仕事さがし

ミドル世代の転職を成功させるヒント

一定のキャリアを積んだ後、これまでのキャリアを見つめ直し、転職を考える方も多いのではないでしょうか。自分の価値観や趣味に合ったセカンドキャリアを探している方もいることでしょう。自身の強みとこれまで培ってきた経験を活かし、ミドル層から新たなキャリアをスタートさせることは十分可能です。

この記事では、ミドル世代の転職を成功させるためのヒントについてご紹介していきます。

ミドル世代とは?

ミドル世代とは一般的に40代〜50代を指しますが、求人を扱う媒体によっては35歳~50代半ばまでと捉えられています。

昨今では少子高齢化などの理由で若手人材不足が問題となり、ミドル層の求人件数が増加傾向にあります。経験豊富で即戦力となり得るミドル層は、今最も注目されている世代なのです。

Indeed 履歴書があると素早く簡単に求人応募できます。

ミドル世代の転職タイプ

ミドル世代の転職には、下記3つのパターンが挙げられます。あなたはどのタイプに当てはまるでしょうか?

  • 同業種の転職先を探す: 最も転職しやすい方法です。会社の文化や仕事の条件を入念にリサーチし、自分が求めるものに合致しているかどうかよく確認しましょう。
  • 異業種の転職先を探す: これまでの経験や既に習得しているスキルを活かして、新たな形で応用できる可能性もあります。
  • 全く新しい働き方を探す: 例えば、新しいビジネスを始めることかもしれません。より柔軟な働き方や裁量を求めて、これまでとは違った働き方を目指します。

ミドル世代の転職に向けてすべきこと

ミドル世代の転職を成功させるために、以下のステップを参考にして準備を進めてみてください。

  1. 自己分析と転職の目的を明確化する
  2. 積極的な情報収集とリサーチをする
  3. ネットワークを活用する
  4. 履歴書・職務経歴書のアップデートをする
  5. 面接対策をする
  6. 退職の流れを把握する

1. 自己分析と転職の目的を明確化する
転職を成功させるためには、まず自分自身の強みやスキルと転職の目的を明確にし、方向性を定めることが重要です。これまでどのような経験を積んできたのか?どのようなスキルが活かせるか?なぜ転職をする必要があるのか?なぜこのタイミングなのか?次は何をしたいのか?などと、これまでのキャリア・スキルの棚卸しをし、次の転職先でどのようなことに貢献できるか考えてみましょう。

2. 積極的な情報収集とリサーチをする
自分の経験やスキルをどのように活かしたいか決めたら、実際に今どのような仕事や求人があるのか、その仕事に必要な条件な何か、給料はいくらか、成長のチャンスはあるのか、選考にはどのようなステップを踏む必要があるのかなど、時間をかけて探しましょう。

また、希望する仕事に資格やトレーニングが必要な場合は、どのような方法で身に付けることができるか、取得するまでどのくらいの期間が必要となるかを調べましょう。

3. ネットワークを活用する
周りの人に相談すると、何か良いアドバイスが得られるかもしれません。友人、家族、同僚の意見を聞いてみましょう。可能であれば様々な立場や業界の人に話を聞いてみることです。話をした人から具体的なチャンスをもらえることもあるかもしれません。

場合によっては、今働いている会社の人事部や他部署の人に相談するのも一つです。状況により今の会社を辞める必要がないと気づくこともあるからです。社内で異動したいと思うポジションが他にあるかどうか一度確認してみましょう。

4. 履歴書・職務経歴書のアップデートをする
新しいキャリアへの応募を始めるには、最新の履歴書・職務経歴書が必要です。これまでの経歴を振り返り、応募書類には応募したポジションで活かせるスキルやキーワードを記載するようにしましょう。

5. 面接対策をする
面接での挨拶や身だしなみ、マナー、言葉遣い、態度など、当たり前にできていると感じることも今一度見直してみましょう。特に人事担当者が自分よりも年下となる可能性は高く、知らず知らずのうちに態度や口調が失礼な印象を与えてしまう可能性もあります。誰に対しても謙虚な態度を心がけてください。

面接でよく聞かれる質問には、応募したポジションで活かせる経験やスキルに焦点を当て、できるだけ簡潔に答えます。退職理由に関しても、志望動機と絡ませ、これからやりたいことにフォーカスした内容を盛り込みましょう。

6. 退職の流れを把握する
新しい仕事先が決まる前に、現職での退職手続きの流れを確認しておくことが大切です。退職日の目安やスケジュール感をつかんでおくことで、スムーズな退職準備に繋がります。現職の業務の引き継ぎ方法やかかる日数についても予め確認しておきましょう。

ミドル世代におすすめの求人サイト・サービス

  • ハローワーク: 厚生労働省管轄の公的な職業斡旋機関。地元密着の中小企業などの求人が豊富。

  • 東京しごとセンター ミドルコーナー: 東京都が都民の雇用や就業を支援するために設置。30歳~54歳の求職者を対象に、就職支援アドバイザーが就職活動を支援。

  • Indeed 仕事探し: キーワードと勤務地を入力するだけで、あらゆる求人情報をまとめて検索可能。

  • ミドルシニア就活支援: リクルートエージェントのミドルシニア就活支援サイト。

まとめ

今後も更に増え続けていくと予想されるミドル層のニーズ。ミドル世代ならではの豊富な経験や高いコミュニケーション能力を存分に活かし、自分の強みが生きるぴったりの仕事を手に入れましょう。