応募・面接対策

【4コマ漫画で分かる】話せるようなガクチカが無い時にどうするべきか

ガクチカに輝かしいエピソードや実績は必要なのか

就活生の企業面接では、ガクチカのエピソードについて質問されることが多くあります。
就活生の中には「自信をもって話せるようなガクチカのエピソードがない。どうすればいいの?」と悩みを抱えてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

4コマ漫画でわかる話せるようなガクチカが無い時にどうするべきか
画像の説明

4コマ漫画
漫画1コマ目:オンライン面接で面接官が学生たちに質問する
面接官「学生時代頑張ったことを教えてください」

漫画2コマ目:学生1の回答に自慢げな笑みを浮かべる学生2
学生1「バイトでバイトリーダーをやってました」

漫画3コマ目:学生2が堂々と質問に答える
学生2「カンボジアで学校建設にたずさわっていました!」

漫画4コマ目:学生3が学生2のガクチカを真似して答える
学生3「僕もカンボジアの学校建設にたずさわっていました」
(話せることがないから、前の人が言ったこと完コピ作戦!!)
学生2「(ええ、カンボジア何校舎あるの!?汗)」

いかがだったでしょうか。
学生時代に頑張ったエピソードは、アルバイト経験やボランティア活動など、実績や輝かしい体験談がないと話せないと思いがちですが、実際のところはそうではありません。
下記では、ガクチカのエピソードが思い浮かばないと悩んでしまうときの対処法について解説します。

ガクチカのエピソードが浮かばないときの対処法

趣味や好きなことを話題に選ぶ

話せるガクチカがないと悩んでいるときは、自分の興味が持てる話題を掘り下げてみましょう。例えば、ロードバイクでサイクリングに行くことが趣味なら、ロードバイクを通して体力がついたり人脈が広がったりしたエピソードなどを取り上げてみてください。
人とは違う価値観や人柄を知ってもらうチャンスにつながるため、面接官の印象に残りやすい可能性があります。

友人や家族に質問してリサーチする

学生時代を振り返ってもエピソードがどうしても思い浮かばないときは、自分と親しい人に質問して調査する方法もあります。例えば、昔からの幼なじみに「自分には、どんな長所やエピソードがある?」と気軽に質問してみてください。
親しい人なら本音で答えてくれるため、深掘りできるエピソードが見つかりやすくなります。

どんな内容でもOK!自分の言葉で話して説得力を持たせよう

ガクチカのエピソードは「輝かしい実績が思いつかず、どんな内容を話せばよいか?」と、就活生が悩みやすいポイントの一つです。
何も思いつかないときは、自分の趣味や好きなことを話題に取り入れてみてください。それでもわからないときは、友人や家族に自分のことを質問してリサーチしてみましょう。
基本的にガクチカのエピソードは、面接官が不快に感じる内容でなければ、どんな内容でも構いません。自分の言葉で考えて話せるように、上記の方法を使って深掘りしてみてください。

関連情報

すべて表示 

【4コマ漫画で解説】英語面接では日本の常識が通じない?

グローバル企業への転職・就職をお考えの人は、英語面接で自分をアピールする必要があります。しかし英語面接と日本語面接との違いに戸惑い、何をすれば良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、英語面接と日本語面接の違いや現場で意識したいポイントを紹介します。

【4コマ漫画でわかる】グループディスカッションの役割と決め方

グループディスカッションは、面接の合否を決める重要なポイントです。求職者それぞれに役割があるため、自分がどのような役回りをすれば良いのか知りたい人も多いのではないでしょうか。この記事では、グループディスカッションの役割や決め方について解説します。