仕事さがし

転職活動は仕事をしながら?辞めてから?それぞれのメリットとデメリット

転職 辞めてから



転職したいと考えた時、仕事をしながら転職活動を始めるべきか、辞めてから始める方が良いのか、迷うこともあるのではないでしょうか。
「在職中は忙しく転職活動に時間が割けない……」という方もいれば、「退職してから転職先が決まるか不安だ」という方もいると思います。

本記事では、いつから始めるのが良いのか、それぞれのメリットとデメリットなどを解説します。

仕事をしながら転職活動をするメリット、デメリット

まずは仕事をしながら転職活動をする際のメリットとデメリットを見ていきましょう。

仕事をしながら転職活動をするメリット

在職中に転職活動をすると、以下のようなメリットがあります。

  • 間を空けずに次の仕事に就けるため、仕事の感覚を忘れない
  • 収入が途切れない
  • 税金や保険関係、退職や就業の際に発生する手続きを減らすことができる
  • 転職先をじっくり選ぶ時間があるため、気持ちに余裕ができる

退職後すぐに次の職に就くことができるので、経済的、精神的にも余裕が生まれるでしょう。

仕事をしながら転職活動をするデメリット

一方で、このようなデメリットもあります。

  • 説明会や面接が入った時の日程調整が難しい
  • 資格取得やスキルアップのための時間を確保しにくい
  • 土日休みの仕事の場合、ハローワークなどに行く時間がとれない

仕事をしながらの転職活動は、どうしても時間に限りがあります。平日の日中が仕事であれば、業務終了後に企業情報を集める時間がない場合も。面接に有給を使わなくてはいけなくなることもあるため、計画的な活動が求められます。

仕事を辞めてから転職活動をするメリット、デメリット

次に、仕事を辞めてから転職活動をするメリットとデメリットを見ていきましょう。

仕事を辞めてから転職活動をするメリット

退職してからの転職活動には、以下のようなメリットがあります。

  • 時間に余裕があるので、企業情報集めに注力できる
  • 手続きをすれば、失業手当や再就職手当(条件あり)などの受給が可能
  • 説明会や面接の予定が立てやすくなる

一時的に無職の状態になるため、それまで仕事に割いていた時間を転職活動にあてられることが最大のメリットです。

仕事を辞めてから転職活動をするデメリット

一方で、デメリットも存在します。

  • 収入が途絶えてしまう
  • 経済的に苦しくなるほど就業を急ぐため、条件を緩めてしまう
  • 失業期間が長引くと、仕事の感覚を忘れやすく、生活のリズムも乱れやすい

仕事をしながらの転職活動に比べ、時間に余裕ができますが、経済的に余裕がなくなってきます。早く就業するために、「この際どこでもいい」と妥協しかねません。
経済的にも余裕ができるように、あらかじめ貯蓄しておくことが大切です。

【年代別】転職活動をするときの注意点

転職活動をする際に気をつけたいポイントを、年代別に見てみましょう。

20代の注意点

  • 理由が家族の介護などでも、失業期間が長すぎるとハンデになる可能性がある
  • 資格取得やスキルアップは休日を利用する
  • 退職してから転職活動をすると、転職先でマイナスのイメージがつくことも

20代は探索し、試行していく時期です。小さいことがマイナスに働くこともありますが、巻き返す時間とパワーは十分にある年代でもあります。何事も経験だと考え、失敗を恐れずにいろいろなことに挑戦してみましょう。

関連記事:【20代の転職】成功させるポイントと事前に準備しておくべきことを紹介

30代の注意点

  • 転職が初めてではなくても、自分の市場価値を高く見積もりすぎない
  • ある程度の経験がある年齢のため、円満退社を心がける
  • 辞めない選択肢も残しておく

30代は、さらに経験を積んでいく時期です。転職活動をしていたら、今の会社も悪い条件ではないと気づくこともあります。「転職はいつでもできる」そう考えることで、自分が変わり職場が変わることもあります。

このままこの会社で経験を積めるかもしれないと、一度考えることも大切です。

40代の注意点

  • 20~30代よりも転職に時間がかかりやすいため、より計画性が求められる
  • 転職先の条件が今より悪くなる可能性もある
  • 他社でも通じるようなわかりやすい資格を取得しておくと転職しやすい

40代は身体の変化も見え始め、「自分の人生はこのままで良いのだろうか?」と考え始める時期かもしれません。
経験が売りになる年代でもあるため、これを機にしっかりライフプランを見直しましょう。

その他、年代に関係なく注意したいのは、転職活動をしていることを同僚や社内の人には言わないことです。たとえ上司や会社に了承を得た後でも、社内にどんな影響を及ぼすかわかりません。
また、転職活動は一人で進めないことが大切です。入手した情報を見誤らないためにも、必ず市場を熟知した人や、キャリアコンサルタントなどの専門家に相談をおすすめします。

関連記事:40代で転職を成功させるポイントを難易度とともに解説

まとめ

人生100年時代と言われるようになってからは、50代でも転職する方が増えてきています。経験も多く、人脈などもあるため、起業する人も少なくありません。
そして、2025年4月からは、すべての企業で定年退職年齢が65歳になります。50代前半で転職して、定年まで10年働くどころか、定年後も延長雇用するなど、世のなかは常に変動していきます。

転職する際に重要なことの1つは、常に最新の情報を入手することです。仕事をしながら、仕事を辞めてから、いつでも転職活動はできますが、それぞれのメリットやデメリットをしっかり考えて、よりよい転職活動を進めましょう。

関連情報

すべて表示 

中卒者が就ける高収入な仕事7選

働き方の多様性が認められる現代では、学歴関係なく高収入な仕事に就くチャンスがあります。本記事では、中卒者が就職活動の選考を進めていくポイントと、おすすめの職種7選について紹介します。

リモートワークを見つける方法

リモートワークを導入する企業が増え、自分に向いている働き方か気になる人もいるでしょう。本記事では、リモートワークのメリットとデメリットや、リモートワークの仕事の見つけ方について解説します。