼクティブ転職--30代後半以降の転職

より高い給与や、より大きなフィールドを求める「エグゼクティブ転職」が可能になるのが30代後半以降の転職です。キャリアの飛躍を成し遂げているのは、どんな経験、スキルを持った人材なのでしょうか。

転職活動は仕事をしながら?辞めてから?それぞれのメリットとデメリット

転職を考えた時、仕事をしながら転職活動を始めるべきか、辞めてから始める方が良いのか、迷うことがあります。本記事では、いつから始めるのが良いのか、それぞれのメリット、デメリットなどを解説していきます。